エアライン本舗

飛行機・旅客機・空港・航空関連
HEAD LINE
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • y5215rr10z.jpg



    1 :ライトスタッフ◎φ ★ 2014/03/17(月) 21:48:31.38 ID:???

    中国には航空機開発の壮大な計画がある。目標は2014年のうちに、ボーイング737やエアバスA320のような人気ジェット旅客機の中国版を生産することだ。

    欧米への依存を断つため国有の製造工場に大金をつぎ込み、ビジネスの常識を覆す早さで計画は突き進んでいる。

    そもそも大勢の人を乗せた巨大な金属の塊を空に浮かせるには卓越した技術力が必要。だが中国がこの目標を達成するとしたら、おそらく技術力よりもコピー力のなせる技ゆえ、だろう。

    あらゆる分野で海賊版だらけの現状を見れば、中国で普通の商業倫理が通用しないことは明らかだ。知的財産に対する意識の低い中国の人々にとって、海賊版の製造は「つづりの上の犯罪」にすぎない。映画『ハリー・ポーター』やHike社製のスニーカー、iPedなら笑い話で済むが、高度9000メートルを飛ぶ旅客機が「ボーニング747」だったらどうか。

    中国が航空機の海賊版を造り始めたのは90年代のこと。91年の湾岸戦争でイラク軍を壊滅させた米軍の威力を目の当たりにした中国軍は軍備強化を目指したが、その計画の一部が米軍兵器の模倣だった。

    当時、米軍のF117ナイトホークは世界で唯一のステルス戦闘機だった。99年、NATO軍のユーゴスラビア空爆に投入されたナイトホークが、セルビア軍の地対空ミサイルによって撃墜された。炎と共に地面に落ちた「見えない飛行機」の破片を、現地の農民は自分たちの農場へ運んでいった。

    はるかかなたからこのチャンスを捉えた「ハリー・ポーター」の国、中国のスパイが、やがてバルカン諸国に姿を現した。彼らはかなりの金をばらまきながら農場を渡り歩き、墜落したF117ナイトホークの残骸を収集、祖国に送った。

    ■窮地のロシアから「盗み」

    中国人は10年以上かけて、F117のコピー版の製造にいそしんだ。いま確かなのは、中国の「殲20」が世界で数少ないステルス戦闘機モデルの1つであり、見た目がF117にそっくりということだ。

    ロシアもステルス戦闘機を独自に開発しているが、中国はその技術も盗み取った。中国は96年、共産主義の崩壊と財政難でがんじがらめになっていたロシアとある取引をした。25億ドルをロシアに支払って、戦闘機Su27をライセンス生産する契約を結んだのだ。

    中国版Su27は殲11と名付けられたが、そこで行われたのが露骨な盗みだ。「契約が結ばれた時点で、中国がやることはみんな分かっていた」と、ロシア人の中国軍事専門家、ワシリー・カシンはウォール・ストリート・ジャーナルに語った。「だが危険を冒すしかなかった。当時は、生き残れるかどうかの瀬戸際だった」

    中国は殲11を100機ほど生産してから、04年に契約を解除。ロシア側には、この機種は基準に合わなくなったと通告した。機体の隅々まで研究し尽くしたからだろう。3年後、中国はSu27とそっくりの戦闘機を発表。そのコピー戦闘機を国際市場で、ロシア製より1000万ドルも安い価格で販売する。これが中国のやり口だ。(※続く)

    ロシアの航空機を模倣した中国の国産旅客機MA60は故障続き
    6i952330.jpg

    http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2014/03/post-3216.php


    2 :ライトスタッフ◎φ ★ 2014/03/17(月) 21:48:47.03 ID:???

    >>1の続き

    エジプトやパキスタンのような特売品をあさる国には朗報だろう。だが、購入を検討中の国は注意したほうがいい。問題のあるモデルは、ロシア軍の戦闘機を分解し、コピーして造り上げたMA60。中国が初めて国際市場で売り出した旅客機だ。

    中国国内でMA60が販売されなかったのは、墜落事故があまりにも多かったからだ。中国の航空会社からそっぽを向かれて、コピー旅客機の在庫を抱えた中国航空工業集団公司は売り急いだ。第三世界の親愛なる同盟国に売り付けたのだ。

    2機を購入してくれたジンバブエ航空には、もう1機をおまけで付けた。大幅な値引きや低金利ローンで販売されたMA60は、相手国に対する政治的便宜の一部とされた。

    13年にはトンガ国王へ無償供与され、盛大な式典も行われた。だがMA60の評判はあまりにも悪く、ニュージーランドが安全性への懸念を理由にトンガの観光計画に対する援助を停止する、という事態にもなった。

    ■あるパイロットの目撃談

    13年6月10日には、限界に達したかのように事故が続いた。まずインドネシアで緊急着陸した際に、機体が真っ二つに割れた。その後ミャンマー(ビルマ)で、滑走路をオーバーランする事故が発生。どちらも死者は出なかったが、ミャンマーはMA60の運航を中止した。

