エアライン本舗

飛行機・旅客機・空港・航空関連
HEAD LINE
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • entry_img_6386.jpg



    1:Ψ:2019/08/08(木) 16:18:30.56 ID:fu8xPfaV.net
    せめて海や湖に着水すれば犠牲者も少なくて、賠償額も燃費の悪さのほうが安く済むと思うのだが

    2:Ψ:2019/08/08(木) 16:20:42.53 ID:vZLxgevf.net
    機体の強度が半端なく高くなけりゃ無理
    あのUS-2の開発で一番苦労したのが、着水時の機体への衝撃

    3:Ψ:2019/08/08(木) 16:23:27.96 ID:ausPb1AE.net
    客の乗り降りで高くつくだろうが

    4:Ψ:2019/08/08(木) 16:23:31.38 ID:iKTK2s3d.net
    着水できる場所まで飛んでしっかり着水できるなら空港にだって行けるんじゃね?

    6:Ψ:2019/08/08(木) 16:30:18.76 ID:EL4ZUFEU.net
    航空機の事故率からコスパ悪いんで現実的ではないのよ

    7:Ψ:2019/08/08(木) 16:30:43.18 ID:j7+Zb5p6.net
    >>1
    天候に関わらず、波が高いだけで離着陸が危険

    10:Ψ:2019/08/08(木) 16:32:51.90 ID:v7UCFvwJ.net
    着水できるのって凪の時だけだから

    8:Ψ:2019/08/08(木) 16:31:17.66 ID:421Sct61.net
    大型は無理でしょ。
    小型機なら日本じゃ珍しくても海外ならたまにあるが。
    俺は昔、バンクーバーに留学してた時にビクトリア行くのに乗ったわ。

    9:Ψ:2019/08/08(木) 16:31:33.62 ID:uC9lnR+v.net
    乗客は今の半分しか乗れない上に、時間は2倍掛かるだろ
    運賃が四倍以上になるんじゃない?

    11:Ψ:2019/08/08(木) 16:40:41.69 ID:Ew9xY0nB.net
    最初から船でいいよ

    15:Ψ:2019/08/08(木) 16:58:47.35 ID:FRHqtFdS.net
    燃費が悪くなる

    17:Ψ:2019/08/08(木) 17:01:23.64 ID:6NxmglD3.net
    >>1 ぴょまえ スカイダイバー派だな
    現実にはシーダートつうのも開発されてたんだけどねぇ
    カッコはすごくよかった

    19:Ψ:2019/08/08(木) 18:03:34.24 ID:wB5f4YGQ.net
    大型ドローン数機で上空で捕まえて垂直着陸
    垂直離陸してエンジン推力と失速速度超えてから開放というのはどうだ?
    緊急時にも空港近くまで飛んでこれたらなんとかなる

    24:Ψ:2019/08/09(金) 01:38:45.71 ID:XBCV+N1W.net
    >>19
    原理的に可能だとしても、非効率だから運行経費が何倍もかかる

    非現実的

    21:Ψ:2019/08/08(木) 19:34:37.17 ID:uAz3pgQc.net
    こっちの方がよくね?
    小型のみだけど実用化されてるし

    緊急着陸用パラシュート
    (Cirrus Airframe Parachute System, CAPS)とはシーラス・エアクラフトのSR20、SR22、SR22T、Vision SF50に標準装備されている安全機能である
    https://ja.wikipedia.org/wiki/緊急着陸用パラシュート

    25:Ψ:2019/08/09(金) 01:41:16.88 ID:XBCV+N1W.net
    Google Mapで衛星写真で米国みたらわかるが
    すごい密度で空港がたくさんある

    緊急時には、よほど低空でトラブルにならない限り、どこかに降りられる


    関連記事

     スポンサードリンク

    topics
    コメント欄

    あのね、全ての旅客機は水陸両用離発着にすればいざのとき

    1. 774@本舗:2019/08/13(火) 21:04:45
    2. 着水時の衝撃を回転エネルギーに変換するようにしたらいいんじゃないかな。

    3. 774@本舗:2019/08/13(火) 21:23:49
    4. 機体のコストとパイロットの訓練コストはどれくらい増大するの?

    5. じょん・すみす:2019/08/13(火) 21:29:42
    6. 水陸両用に~、とは言うけど
      外洋で着水できる飛行艇が、日本のPS-1、US-1、US-2ぐらいなんだよね。
      殆どの飛行艇や水上機は外洋での着水を考えておらず、静かな
      湾内や湖などでの着水を考えて作られてるんだ。

    7. 774@本舗:2019/08/13(火) 22:38:38
    8. 実は、旅客機は海面に着水しても、しばらくは浮いてられる。その間に脱出可能。
      つまり、胴体着水できるだけの強度があれば、水陸離着陸にする必要もない。
      海面が凪であれば、の話だけど。

    9. 774@本舗:2019/08/14(水) 00:24:03
    10. 水上機で一番難しいのが離着水
      水面が鏡の様な状態な事は90%無いからな(海なら100%無い)

    11. 774@本舗:2019/08/14(水) 00:28:46
    12. 常識的に考えれば飛行機は浮く
      空気より比重が大きい水に浮かなくて空を飛べるはずが無いだろ
      浮かないのは気密が保てていないから

    13. 774@本舗:2019/08/14(水) 10:12:13
    14. 高速で運行する旅客機が水上機のように低速運航出来るくらい機体をコントロール出来るならそもそも墜落なんてしないし、低速運航ならパラシュート降下出来る。外洋は着水に成功しても遭難に耐えれずにまず助からない。
      素直に故障しないようにした方が安全性も上。

    15. 774@本舗:2019/08/14(水) 14:36:24
    16. 最初から水の上の行くモノに乗っていけば杞憂している非常事態への備えは不要だろう
      船って言って、代わりに沈没の危険があるんだけどな

    17. 774@本舗:2019/08/28(水) 13:18:52
    18. 運賃上昇見積もり甘すぎでは

    コメントの投稿






    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL

    スポンサードリンク
    月別アーカイブ
    ブログ内検索
    タグ


    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:



    topへ戻る