エアライン本舗

飛行機・旅客機・空港・航空関連
HEAD LINE
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • entry_img_5541.jpg



    1:田杉山脈 ★:2018/11/03(土) 18:27:14.65 ID:CAP_USER.net
    中国では2018年における国慶節の国定休暇は10月1日(月)から7日(日)までの7日間であったが、これに前週の9月29日(土)と30日(日)を加えれば、合計9連休となった。

    この国慶節休暇を前にして人々の心が浮き立っていた9月28日(金)に、上海浦東国際空港の第2ターミナル(T2)では海外から帰国した中国人旅行者たちが“海関(税関)”の携帯品検査を受けるために長蛇の列を作っていた。

    彼らの大部分は“代購(代理購入)”を生業(なりわい)とする業者やその協力者で、税関検査場前にスーツケースを広げて税関職員による携帯品検査の順番を待っていた。海外から1つのフライトが到着する度に代理購入業者や協力者など100人近くが税関検査場前に並ぶので、順番待ちの列はますます長くなっていった。

    彼らのスーツケースには海外から購入してきた各種の商品が溢れていたが、それらの大部分は中国国内の顧客から海外での代理購入を依頼されたものであった。

    しかし、今までならば、海外から帰国した中国国民に対する携帯品の検査はおざなりなのが通例で、時には税関職員が気分次第で見て見ぬ振りで検査場を素通りさせてくれたのだが、9月28日の税関職員は今までと違い、帰国者の携帯品を詳細に検査し、免税範囲外の外国商品を見つけては個々に関税をかけたのだった。

    これは翌日から始まる国慶節休暇を利用して海外へ出かける人々(代理購入業者とその協力者だけでなく、友人知己から海外での物品購入を依頼された庶民を含む)に対し、帰国時に空港の税関で厳しい携帯品検査が待ち受けていることを警告するためのものであり、それがメディアを通じて大きく報じられることを見越してのものだった。

    例を挙げれると、税関職員は箱入りの“面膜(フェイシャルパック)”を1個ずつ数える徹底ぶりで、3箱のフェイシャルパックに対して200元(約2340円)の関税を課したし、Tom Fordの口紅10本に対して1800元(約2万9200円)の関税を課した。

    ある若者は隠し持っていた数個の高級腕時計を密輸品として摘発され、関税額は178万元(約2884万円)と算定された。彼は税関職員に土下座して見逃してくれるよう懇願したが、それが認められるはずはなく、その場で密輸犯として連行された。

    以下ソース
    https://gendai.ismedia.jp/articles/-/58211


    3:名刺は切らしておりまして:2018/11/03(土) 18:29:28.36 ID:zAz1alKN.net
    購入しない中国人なんか来なくていいよ

    84:名刺は切らしておりまして:2018/11/04(日) 19:29:12.21 ID:WY6G/RQR.net
    >>3
    >購入しない中国人なんか来なくていいよ
    唯一の取り柄だったのになあw

    88:名刺は切らしておりまして:2018/11/04(日) 22:33:17.41 ID:dDy3bXKe.net
    >>3
    これで終わってたw

    8:名刺は切らしておりまして:2018/11/03(土) 18:54:56.42 ID:sbh2CeGs.net
    自分で買いに行くわっつって、観光客増えたりして

    17:名刺は切らしておりまして:2018/11/03(土) 19:22:31.09 ID:VWw9efq+.net
    中国の政治ってのは大量の人民動かしながら調整するしかないから
    ちょっと政治的な対処が入ると依存しちまうと影響でかくて危ないな

    19:名刺は切らしておりまして:2018/11/03(土) 19:48:22.73 ID:jvbRpnnD.net
    放置から法治
    成長したもんだ

    20:名刺は切らしておりまして:2018/11/03(土) 20:06:32.20 ID:LQom3KE/.net
    外貨尽きそうだな(笑)

    62:名刺は切らしておりまして:2018/11/04(日) 17:21:05.92 ID:auiAg0Bl.net
    >>1
    中国の外貨準備高、実際のところはどうなんだろ。
    人民元相場にも相当介入しているようだが。
    代理購入規制までやるなんて、実はかなり厳しいんじゃ?