    13年夏、筆者はバンコクのバーでジェット機のパイロットと酒を飲んだ。アメリカ人の彼を、ここではマイケルとしよう。マイケルは各界の重要人物を乗せてアジアの空をしょっちゅう飛び、あらゆる場所を訪れて奇妙な体験をしている。その1つが1年ほど前のフライトだった。

    その晩、マイケルは「金属屋」を乗せてシンガポールからある場所に飛んだ。到着したのは巨大な格納庫で、中に8機の飛行機があった。機体は塗装前のような緑色。4機は解体され、部品が広々とした格納庫の床に並べられていた。

    シンガポールの金属屋は飛行機から飛び降りると、海賊版の製造にいそしむ中国人エンジニアと作業を始めた。彼らは分度器や定規、スマートフォンを手に、ばらばらになった部品を測っていく。彼は金属合成物を分析するために雇われたのだ。

    こうした問題に打つ手はあまりない。海賊版はいわば中国のお家芸だからだ。公平を期して言えば、故障を起こしているのは中国の飛行機だけでもない。

    13年はボーイングの787ドリームライナーにとって悪夢の年だった。1月には、リチウムイオン・バッテリーのトラブルにより、世界中で全機体が運航停止となった。このトラブルは解決されたが、解消し切れない欠陥も残っている。

    13年7月、ロンドンのヒースロー国際空港でエチオピア航空の787の機内で火災が発生し、滑走路が一時閉鎖された。8月と10月には日本航空の2機がトラブルのため途中で引き返し、ノルウェー航空でも9月に電気系統の異常が発生し、飛行を停止している。

    こうなったら、中国が完璧な性能もコピーしてくれるよう期待するしかない。


    5 :名刺は切らしておりまして 2014/03/17(月) 21:53:07.34 ID:IxUUwB5y

    ステルス旅客機作ってろよ。


    7 :名刺は切らしておりまして 2014/03/17(月) 21:56:44.50 ID:UtiewPdY

    まあ中国土人にジェット旅客機なんて自主開発できる訳ないしw


    11 :名刺は切らしておりまして 2014/03/17(月) 21:59:02.34 ID:fvj6LRrF

    まー、コピーなのは置いといて、肝心な安全性の部分のコピーが
    不完全なのはご免こうむるな。
    これがなけりゃ、まともに動かなくて飛べない方が被害少ない分マシ。


    16 :名刺は切らしておりまして 2014/03/17(月) 22:03:47.88 ID:ooU57SPG

    > 2機を購入してくれたジンバブエ航空には、もう1機をおまけで付けた。

    どこのテレビショッピングだよwwwww


    19 :名刺は切らしておりまして 2014/03/17(月) 22:10:06.03 ID:QkotjcvF

    そりゃ完全コピーならまだいいさ。「改良」を加えるからね。
    重要部品の厚さを薄くしたり、材質変更したり、穴開けたりして「軽量化」をやってくれる。


    21 :名刺は切らしておりまして 2014/03/17(月) 22:11:11.05 ID:js4a/PBk

    日本が40年かけて進化させた新幹線を支那は5年で作りあげたからな
    しかも核心的技術はすべて支那が開発したとのたまうし。


    22 :名刺は切らしておりまして 2014/03/17(月) 22:12:22.62 ID:f/B4R6rC

    劣化した分は爆発力でカバー


    30 :名刺は切らしておりまして 2014/03/17(月) 22:26:26.71 ID:7NENYpKM

    コピーなんか今の時代簡単だろ
    要はコピーした物がに不具合が起こった時に、どこに問題があるか
    解明出来ないから、製品化するには危ないって事だ
    自分で使う分には問題無いだろ


    44 :名刺は切らしておりまして 2014/03/17(月) 23:30:26.72 ID:EAhwF2DL

    >>30
    いや、その前に、素材という難関があってだなあ、
    最先端なら、なにをするにしてもつきまとう。


    31 :名刺は切らしておりまして 2014/03/17(月) 22:27:51.16 ID:p6D3cx28

    まあ 月にまで行けたんだから。。(ほんとかな)
    馬韓と違ってこの国は数十年後には技術力も開発力も身につけてるかもしれない。
    まあ昔は我々もこの国から学んだこともあるし。。。


    36 :名刺は切らしておりまして 2014/03/17(月) 23:05:55.54 ID:RZkaTcOQ

    形はコピー出来ても材質や処理、
    精度迄は再現出来てはいない
    故にオリジナルと異なる末端から次々に微細な不具合や異常を生じさせ続け
    それらイレギュラーの累積が結果として致命的事故に繋がる


    37 :名刺は切らしておりまして 2014/03/17(月) 23:12:08.44 ID:/eA0G71s

    絶対に乗りたくねえ


    38 :名刺は切らしておりまして 2014/03/17(月) 23:12:54.34 ID:icJSPg4j

    あの消えた777はコピーのために・・・・・・・・・・・


    41 :名刺は切らしておりまして 2014/03/17(月) 23:17:50.91 ID:+F2wdc5B

    中国人自体の存在を国際法上非合法にするくらいでちょうど良い。


    45 :名刺は切らしておりまして 2014/03/17(月) 23:34:48.75 ID:CSCGl1JD

    一見無意味に見える翼の突起とか
    何のために付いてるのか解らんのでは?


