エアライン本舗

飛行機・旅客機・空港・航空関連
HEAD LINE
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • entry_img_731.jpg



    就航わずか10年でJALを抜いた「中東の翼」

    中東の真ん中に位置するアラブ首長国連邦(UAE)。その首都であるアブダビを拠点とする航空会社が、猛烈に勢いを増している。エティハド航空。日本では、成田国際空港と中部国際空港(北京経由)から、アブダビ国際空港に就航するエアラインである。

    ■ 航空業界の"台風の目"

    エティハドはANA(全日本空輸)と提携関係にあり、マイレージプログラムの共有のほか、成田空港や中部空港のANAラウンジを利用することもできる。ただ、日本人からすると同じUAE系でドバイを拠点とする、旅客輸送量(収入乗客キロメートル=RPK)世界5位級のエミレーツ航空ほどの知名度はない。

    しかし、エティハドは今、世界の航空業界で“台風の目”となっているエアラインなのだ。

    初就航は2003年11月。それからわずか10年で急成長を遂げている。旅客数や就航都市を右肩上がりで増やし、2013年はRPKを前年から16%伸ばして世界23位にランクイン。25位の日本航空(JAL)を初めて抜き去った(ANAは同19位、国際・国内線の合計ベース、Flight global/Airline Businessなど調べ)。

    旅行業界における優れたサービスや観光地に贈られる「ワールド・トラベル・アワード」の「ワールド・リーディング・エアライン」も2009年から4年連続で受賞している。

    急成長にはいくつかの理由がある。まず、エティハドはUAEの国営会社だという絶対的な強みがある。オイルマネーによる莫大な資金力を背景に、最新鋭機材を大胆に導入。2013年時点で約80機だった保有機材は、A380や787などを加えて2020年までに150機以上へ拡大する計画だ。

    他国の航空会社の買収にも積極的。現在は、エールフランスがあきらめたイタリアの大手航空会社、アリタリア‐イタリア航空の買収交渉を進めている。

    地の利も大きい。中東はユーラシア、アフリカ、ヨーロッパ、南北アメリカという5大陸の中央に位置するため、各国からいったんアブダビに集め、また各国へとつなぐハブ&スポーク戦略が取りやすい。そのカギを握るアブダビ国際空港は現在、大規模な拡張工事を進めており、2017年に完成する予定だ。

    航空会社の経営でキモになる燃料調達の優位性もポイントといえる。自国で生産している燃油が価格競争力の高さにつながっており、同じく中東系のエミレーツやカタール航空(ドーハ拠点)とともに、アジアや欧州の有力な航空会社から顧客を奪っている。

    もう1つ、目を見張るのが、エティハドの国際性だ。UAEの国営会社で取締役には王族が名を連ねるものの、CEOのホーガン氏はオーストラリア出身で、世界のさまざまなエアラインでの経歴を持つ航空会社経営のプロ。また、外部からの人材受け入れにも積極的で、勤務するスタッフの国籍は約140に上る。実は日本人の客室乗務員も100人近く在籍しており、アブダビを拠点に世界中を飛び回っている。
    (記事抜粋 全文はソース元へ)

    ソース:
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20140510-00037406-toyo-int




    【voices】
    マンチェスターシティの胸スポンサーになっていたことで知ったエティハド。
    成長の背景には国営ということと、やっぱりオイルマネーがあったのね。 / 就航わずか10年でJALを抜いた「中東の翼」
    npx.me/C2PJ/96JC #NewsPicks

    日本は一億総中流社会だったからか、めっちゃ金もってる人に対するビジネスは得意じゃないよね。
    その辺中東はうまい。 / 就航わずか10年でJALを抜いた「中東の翼」
    npx.me/C2PJ/G6Jv #NewsPicks

    就航わずか10年でJALを抜いた「中東の翼」 | オリジナル | 東洋経済オンライン | 新世代リーダーのためのビジネスサイト toyokeizai.net/articles/-/374…

    正式なスタアラメンバーになればな〜
    スタアラは中東弱いし。

    素晴らしい
    就航わずか10年でJALを抜いた「中東の翼」 – LINE NEWS - horiemon.com/news/2014/05/1…

    これから中東が更に伸びてくるのか。オイルの続く限り??>就航わずか10年でJALを抜いた「中東の翼」 エティハド航空の強さの秘密に迫る toyokeizai.net/articles/-/374…

    いま、注目のエアラインのエティハド航空をご存知?
    B787やA380の導入を発表した中東のエアラインです。
    特徴はやはりゴージャス感とサービス力♪
    ヨーロッパ方面への翼としてぜひご利用ください。
    お勧めエアラインです。... fb.me/15vZEAsmJ

    面白かった。いよいよB787とA380を就航させるらしい。が、日本への就航便で使う計画は無いって。 > 就航わずか10年でJALを抜いた「中東の翼」 エティハド航空の強さの秘密に迫る | オリジナル - 東洋経済オンライン ow.ly/wHh2q

    中東へ行く際はカタール航空をよく利用させていただきました。当時、エミレーツよりちょっぴりお安くて重宝しました。エティハド航空はKIX発がないのね。

    就航わずか10年でJALを抜いた「中東の翼」 エティハド航空の強さの秘密に迫る toyokeizai.net/articles/-/374…

    知らなかった〜(汗)

    就航わずか10年でJALを抜いた「中東の翼」 toyokeizai.net/articles/-/374…




    ◎エティハド航空関連記事
    『【世界一】ファーストクラスより上 エティハド航空A380に実装される「The Residence by Etihad」が凄い!』



    関連記事

     スポンサードリンク

    topics
    コメント欄

    就航わずか10年でJALを抜いた「中東の翼」 エティハド航空

    1. 名無しさん@ニュース2ちゃん:2014/05/11(日) 19:05:06
    2. JALの殿様商売の時代は完全に終了した。ざまあみそくそ。

    3. 774:2014/05/11(日) 21:31:05
    4. ※1
      JALの殿様商売の斜め上を行く、アラブの油王族の商売ですからねぇ。
      資本投下は十分だし。地元の奴隷は使い放題。
      西欧的にはアウトなところも多いですがね。

    コメントの投稿






    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL

    Google検索
    スポンサードリンク
    月別アーカイブ
    ブログ内検索
    タグ


    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

     



    topへ戻る