    33:名刺は切らしておりまして:2018/11/03(土) 21:07:25.11 ID:N9wM5zx9.net
    百貨店死亡だな。

    48:名刺は切らしておりまして:2018/11/04(日) 12:18:18.75 ID:1hGj+ytP.net
    転売ヤーもいなくなったらうれしい。

    観光立国めざすのもいい加減にして欲しい。

    51:名刺は切らしておりまして:2018/11/04(日) 12:29:37.15 ID:XyRSsSLL.net
    稼いだ金で買うんだから、中国政府は家電とか生活用品くらい好きな物を買わせてやれよ。

    56:名刺は切らしておりまして:2018/11/04(日) 15:28:09.00 ID:feTDzlXc.net
    結局国内で買えが中国政府見解だから、高額品を除いた爆買いは減る。あの高関税は色々とヤバい

    59:名刺は切らしておりまして:2018/11/04(日) 15:48:03.42 ID:oJ9fkPGT.net
    日本からのお土産にはとっくの昔に狙い撃ちで高額の関税かけてるから状況は変わらん

    66:名刺は切らしておりまして:2018/11/04(日) 17:50:07.27 ID:nyQuV/pp.net
    爆買いも通販に移行してたらしいから、そこまで影響ないんじゃね

    71:名刺は切らしておりまして:2018/11/04(日) 18:13:03.44 ID:ruVOCC1W.net
    これでホームセンターの障がい者用駐車場に大型バン止めて
    おむつ爆買いする中国人がいないくなると思うと清々するな♪

    75:名刺は切らしておりまして:2018/11/04(日) 18:20:53.55 ID:ZbQW0Qg6.net
    そもそも、中国人や韓国人に頼って存続してる小売業なんかがおかしいのだよ。

    76:名刺は切らしておりまして:2018/11/04(日) 18:22:44.10 ID:IPZlCgQ5.net
    外貨も自国のお金も外に流すな。ってことよな。
    リーマン前後にまともな経済学者が海外にお金流すな、内需増やせって日本でも言われてたが
    それがジャスティスだったという証明だろう

    82:名刺は切らしておりまして:2018/11/04(日) 19:07:19.99 ID:/yBp+dB6.net
    資本取引規制で中国人の爆買いなんてとっくに終わってる
    中国人が海外旅行したら、人民元を外貨に交換できる限度額が中国政府から規制されてる

    87:名刺は切らしておりまして:2018/11/04(日) 22:13:44.14 ID:U7DPFVMK.net
    こんな政権が長期間に渡って今後も継続される事を
    当の中国人連中はどう考えてるのかが興味ある

    90:名刺は切らしておりまして:2018/11/05(月) 05:14:52.22 ID:XL5K7Dtr.net
    関税何パーセントかな?
    そりゃその国の自由だけどさ


    関連記事

     スポンサードリンク

    topics
    コメント欄

    【国際】中国政府ついに「代理購入規制」で中国人の爆買い間もなく終了の予感

    1. 774@本舗:2018/11/06(火) 03:31:14
    2. >> 62:
      >> 代理購入規制までやるなんて、実はかなり厳しいんじゃ?
      国外でのカード使用規制、外貨持ち出し規制が厳しくなっていますんで、相当危ういんじゃないでしょうか?

    3. 774@本舗:2018/11/06(火) 06:53:44
    4. 金落とすだけが取り柄だったのに

    5. 名無し:2018/11/06(火) 09:27:11
    6. 国家の財布の中が、、、、一寸、心許無い。

    7. 774@本舗:2018/11/08(木) 19:17:43
    8. 初めから見せ金に過ぎない
      それを片棒担ぎのマスコミが騒いでいただけ
      そんなものを信じたり乗ったりした馬鹿が、
      その後どういうことになったのかは記憶に新しい

      もちろんそれは"観光"以外も含めての
      入国管理全体についての警鐘そのものでもある

    コメントの投稿






    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL

    Google検索
    スポンサードリンク
    月別アーカイブ
    ブログ内検索
    タグ


    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:



    topへ戻る