エアライン本舗

飛行機・旅客機・空港・航空関連
HEAD LINE
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • entry_img_6619.jpg



    1:ガラケー記者 ★:2019/10/26(土) 13:15:02.46 ID:CAP_USER
    2019年10月24日、中華網は、中国のJ-20戦闘機について、米空軍のF-22などのステルス戦闘機同士の対戦で大きな優位性を持つとする記事を掲載した。

    記事は、「先日長春で行われた航空ショーでJ-20がその機動性を示すとともに、赤外線画像誘導ミサイルPL-10の実弾を放つパフォーマンスを行った」と紹介。「機体の両側に取り付けられ速やかにPL-10を放つ動きからは、同機の戦闘力とともに対ステルス戦闘機戦における巨大な優位性がうかがえる」と伝えた。

    そして、ステルス戦闘機同士の対戦ではレーダー制動のミサイルを用いるのは非常に困難であり、赤外線制動のミサイルがカギになるとした上で、「J-20は機体両側に特殊なランチャーを備えてPL-10を速やかに発射できるのに対し、F-22はステルス性能を犠牲にして主弾倉を開かなければならず、その速度も遅い」と解説。さらに、「F-22の赤外線探査装置や光電照準システムセンサーもJ-20やF-35のように先進的でないため、接近戦になればJ-20に撃ち落とされる可能性が非常に高い」とした。

    記事はまた、「強い目標探査能力と情報感知能力を持つF-35についても、空対空ミサイルは翼の下に格納せざるを得ずステルス性能が低下するほか、超音速飛行ができず、遠距離行動能力が不足している」と説明。エンジンもステルス対応設計ではないため、中国やロシアの赤外線センサーによって簡単にロックオンされると伝えている。

    Record china
    2019年10月26日(土) 12時20分
    https://www.recordchina.co.jp/b754740-s0-c10-d0135.html

    2:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2019/10/26(土) 13:16:20.85 ID:k0KboVnU
    航続距離5000m

    12:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2019/10/26(土) 13:19:37.75 ID:AyHLOVpI
    >>2
    はえーよ

    547:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2019/10/27(日) 01:47:37.72 ID:MMwcDOd1
    >>2
    日本オワタ

    5:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2019/10/26(土) 13:17:04.16 ID:Nakaew2d
    でも、エンジンは作れません。中身ができません

    6:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2019/10/26(土) 13:17:09.01 ID:lSiDqJ/T
    ステルスってくらいだから見えないんだよ
    電波でも可視光でも赤外でも…

    上級市民にのみ見えるんだ

    616:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2019/10/27(日) 18:12:39.88 ID:IIQIEXg4
    >>6
    『見えない戦闘機』と称してタイヤだけを展示した国があってですね…

    577:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2019/10/27(日) 09:36:31.53 ID:TxV1h2wM
    >>6
    これか


    157:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2019/10/26(土) 14:19:52.00 ID:v2EzHgkR
    >>48
    今の日本の技術でもタイヤまではステルス化できないんだな。

    9:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2019/10/26(土) 13:17:58.56 ID:l4i+sLDc
    ステルスの格が違うのでJ-20はラプターの姿見る前に消されてるよ

    270:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2019/10/26(土) 15:11:50.16 ID:dHhYBn/R
    >>9
    その前に有事出動となったらパイロットが消える。

    10:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2019/10/26(土) 13:19:01.41 ID:fyLah6m3
    1000㎞以上離れたところからでも熱源バレそうな形してるのに、
    よくまあここまで……(笑)

    ああ、敵側としちゃありがたいんですけどね。

    13:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2019/10/26(土) 13:20:04.27 ID:eKF7YsY2
    現代の空戦でそもそもドッグファイトが時代遅れなのですが

    15:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2019/10/26(土) 13:20:24.89 ID:1Z+WjRvC
    F-22は接近戦する機体じゃないだろ……
    「ファーストルック、ファーストショット、ファーストキル」
    って知らんのか

    567:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2019/10/27(日) 07:15:18.77 ID:EYtCG8+x
    >>15
    しー
    言ってやるな

    19:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2019/10/26(土) 13:22:06.69 ID:JuseLwM5
    エンジンも自主開発(パクリ)言ってたけどロシア製に落ち着いたんだっけ
    チャイナエンジンならどうって事ないけどちょっと怖いな

    23:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2019/10/26(土) 13:23:51.65 ID:Nakaew2d
    >>19
    どうやっても出来ないみたいだな。できても、劣化ロシアエンジンだから、数十時間で寿命が来ちゃうんじゃないの?しかも、デタラメカタログスペックで

    429:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2019/10/26(土) 20:18:51.02 ID:xt+LV+W2
    >>23
    一応、先日自主開発したってニュースあったけどな

    448:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2019/10/26(土) 21:20:06.65 ID:R5kOkQph
    >>429
    自主開発と言っているだけで
    ロシアの劣化コピーってニュースだぞ?

