エアライン本舗

飛行機・旅客機・空港・航空関連
HEAD LINE
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • entry_img_716.jpg



    "空飛ぶ三陸鉄道"天草エアラインの変革力

    まさに航空業界の「あまちゃん列車」だ――。わずか39人乗りの飛行機、それもたった1機で頑張っている地域航空会社が九州にある。熊本県の天草空港を拠点に運航する天草エアラインである。

    同社は交通アクセスが不便な天草地域のライフラインとして、2000年に就航した。現在は、福岡―天草(1日3往復)、熊本―天草(1日1往復)、熊本―大阪・伊丹(1日1往復)の3路線を運航している。

    実際に乗ってみると、飛行機でありながら、ローカル線の列車に近い機内の雰囲気が味わえる。とにかく客室乗務員が明るく、気軽に話しかけてくれるのだ。記念撮影も喜んで受けてくれるほか、シートポケットには同社の客室乗務員全員のプロフィール紹介が入っている。利用者と航空会社の距離が近いのが、同社の特徴である。

    1度乗ったらまた乗ってみたいと思う観光客が多く、リピーター獲得につながっている。また、大型機と異なり、離陸時には滑走路を這うように飛び立つという体験もコミューター機ならではの魅力だろう。


    ■奥島社長が吹き込んだ新風

    かつての天草エアは、赤字続きの第3セクターの航空会社だった。大きく変わったのは、2009年に奥島透社長が就任してから。社内改革や地域貢献の取り組み、さまざまなイベントを仕掛けるなど、地道な努力を続けた結果、2013年度の旅客収入は6億4283万円。前年度に比べ1割強の増収となった。機体の整備費については熊本県など自治体からの補助金を受けているが、5期連続の単年度黒字も達成している。

    特に、この1年の利用者の増加は顕著だ。2013年度の総旅客数は7万6387人で、前年度比14.5%増を記録。搭乗率も、メインの福岡―天草線で60.8%(前年度は50.2%)、全路線でも59.6%(同52.6%)となった。2008年のリーマンショック以降、落ち込んでいたが、リーマン前の水準まで利用者が回復した。

    ■部署を越えた一体感

    「あの頃は創業以来の赤字続きで、会社全体に閉塞感があった」と、奥島社長は5年前を振り返る。まず取り組んだのは社内改革だった。

    奥島氏が社長に就任した2009年は、リーマンショックの翌年で地域航空会社はどこも厳しい経営を迫られていた。奥島氏はまず、個室だった社長室の壁を取り壊し、ほかの社員と机を並べ、社員と積極的に会話する環境を整えた。

    さらに、社長や管理職を含めた社員総出で1機しかない大切な飛行機の洗浄を始めた。「これが社員の一体感につながった」(奥島社長)。

    全社員56名(うちパイロット8名、客室乗務員5名)は、さまざまな業務を兼務する。たとえば、空港のグランドスタッフは自社便が出発する時間帯にはカウンター業務、到着時には預け手荷物の運搬やお客様への引き渡し業務、それ以外の時間帯は予約センターの電話応対などの業務を行う。

    また、フライトがない客室乗務員は保安検査場業務の手伝いをするなど、日々、マルチタスクを行っている。天草空港は日本では珍しく、保安検査も航空会社が担当しており、保安検査業務の資格を持つ社員が利用者の荷物をチェックする。このように、天草エアには所属する部署を越えて業務を助け合う文化が定着している。
    (以下、全文はソース元へ)

    ソース:
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20140504-00036748-toyo-bus_all

    天草エアライン:
    http://www.amx.co.jp/




    【voices】
    航空/鉄道会社に限らず、自分の職場でもヒントになる事がありそう。また一度乗ってみたいですね。“@Toyokeizai: 【"空飛ぶ三陸鉄道"天草エアラインの変革力】これが地域航空会社の生き残りのヒントだ: bit.ly/1kzUpZC [東洋経済Online]”

    toyokeizai.net/articles/-/367… 天草エアライン、地方のコミューター航空としてはよくやっている会社だと思っていたんだけど、長いこと赤字だったんだなぁ。しかし航空機が1機しかないとは。

    こういう会社こそ利用者でささえるべき会社。。。
    "空飛ぶ三陸鉄道"天草エアラインの変革力 | 企業 | 東洋経済オンライン | 新世代リーダーのためのビジネスサイト smar.ws/F0QDV

    普通に便利そう。

    あとは、アレだ。
    潮騒のメモリーズだ!

    "空飛ぶ三陸鉄道"天草エアラインの変革力 これが地域航空会社の生き残りのヒントだ | 新世代リーダーのためのビジネスサイト smar.ws/UlgSk #SmartNews

    いつもの繰り返しですが、天草エアラインには、オンリーワンだからこその複数機材化を真剣に検討して欲しいです。所有機1機だからこそできるきめ細やかなサービスかもしれませんが、整備運休や欠航時対応など、機材理由によるハンドリングを改善して、交通機関としての基本的な安定性の確保を。

    乗り継ぎが不便でも、搭乗口が空港の端っこに追いやられてても大好きなプロペラ機です♪
    "空飛ぶ三陸鉄道"天草エアラインの変革力 これが地域航空会社の生き残りのヒントだ | 企業 - 東洋経済オンライン toyokeizai.net/articles/-/367… @Toyokeizaiから

    "空飛ぶ三陸鉄道"天草エアラインの変革力 これが地域航空会社の生き残りのヒントだ | 企業 - 東洋経済オンライン toyokeizai.net/articles/-/367… @Toyokeizaiさんから
    三陸鉄道に例える必要があるのかは?だけど、こーゆーのいいねー笑



    関連記事

     スポンサードリンク

    topics
    コメント欄

    "空飛ぶ三陸鉄道" 天草エアラインの変革力

    コメントの投稿






    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL

    Google検索
    スポンサードリンク
    月別アーカイブ
    ブログ内検索
    タグ


    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

     



    topへ戻る