    46 :名刺は切らしておりまして 2014/03/17(月) 23:35:22.93 ID:FKy1Svhd

    中国の航空宇宙産業をナメ杉。
    中ソ対立依頼独自の積み重ねがあるし
    経験の少ない旅客機においても
    B707のコピーやDC9のノックダウン生産、今はエアバスA320の
    最終組立ラインもあるし今度出るC919は確実に覇権取りに来るだろうな


    51 :名刺は切らしておりまして 2014/03/18(火) 00:25:10.77 ID:GPEN2YnI

    2013/09/19
    続々と新鋭機 軍拡の秘密兵器は3Dプリンター
    http://www.nikkei.com/article/DGXNASGM1802R_Y3A910C1000000/?dg=1

    「アンノウン(国籍不明機)が防空識別圏に侵入」。9日、沖縄県の尖閣諸島周辺に緊張が走った。無人機とおぼしき小型機が突如飛来。日本領空を脅かすような挙動を見せたのだ。即座に航空自衛隊那覇基地からF15戦闘機が緊急発進(スクランブル)。爆音を残して緊張の空域へ飛び立っていった。 無人機は中国大陸側から飛来した。尖閣諸島の北東約200キロまで近づき、やがて中国の方向へ戻っていった。「年度計画に基づき、我が軍は東シナ海で定例訓練を実施した」。後に中国国防省が認めたその正体は、人民解放軍の所属機「翼竜」だった。
     
    全長約9メートル、航続距離は4千キロメートル。空対地ミサイル2発を搭載できる。「ここまで実用化が進んでいたとは……」。日本の防衛省によって公開された写真を見て、驚いた軍事専門家は多い。爬虫(はちゅう)類を思わせる独特の外見は、米国がアフガニスタン戦線などに実戦投入した無人攻撃機「プレデター」そのものだったからだ。...

    51jl21161.jpg
    尖閣諸島周辺に飛来した無人機の模型=ロイター


    3月、北京。国政助言機関の全国政治協商会議で、ある委員の発言が世界の軍需産業関係者を驚かせた。

    「様々な新型機の設計に3Dプリンターを活用している」。発言したのは中国航空工業集団の孫聡氏。艦上戦闘機「殲15」の総設計士として知られる人物だ。

    51jl21162.jpg
    艦上戦闘機「殲15」は3Dプリンターを使って開発した=ロイター

     
    孫氏によると、殲15の開発ではランディングギア(脚部)や胴体中心の大型骨組みなど、主要なチタン合金部品を3Dプリンターで作成したという。部品数が数百万点ともいわれる航空機開発の中で、最も難しいとされるのがチタン部品の試作。中国は3Dプリンターの導入で、このチタン部品の開発期間を劇的に短縮することに成功したわけだ。
     
    巨額の軍事費投入が前提にあるが「リバースエンジニアリングを使えば、簡単に複製が作れますよ」。大手機械メーカー担当者も明かす。もともと産業分野で使われ出した開発手法で、競合製品を分解し、どこにどのような部品を使っているかを解析、最終的に「模倣」する。他国から何らかの方法で得た最新兵器を分解、試作が難しかった部品を3Dプリンターでコピーする。3Dプリンターが中国の軍需産業を劇的に変えたといっていい。

    51jl21163.jpg
    中国が開発を進めているステルス戦闘機=ロイター

    もともと軍需産業の世界では「特許」という概念はなく、競合国同士で模倣に模倣を重ねて発展してきた。中国からすれば「模倣は当然、批判されるいわれはない」となるだろう。問題は軍需の世界でも、パワーバランスが大きく変化しつつあるということだ。


    53 :名刺は切らしておりまして 2014/03/18(火) 01:04:55.07 ID:/QoM2e5m

    ゼロ・グラヴィティで
    ソユーズ丸パクりはおもろかった

    てかデブリ発生させたのってシナのクセに


    63 :名刺は切らしておりまして 2014/03/18(火) 14:18:14.95 ID:/7BOnkXB

    悪い部分は改良してコピーなら良いんだが、悪い部分もそのままコピーだから技術が育たないんだよなぁ



    (source:http://anago.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1395060511/)

    関連記事

     スポンサードリンク

    topics
    コメント欄

    海賊版大国、中国は旅客機までコピー?

    コメントの投稿






    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL

    Google検索
    スポンサードリンク
    月別アーカイブ
    ブログ内検索
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    タグ




    topへ戻る