エアライン本舗

飛行機・旅客機・空港・航空・旅行関連
HEAD LINE
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • entry_img_8728.jpg
    (※出典:JMSDF



    1:夜のけいちゃん ★:2021/10/01(金) 02:02:20.81
    防衛省は30日、事実上の空母とする海上自衛隊の護衛艦「いずも」に米軍の戦闘機F35Bを発着艦させる検証を実施する、と発表した。太平洋上で10月3~7日の間に予定している。

    F35Bは短距離で離陸し、垂直着陸ができる戦闘機(STOVL機)。航空自衛隊も導入予定だが、まだ配備していないため、米海兵隊岩国基地(山口県)に配備されているF35Bで検証する。

    (略)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/
    30a4d90c0ec40d4e52c2b9e16202350cb732b6e4


    2:ニューノーマルの名無しさん:2021/10/01(金) 02:03:05.62
    熱に耐えられるのか?

    438:ニューノーマルの名無しさん:2021/10/01(金) 08:59:10.42
    >>2
    だから耐えられるように金かけて改修してただろ・・

    12:ニューノーマルの名無しさん:2021/10/01(金) 02:08:31.67
    >>2
    耐えられるように耐熱甲板に改装したんだよ
    何故か元から付いてたエレベーターがF-35Bとピッタリサイズなのは内緒だぞ

    202:ニューノーマルの名無しさん:2021/10/01(金) 04:03:44.77
    >>12
    何故か元から巨大な弾薬庫や燃料庫があったりな、固定翼機に補給するために

    309:ニューノーマルの名無しさん:2021/10/01(金) 07:06:27.49
    >>12
    何故かオスプレイもピッタリサイズなんだよな
    偶然だぞ

    363:ニューノーマルの名無しさん:2021/10/01(金) 07:48:04.20
    >>12
    ええっ
    すごい偶然だな

    152:ニューノーマルの名無しさん:2021/10/01(金) 03:23:18.96
    量産型イプシロンロケットも実はICBMに転用可能。

    4:ニューノーマルの名無しさん:2021/10/01(金) 02:03:56.68
    >>1
    護衛艦は護衛艦

    14:ニューノーマルの名無しさん:2021/10/01(金) 02:08:34.93
    事実上ということやら 空母ではない。
    空母のような物なんだ

    380:ニューノーマルの名無しさん:2021/10/01(金) 07:58:52.84
    >>14
    バールのようなもの
    だな

    9:ニューノーマルの名無しさん:2021/10/01(金) 02:07:32.68
    >>1
    F35あんま好きくないけどF35Bは割と好きだわ

    10:ニューノーマルの名無しさん:2021/10/01(金) 02:07:52.75
    小型自爆ドローンを空母に1万機搭載したほうがいいと思う。

    416:ニューノーマルの名無しさん:2021/10/01(金) 08:33:58.15
    >>10
    それに近い形になると思うよ
    無人機を搭載

    しばらく太平洋を航海しといたほうがいいかもしんない
    中国がしつこいし
    嫌がらせもされるかと思う

    19:ニューノーマルの名無しさん:2021/10/01(金) 02:13:47.56
    いずもくらいデカければ、無人機のプラットホームになるわな、普通に

    41:ニューノーマルの名無しさん:2021/10/01(金) 02:27:09.91
    F-35のパイロットの所属って海自、空自どっちなんだろう?

    69:ニューノーマルの名無しさん:2021/10/01(金) 02:43:10.04
    >>41
    まだ揉めてるが、ほぼ空自で決定。
    ただし遠洋航海とかで指揮権をどうするとか細かいところは問題山積み。

    実際問題空自にF35B渡したら 通常は基地航空隊で訓練整備して、必要により護衛艦に乗る感じになるので、空母航空団という感じじゃないね。

    まあいずももかがもヘリコプター護衛艦で本職は対潜だし、F35Bも即応群に付随しての機動戦を想定しないわけではないから平時はそれで良いのかもしれないが。

    43:ニューノーマルの名無しさん:2021/10/01(金) 02:29:36.80
    F35BはSTOVL機構の弊害でAに比べ搭載する武器や航続距離に制約があるんだよね

