エアライン本舗

飛行機・旅客機・空港・航空・旅行関連
HEAD LINE
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • entry_img_7591.jpg



    1:新種のホケモン ★:2020/09/16(水) 23:34:19.41
    2020年9月16日、韓国・朝鮮日報は、11日から13日までグアム近くの海上で行われた日本、米国、豪州、韓国による合同演習で、韓国海軍のヘリが初めて日本の海上自衛隊のヘリ空母に着艦する訓練を行ったと伝えた。

    記事によると、日本の海上自衛隊は最近、ウェブサイトに韓国海軍のヘリがひゅうが級ヘリ空母「いせ」に着艦する様子の写真を掲載した。韓国海軍のヘリは韓国型駆逐艦である李舜臣艦からいせに着艦したという。記事は「日韓は探索救助訓練などで駆逐艦にヘリを離着陸させる訓練を行ったことはあるが、ヘリ空母への着艦は初めて」と伝えている。

    (中略)

    この合同演習をめぐっては、日本の艦艇に掲げられた「旭日旗」も韓国で物議を醸した。韓国海軍は「日韓だけでなく多国籍訓練のため問題ない」との立場だが、一部から「国際社会における戦犯旗の使用を公認したことになる」と批判の声が上がっている。
    (翻訳・編集/堂本)

    2020年 09月16日 22時20分 Record China
    https://www.recordchina.co.jp/b836075-s0-c10-d0058.html


    3:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2020/09/16(水) 23:35:45.04
    アホやなこいつら

    4::2020/09/16(水) 23:36:00.10
    怒れなんとか教授

    9:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2020/09/16(水) 23:37:14.12
    >>1
    なんの問題も無い
    嘘つき犯罪国家の韓国が詐欺を働いているだけ

    10::2020/09/16(水) 23:38:33.41
    文ちゃん、あんまり日本にすり寄って来るとロウソクされんぞ!

    11::2020/09/16(水) 23:38:44.98
    >>1
    正確な距離を測るために射撃管制レーダーによる照射はなかったのかい?

    14::2020/09/16(水) 23:39:01.73
    下らないことで大騒ぎしてるこのバカたちと軍事訓練とかしても意味ないだろ

    17::2020/09/16(水) 23:40:52.16
    以前、韓国で観艦式があった時は旭日旗を掲げないなら入港を許可するみたいなことを言ってたと思うけど、あの時と何が変わったんだろうね

    386:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2020/09/17(木) 07:24:26.10
    >>17
    彼らの行動基準はその時の気分次第だからなあw
    約束したことを守らないのも、ゴールポスト動かすのも、
    ある日突然文句言い出すのも一種の精神病だわね。

    中国人が言うように犬だと思って躾けないといけないが、
    犬よりも記憶力が無いのが困っちゃうw

    18:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2020/09/16(水) 23:40:58.61
    グアム沖は太陽光が強すぎて戦犯旗が視認できなかったニダ

    22:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2020/09/16(水) 23:43:34.27
    フィリピン人にあれだけキレるくらいなら自国の海軍は許されんよなぁ

    25::2020/09/16(水) 23:44:45.60
    いせに墜落されなくて良かったよ

    29:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2020/09/16(水) 23:45:30.80
    カルトも無理が来るよね。
    まあキソンヨンからなんだけど、
    あれは韓国滅亡の英雄になるだろう。

    35:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2020/09/16(水) 23:47:29.67
    強制着陸させられた
    謝罪と弁償を要求するニダ

    41:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2020/09/16(水) 23:48:44.87
    別にいいけど後でちゃんと塩撒いとけよ

    42::2020/09/16(水) 23:49:56.13
    もういい加減にしたらいいのに

    48::2020/09/16(水) 23:52:11.56
    太陽を忌み嫌う民族かと思ったが結局は北の為にやってただけかな?

    55:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2020/09/16(水) 23:55:10.70
    しかしよく着艦させたな
    事故ってブリッジに突っ込んでも賠償なんでしないのに

    73:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2020/09/16(水) 23:59:09.60
    着艦したパイロットを親日認定して

    荒れるのが、韓国の様式美だろう

    77:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2020/09/16(水) 23:59:28.69
    ダメダコリア

    105:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2020/09/17(木) 00:07:21.66
    何で反中連合に来たの?

    111:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2020/09/17(木) 00:09:41.27
    戦犯旗ガーとは
    第三国がいると恥ずかしいから言えないニダ

    114::2020/09/17(木) 00:11:00.53
    韓国はつじつますら合わせられない。

    115:白猫迎撃隊:2020/09/17(木) 00:11:47.19
    よく海上で飛ばせるヘリがあったと驚く
    もしかして、見栄張って防塩処理してないヘリを使い捨て覚悟で使った?

    132::2020/09/17(木) 00:21:19.35
    GSOMIA破棄?良いねどんどん煽って破棄まで持っていこう

    136::2020/09/17(木) 00:23:44.12
    >>1
    他国人に歴史を知らないとか言って噛み付くけどここ最近捏造された歴史とかそりゃ知らんわな

    146:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2020/09/17(木) 00:29:37.82
    菅 「やれ」
    いせ 「はい」

    148:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2020/09/17(木) 00:30:04.04
    適当こいてるから矛盾に突き当たる
    でまた適当こくんだよね

    159::2020/09/17(木) 00:37:33.32
    サッカーで負けたのが悔しくて言っているだけだから

    177:finfunnel :2020/09/17(木) 00:46:34.02
    >>159
    そもそも奇誠庸が日本相手にゴール決めて、ラリッて「猿が顔をかくポーズ(朝鮮人でおなじみの日本人を侮辱したつもり)」した
    韓国人特有の「民族主義憎悪・差別感情」の心の醜さが、
    世界中のサッカーファンから批判されたのが一連の騒動の切っ掛け。

    差別主義者批判をごまかすために当時の会場に存在しなかった旗、
    「旭日旗がスタンドに翻っていたから、韓国人としてかっとなった」という、之もまた醜い醜い民族主義憎悪の言い訳をしたのが始まり
    世界で韓国人だけが痛く共感して世界中で旭日旗憎悪が始まった

    何から何まで嘘と捏造と民族主義憎悪しかない韓国人らしい逸話

    163:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2020/09/17(木) 00:40:52.51
    ねつ造教育受けてるのいい加減気付かないと

    205:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2020/09/17(木) 01:15:24.79
    惨めだねえ…


    関連記事

     スポンサードリンク

    topics
    コメント欄

    【合同演習】韓国軍ヘリ、旭日旗がついた日本のヘリ空母に初着艦

    1. 774@本舗:2020/09/18(金) 12:58:22
    2. 「いせ」が広島空港のILSアンテナのように破壊されなくて良かったねぇ。

    3. 名無しさん:2020/09/18(金) 14:39:48
    4. 公海上でやっている演習だったら黙認せざるを得ない
      でも寄港地が韓国だった場合、ここ数年は自衛艦の入港は認めていないよ
      日米韓の三国間演習でも、演習は公海上でちゃんとやるけど、韓国と米海軍の艦が韓国の港に入って休息や補給するところ、自衛艦は入港どころか韓国の領海に入る事さえ認められず沖で錨泊してる

    5. 774@本舗:2020/09/18(金) 21:10:04
    6. ほんとは日韓同盟が必要なんだけどね
      韓国にその気が無いし、日本にその能力が無いから同盟だけあっても意味無いけど

    コメントの投稿






    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL

    スポンサードリンク
    月別アーカイブ
    ブログ内検索
    タグ


    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

     


    topへ戻る