エアライン本舗

飛行機・旅客機・空港・航空関連
HEAD LINE
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • entry_img_732.jpg



    金正恩氏の専用機が初公開

    北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党第1書記が、専用機を利用して空軍の行事に出席した。

    朝鮮労働党機関紙「労働新聞」は今月10日、金第1書記と妻の李雪主(リ・ソルジュ)氏が、空軍の戦闘機パイロットのトップを選抜する大会を観覧するというニュースを伝え、金第1書記夫妻が戦闘機を降りる写真を1面に掲載した。金第1書記の専用機が公開されたのは初めて。

    金第1書記の専用機はロシア製のイリューシンIl62型機で、胴体に「朝鮮民主主義人民共和国」の文字が書かれ、北朝鮮国旗があしらわれており、尾翼部分には金第1書記を象徴する巨星が描かれている。金第1書記は先月1日にも、白頭山地区の革命戦跡地での行事に出席するため飛行機に乗り、三池淵空港に降りる様子が報じられたが、このときは高麗航空の飛行機を利用していた。

    韓国政府の消息筋は「金第1書記が空軍に関する行事をたびたび行うのは、金第1書記が普段から飛行機の操縦に憧れているためだ。今年3月にもセスナ機とみられる軽飛行機を自ら操縦し、元山(江原道)を訪れたと聞いている」と語った。また、李雪主夫人の父親も元パイロットとされている。

    一方、今回の行事では、金第1書記夫妻の両隣に、黄炳瑞(ファン・ビョンソ)人民軍総政治局長と崔竜海(チェ・リョンへ)前総政治局長が人民服姿で座っている様子が公開された。このため、崔氏は党書記に左遷されたものの、地位がそれほど低下したわけではないとの見方が出ている。

    82154992ee4z.jpg

    ソース:
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140512-00000558-chosun-kr




    Il-62
    Il-62(イリューシン62)は、ソ連のイリューシン設計局で開発されたソ連初の本格的な長距離用ジェット旅客機である。
    エンジン4基をまとめて後部に装備する独特な形態。
    機内は中央の通路のみで、客席は3-3の横6列配置となっている。
    初飛行は1963年1月。初の旅客運航は1967年3月10日、モスクワ~ハバロフスク、モスクワ~ノヴォシビルスク間で開始された。
    全長: 53.12m 翼巾: 43.20m 座席数: 186

    wikipediaより)




    【voices】
    滑走路が恐ろしい。@livein_china 北朝鮮初の政府専用機(というか金正恩専用)父ちゃんは大の飛行機嫌いだったから無かったけど、作らせちゃったか といっても新品は買えなかった(IL-62だから高麗航空のぶんどって再塗装かな) pic.twitter.com/nwLYIAGBQk

    金正恩専用機を中国メディアが公開 Il-62の中古: ブタの専用機。Il-62(イリューシン62)の中古。 飛行機からブタが降りてくる様子。 夫人を横にご満悦なご様子のブタ。 関連記事... alfalfalfa.com.2-t.jp/1xuk #(^_^)

    刈り上げ豚と豚嫁見てると韓国朝鮮人の特徴がよくでてて腕が異様に短いんだよね。これは彼等の祖先がエベンキ族という騎馬民族だからで手綱ひくから長い腕は邪魔でこうなったんだわ。■金正恩専用機を中国メディアが公開 Il-62の中古 alfalfalfa.com/archives/72512…

    金正恩、せっかく専用機貰ったけど、ロシア製の飛行機古すぎて日本だと騒音問題が発生しそうなのね。(来ないと思うけど・・・)

    機体後方に4発って、もう充分骨董品だわ~。 / “金正恩専用機を中国メディアが公開 Il-62の中古” htn.to/znM5gw #北朝鮮 #航空機

    北朝鮮が金正恩専用機を初公開 ⇒「韓国の大統領でさえ持ってないのに…」by韓国人 goo.gl/JH3JJf

    飛行機を使わず特別列車を用立てた正日とは違うんだな。 RT chosunonline: 金正恩氏の専用機が初公開 bit.ly/1gst8pN



    関連記事

     スポンサードリンク

    topics
    コメント欄

    【中古】金正恩の専用機

    コメントの投稿






    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL

    Google検索
    スポンサードリンク
    月別アーカイブ
    ブログ内検索
    タグ


    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

     



    topへ戻る