エアライン本舗

飛行機・旅客機・空港・航空関連
HEAD LINE
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 5y8h568ez.jpg



    羽田空港の国際線が従来の約1.5倍に増便されました。このため、成田空港は国際旅客便を減らしましたが、格安航空会社(LCC)の参入で国内線を含む便数は過去最多を確保しました。「国内線は羽田、国際線は成田」というルールは少しずつ崩れてきています。

    政府は羽田と成田を「首都圏空港」と位置づけ、平成26年度中に年間発着回数を計75万回に引き上げるとともに、6年後の東京五輪へ向けて機能強化を図ることにしています。その中で両空港の役割分担の見直しは大きなテーマです。

    今回の羽田空港の国際線増便は「国内線-国際線のハブ(中核)としての新しいスタート」(植木義晴日航社長)といえます。次は、発着回数に余力のある成田が「国際線-国際線」のハブになれるのか。政府の取り組みを見守りたいと思います。(編集長 近藤真史)


    ソース:
    http://sankei.jp.msn.com/economy/news/140401/biz14040108530025-n1.htm




    【voices】

    羽田成田間を弾丸リニアで15分で繋ぐ一体改革を御提案申し上げます。【編集日誌】次は成田空港の番だ - MSN産経ニュース sankei.jp.msn.com/economy/news/1…

    【編集日誌】次は成田空港の番だ - MSN産経ニュース sankei.jp.msn.com/economy/news/1…
    入国無の乗換用なら需要はあるか。しかし地政学的には北でも南でもない緯度で
    何処へ乗り継ぐのに便利なんだ?精々北米東海岸からの客が東南アジアへ行くのに使う位だろう多分。

    ?同じ都市で同じポジション目指して争っても仕方なくね|【編集日誌】次は成田空港の番だ - MSN産経ニュース sankei.jp.msn.com/economy/news/1…


    関連記事

     スポンサードリンク

    topics
    コメント欄

    次は成田空港の番だ

    コメントの投稿






    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL

    Google検索
    スポンサードリンク
    月別アーカイブ
    ブログ内検索
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    タグ




    topへ戻る