エアライン本舗

飛行機・旅客機・空港・航空関連
HEAD LINE
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • entry_img_5706.jpg



    1:Ψ:2018/12/24(月) 13:56:21.33 ID:6955D6A/.net
    なんで垂直尾翼1個なんだい? 主翼でも本体の上にでもあったら操縦できてたんじゃなかろうか?

    2:Ψ:2018/12/24(月) 13:59:48.89 ID:LXqo/tNN.net
    民間機は燃費、着陸料、容積などコストが重要視
    される、わけあってあの形

    3:Ψ:2018/12/24(月) 14:03:15.32 ID:joUf873o.net
    全てにおいて予備は必要
    よって、欠陥品

    11:Ψ:2018/12/24(月) 14:30:13.57 ID:mBOMAYj+.net
    >>3
    車を走らせるときは、もう一台牽引しないと欠陥ということか

    4:Ψ:2018/12/24(月) 14:04:37.02 ID:mJ2nyzzK.net
    まず、航空機の外観全体のリアルタイム映像をコックピットで3Dで観れるように
    すべきだろう。
    すると、ゲゲッ 垂直尾翼ねーし。ってわかるだろw
    そうしたら、コックピットで手動で胴体下部からでも予備の垂直尾翼出すんだよw

    7:Ψ:2018/12/24(月) 14:06:05.96 ID:6955D6A/.net
    >>4
    魚のヒレみたいな収納式のエマージェンシー用のがあってもいいよね

    5:Ψ:2018/12/24(月) 14:05:22.01 ID:6955D6A/.net
    それにしてもよくまぁ翼の揚力って高高度でも発生するよな

    抵抗になる空気が薄いところでよく翼の上下で圧力差が生じるもんだ

    10:Ψ:2018/12/24(月) 14:25:48.45 ID:ho8LH/vA.net
    そもそも落ちるという構造が間違い。

    12:Ψ:2018/12/24(月) 14:36:10.57 ID:s6WTdf+p.net
    「半分持っていかれたくらいで落ちるわけない」A-10

    13:Ψ:2018/12/24(月) 14:39:34.13 ID:VJJMh/Pu.net
    垂直尾翼って無くてはならないものなの?
    横滑りの補正してるだけじゃないの?

    33:Ψ:2018/12/24(月) 18:33:01.70 ID:gNiGFEyg.net
    >>13
    シミュレータでコンピュータに何度も挑戦させたら、
    生還できたケースもあったらしいね
    でも人間では超絶神業レベルだよね

    15:Ψ:2018/12/24(月) 14:47:24.52 ID:afRMSvU0.net
    全翼機は不安定でコンピューター制御がないと飛ばすことができない

    17:Ψ:2018/12/24(月) 14:56:32.59 ID:liJy2HdO.net
    >>1
    おまえアンコントロール言いたいだけちゃうんか

    19:Ψ:2018/12/24(月) 15:13:54.64 ID:K1SJKbuQ.net
    B2爆撃機みたいにすればいい

    21:Ψ:2018/12/24(月) 15:33:36.31 ID:qNxzAGt5.net
    垂直尾翼のデザインが肝心だというのは本庄さんの
    持論だったな。でか過ぎる垂直尾翼は不要で、梶も
    小さいので十分、一式陸攻くらいのが適正なんだと。

    25:Ψ:2018/12/24(月) 16:07:28.56 ID:ZlNVPxn9.net
    >>1
    ロッキード L1011の試験開発シュミレータでは
    唯一エンジン制御のみで自動着陸出来る事に成功して居た!!
    もちろん条件はあるだろうが垂直尾翼なしでだ

    その成果がB-2でも生かされて居るらしい・・・・・・
    本当だろうか??

    23:Ψ:2018/12/24(月) 15:34:59.38 ID:9/RMbjhw.net
    タイヤ4つもあるのに1個無いだけで走れなくなる車って欠陥品じゃね?

    24:Ψ:2018/12/24(月) 16:03:18.11 ID:B3C44xDJ.net
    第六世代機のコンセプト画の多くが 無尾翼機だね

    かっこいいかと言われると・・・・><

    6:Ψ:2018/12/24(月) 14:05:55.17 ID:UEdaWq4V.net
    飛行機にでっかいパラシュートつけとけば大丈夫だと思うの!