    劣化コピーしか作れんのだから、自主開発したところでそれ以下しか出来ない

    26:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2019/10/26(土) 13:24:04.28 ID:8bIkEiFm
    黒煙を撒き散らしながら飛行するの?w

    35:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2019/10/26(土) 13:26:33.95 ID:DB0Og7yE
    赤外線センサーは最大50km程度しか探知出来ないが、F-22のレーダーはAIM-120の最大射程よりも広く探知する
    赤外線センサーが感知する前にミサイル警報が鳴り響く事になるやろ

    40:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2019/10/26(土) 13:28:47.68 ID:/hna8FYE
    最近見ないくらいのヨイショ記事だな。
    下手すると1行に1つ嘘をついている。
    さすがの中国人も、この記事は信じないんじゃない?

    58:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2019/10/26(土) 13:36:10.90 ID:FSJhmlEH
    ギャグで相手を油断させようって戦略なのかな

    43:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2019/10/26(土) 13:29:38.67 ID:SV6q2lv2
    ミサイル外付けすると格納するよりステルス性が高くなるんだ???

    ステルスを捨てるスという理論か?

    46:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2019/10/26(土) 13:31:07.65 ID:sTjg2lW/
    J-20がホントに>>1の写真の形状ならステルス性能ほとんどないんじゃ?

    234:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2019/10/26(土) 14:47:06.07 ID:dXOPIzKd
    >>46
    カナード付いてる時点でお察し

    50:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2019/10/26(土) 13:34:14.52 ID:fksRM68l
    こつは戦闘機じゃなく爆撃機だろ
    でかすぎ

    91:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2019/10/26(土) 13:50:19.64 ID:wqKPMyeW
    >>1
    ステルス戦闘機が


    ドッグファイトする


    必要あるのか?w

    109:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2019/10/26(土) 13:59:20.99 ID:RcrNfMrg
    F35が空対空ミサイルを機体外に設置するしかないというのはウソでちゃんと機体内に搭載できる
    内部には中距離空対空ミサイルを4発しか搭載できないが記事のJ20も4発しか搭載できないので同じ
    逆にF22は6発搭載できるのでj20よりも積める

    128:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2019/10/26(土) 14:06:52.98 ID:53I3TuPY
    >>109
    AIM-9は外しか無理だからそのことやろ

    130:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2019/10/26(土) 14:07:02.43 ID:Ezn3B/Cn
    >「F-22の赤外線探査装置や光電照準システムセンサーもJ-20やF-35のように先進的でないため、接近戦になればJ-20に撃ち落とされる可能性が非常に高い」

    接近戦が前提のステルス戦闘機・・・
    やはり勝利のカギはカナード翼だったか

    144:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2019/10/26(土) 14:12:59.16 ID:ogdiFIOv
    >>130
    そやな、かなりの大型機だからカナードが無いと曲がらないんだろ

    131:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2019/10/26(土) 14:07:41.02 ID:RjbUuuKN
    遠距離で赤外線画像追尾使うなら後方支援の地上レーダーかAWACSが必要だけど中国はこの二つは絶望的だろ。

    141:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2019/10/26(土) 14:11:32.82 ID:qSd29L6B
    まあ、中国の野心と将来的なことを考えるなら
    注意深い取り扱いは必要だな。


    関連記事

     スポンサードリンク

    topics
    コメント欄

    【戦闘機】中国メディア「J-20すごい、米国のF-22なんて比べものにならない」

    1. -:2019/10/30(水) 20:43:32
    2. F-22って前世紀じゃん

    3. 774@本舗:2019/10/30(水) 23:22:37
    4. 米国の戦闘機、レーダーに映らず見ることはできない
      中国の戦闘機、視認距離につくまでには墜ちているため見ることはできない
      日本の戦闘機、有事ですら交戦が許可されないため日の目を見ることはできない
      韓国の戦闘機、世界一優秀で巨額がかかっているが関係者ですら見ることはできない

    5. :2019/10/31(木) 03:23:25
    6. 新幹線と同じで パクリ戦闘機な!
      あんなデカイ図体していて やっとヨロヨロ飛んでる
      ステルス機な オマケに 年間何機も墜落して パイロット犠牲になる
      前にも 美人パイロット墜落してあの世に逝ったよねー!
      使いものにならないのは チャイナ品質の典型だべさ

    7. 774@本舗:2019/10/31(木) 15:26:07
    8. どんな最高性能のフェイク機体を持ってきても問題ない。
      これまで米国は飽和攻撃に対処できない事実をもって、何の作戦も打ち出せなかったが去年から変わった。
      既に日本はミサイルを使わずミサイルや航空機を無効化する方法を用意してある。
      そう電磁攻撃

      複数の超強力電磁砲をターゲットに当て続けると、電磁回路が破断して撃墜できる。

      JAXAの協賛でお送りします

    コメントの投稿






    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL

    スポンサードリンク
    月別アーカイブ
    ブログ内検索
    タグ


    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

     


    topへ戻る