    84:ニューノーマルの名無しさん:2021/10/01(金) 02:49:48.89
    >>43
    まあ普通に考えたら、陸上基地からくる固定翼機とは勝負できない。

    フォークランドでのハリアーの活躍とか戦時にはカタログスペックでは読めないことも起きるのでなんとも言えないが。

    51:ニューノーマルの名無しさん:2021/10/01(金) 02:32:44.46
    事実上の軍隊が
    事実上の空母を
    保有して、さて

    56:ニューノーマルの名無しさん:2021/10/01(金) 02:37:00.69
    いらねえだろ
    時代遅れでマトになるだけ

    99:ニューノーマルの名無しさん:2021/10/01(金) 02:58:49.82
    まあ最初から空母として運用するように設計されたものとなんちゃって空母では格段の開きがあるがな

    109:ニューノーマルの名無しさん:2021/10/01(金) 03:03:10.86
    別に戦闘機を常駐させる訳じゃないんでしょ?

    122:ニューノーマルの名無しさん:2021/10/01(金) 03:07:29.14
    >>109
    大どんでん返しがあって、F35B航空隊が海自所属になれば常駐ということになるけどね。

    357:ニューノーマルの名無しさん:2021/10/01(金) 07:45:56.30
    >>122
    ていうかなんでそうしないんだ
    US NaviやMarinesには艦載戦闘機部隊が居るだろ

    364:ニューノーマルの名無しさん:2021/10/01(金) 07:49:22.93
    >>357
    一言で言ったら「カネの問題」。
    海自に戦闘機部隊持たせると整備部隊とかも空自と重複して持つことになるからね
    現状では空自の戦闘機部隊を派遣したほうが安くつく。

    373:ニューノーマルの名無しさん:2021/10/01(金) 07:53:36.28
    >>357
    ロイヤルネイビーの空母クイーンエリザベスに乗せられてるF-35Bも、
    ロイヤルエアフォース所属と米海兵隊所属だから、
    細かいこと気にするなよ。
    海自は戦闘機・攻撃機の運用実績も無いから、
    いずれにせよ空自に頼るしかない。

    126:ニューノーマルの名無しさん:2021/10/01(金) 03:09:28.96
    極東が安定してどこか地球の裏側で国際協力するような事態になればコレの出番かねえ
    ちょっとそんな将来想像できないけど

    175:ニューノーマルの名無しさん:2021/10/01(金) 03:39:52.68
    >>126
    別に地球の裏側に行かなくても東シナ海から南シナ海あたりまでは
    今後日本がシーレーン防衛しなきゃいかんだろ。
    その時にいずもを中核とする遠征打撃群による作戦行動の重要性って
    高まってくると思うぜ。いずもを空母化してオスプレーやF35Bを
    お買い上げして、水陸機動団を整備したのは日本の主戦場が海だという事の
    証左であり、防衛構想の大転換を意味しているのでは。


    関連記事

     スポンサードリンク

    topics
    コメント欄

    【防衛】護衛艦いずも、米軍F35Bで発着艦検証へ 事実上の空母

    1. 774@本舗:2021/10/02(土) 02:06:48
    2. イギリス海軍のはパイロットが空軍と海軍の両方から派遣と聞いたぞ
      あと米海兵隊と

    3. 774@本舗:2021/10/02(土) 10:30:30
    4. 対中国の睨みを利かせる為の必要な兵力としてのF35B配備空母 それは良い
      実際ちゃんと生かせるのか? 運用の為の計画 戦略はきちんと練られてるのか?
      対中国軍事衝突を前提としてるのなら どう開戦してどう終戦に持ち込むつもりなのか?
      そんな馬鹿な事は考えてないって言うなら
      関連する外交国際財政等を含めた総合戦略の中でこの空母はどう活用されるのか
      そこが問題じゃないのか?

    コメントの投稿






    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL

    スポンサードリンク
    月別アーカイブ
    ブログ内検索
    タグ


    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

     


    topへ戻る