    27:Ψ:2018/12/24(月) 16:41:15.08 ID:1lxQNdp5.net
    飛行機自体にパラシュートは無意味

    1 .役に立たない
    飛行機の事故は圧倒的に離着陸時の事故です。
    こうした場合パラシュートがあっても役に立ちません。
    開く前に地面に激突しますし、失速させて墜落を早めるだけの効果しかありません。
    高空での巡航中の事故もたまにありますが、この場合は空中爆発や空中分解が多いのでこれも役に立ちません。

    2.危険
    飛行機というのは一定の速度以上で翼に風を与える事で揚力を得て、それで飛行できます。
    飛行中に巨大なパラシュートが開いたら、あっという間に失速して単なる金属の固まりとなって落下します。
    墜落と言うより落下です。
    つまり墜落の原因を作るだけで、あまり役に立たないという事です。
    もしパラシュートなど付けたら、通常の機体故障などの可能性に加えてパラシュートの誤作動という危険性が増えるだけです。
    ちなみに以前に日航機の事故で精神に問題があった機長が着陸時に逆噴射したために墜落した事故もありました。
    パラシュートは逆噴射と同様に着地してからの減速には役に立ちますが、着地する前だと墜落の原因になります。

    3.高価
    飛行機自体をぶら下げるくらいの巨大なパラシュートを積んだら、それだけで相当飛行機の容量を喰ってしまいます。
    200人乗りの飛行機が100人乗りに、運賃は倍。


    30:Ψ:2018/12/24(月) 17:12:16.27 ID:lzVygWwY.net
    風船おじさんの勝ち


    関連記事

     スポンサードリンク

    topics
    コメント欄

    垂直尾翼が壊れただけでアンコントロールに陥る今の航空機って欠陥品じゃないの?

    1. 名無しさん:2018/12/31(月) 16:41:52
    2. 壊れることがある意味前提の軍用機なら冗長性も必要だけど旅客機に必要かね
      それより強度に余裕がある方がいいんじゃない

    3. 774@本舗:2018/12/31(月) 16:56:52
    4. 本当を言えば、左右のエンジン出力の調整で垂直尾翼が無くても飛べる。
      ただ、今のパイロットはオートクルーズなどで楽しちゃってるから、スロットルの微調整は難しいだろうね。
      しかし、可能は可能。

    5. 774@本舗:2018/12/31(月) 17:11:47
    6. 1:Ψ なんで垂直尾翼1個なんだい? 主翼でも本体の上にでもあったら操縦できてたんじゃなかろうか?

      ヨー方向を制御するなら 機体の重心から離れた位置にないと制御出来ないから主翼上じゃ両翼端に設置、本体(胴体)の上だと機首か機体後部(既に有る)
      また取付け部分や主翼や機体がヨー機動をする予備の翼の加重に耐えられる追加の強度が必要になる。

    7. 774@本舗:2018/12/31(月) 17:23:12
    8. 追記 機体(ヨー軸)の後方に尾翼があると機首が右/左に向いたら尾翼への風圧で機首が正面に向いて直進しようと安定する、機体(ヨー軸)の前方にあると逆に機首が右/左に向いたら加速度的に右/左に向いていく。
      主翼の翼端にエアブレーキ機能として設置し旋回したい方のエアブレーキを掛ければ旋回できる、エンジンスロットルよりも操作しやすいだろう。

    9. 774@本舗:2018/12/31(月) 20:38:27
    10. 最近はこの手の『知能が足りていない』系が流行ってるの?

    11. 774@本舗:2019/01/01(火) 18:41:30
    12. >>4:
      >> まず、航空機の外観全体のリアルタイム映像をコックピットで3Dで観れるようにすべきだろう。
      A380には、垂直尾翼の上にカメラがあるんで、垂直尾翼が無くなればビデオが見られない。
      主翼端やフラップを失っても確認できる。

    13. 名無しさん:2019/01/01(火) 22:19:35
    14. ノースウエスト85便のクルーを連れてこよう!

    15. 774@本舗:2019/01/02(水) 02:24:41
    16. すでに出ているけれど垂直尾翼は方向安定を保つために欠かせない
      これがないと横滑りからスピンに入って墜落してしまう
      そして風見効果を発揮させるために、必ず機体最後尾につけないといけない(機体の中央でも前方でもダメ)

      世界初の動力飛行を行ったフライヤー号は全遊動式の垂直尾翼を機体前方に持つ設計だったので、後の時代に続くことができなかった
      もっと後の時代のコンベアXF-92も垂直尾翼の設計の拙さで失敗作となった
      ジェットの時代に風見効果はよく理解されていたはずなのに、なぜこんな設計になったのか理解に苦しむ…

    コメントの投稿






    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL

    Google検索
    スポンサードリンク
    月別アーカイブ
    ブログ内検索
    タグ


    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:



    topへ戻る