エアライン本舗

飛行機・旅客機・空港・航空関連
HEAD LINE
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • entry_img_4399.jpg



    1:みつを ★:2017/10/19(木) 01:29:56.96 ID:CAP_USER9.net
    http://jp.reuters.com/article/china-aviation-whistleblower-idJPKBN1CN0A0

    Brenda Goh
    [上海 16日 ロイター] - 中国の航空機部品サプライヤーが、米飛行制御装置メーカー「ムーグ」(MOGa.N)に対して製造過程に不備のある部品を納品し、関連書類を偽造してムーグが認証していない工場に下請けを依頼していたと、米連邦航空局(FAA)の内部報告書が指摘していた。

    ロイターが情報公開制度を利用して入手した2016年11月4日付の内部報告書は全9ページ。FAAはこの中で、影響がある部品273個が、米航空機大手ボーイング(BA.N)の旅客機777型機の翼の、スポイラーと呼ばれる着陸時の減速装置に装着されていると指摘した。装着されている機体数は明示されていなかった。

    内部報告書は、問題の部品の名称や、装着された時期を特定していない。FAAとボーイング、ムーグは報告書の中で、航空機の安全性には影響はないとしていた。ロイターの問い合わせにも、メールで同様の回答を寄せた。

    ムーグは、商用機と軍用機のフライト・コントロール・システムのサプライヤー。航空機業界では、航空機の安全のために重要な部品供給のトレーサビリティーや部品の品質は、厳しく管理されている。

    今回の件で、直ちに安全性の問題が提起されるわけではない。

    だが、世界最速で成長する航空産業を抱える中国が、外国の製造業者への依存を減らそうとするなかで、同国のサプライヤーや規制当局にかかっているプレッシャーの大きさを示している。

    もちろん、これは中国だけの問題ではない。

    日本の神戸製鋼所(5406.T)の株価は先週、大規模なデータ不正が明らかになり急落した。同社は、航空機や自動車に使われるアルミニウムや銅製品を供給しており、顧客は製品の安全確認に追われた。

    急成長中の中国の航空宇宙産業は、競争の激しい世界市場に部品をより早く安価に供給することを狙っており、サプライヤーから引き合いが絶えない状態だ。米国の貿易統計によると、米国の航空宇宙産業への中国からの部品輸出は、2009年の約3倍の年間約12億ドル(約1350億円)になっている。

    需要拡大により、それまで国有企業が主体だった航空機部品業界で、より小規模な部品メーカーの設立が加速している。

    中国の航空宇宙産業は、単なる外国の航空機メーカーのサプライヤーではない。中国の航空会社は、ボーイングや欧州大手エアバス(AIR.PA)の最大級の顧客として名を連ねている。さらに中国はいま、国産ジェット旅客機を開発中で、初の狭胴型機「C919」は5月に初飛行を行った。

    エアバスの品質管理担当マネジャーで、以前はムーグに勤務していた Mao Pingzhou氏は、中国はサプライチェーンの管理をさらに改善する必要があると指摘する。

    「さまざまな手順が定められているが、従業員や監督者は必ずしも厳格に実行していない」と、Mao氏はロイターに語った。

    ロイターの取材に対し、FAAはメールで回答を寄せ、内部告発者Charles Shi氏が指摘した安全性への懸念を調査し、指摘された内容のうち2件について事実と確認したと述べた。そのうち1件は対策が取られて終了した。もう1件は「ボーイングが修正策を実行してFAAが確認するまで、案件はオープン」としている。詳細への言及は避けた。

    ボーイングは、ムーグとともに「2案件を調査し、すでに必要な修正作業は全て実施した」と回答した。また、「旅客の安全はわれわれの最優先の関心事だ」と強調した。

    ムーグは、不正の指摘について「速やかに適切な調査」を行い、「疑惑の部品は全て飛行の安全に影響しないものだが、全て仕様に合致していることが確認された」とした。

    FAAの報告書によると、ムーグが行った720時間超に及ぶ部品のストレステストでも異常は起きず、ボーイングはこれらの部品を航空機に装着したままにすることで合意した。
    (リンク先に続きあり)

    2017年10月18日 / 05:19 / 13時間前更新


    3:名無しさん@1周年:2017/10/19(木) 01:34:14.43 ID:K9ZYi2x70.net
    仲間やん

    6:名無しさん@1周年:2017/10/19(木) 01:37:47.80 ID:VvOuzTLs0.net
    中国お前もか

    11:名無しさん@1周年:2017/10/19(木) 02:32:49.89 ID:gmn7Xr9q0.net
    もう世界中からアジア無視されるんちゃう?

    18:名無しさん@1周年:2017/10/19(木) 03:48:12.54 ID:C4SIaNHX0.net
    >>11
    まさかアジア以外は不正してないと思ってんの?正気?

    22:名無しさん@1周年:2017/10/19(木) 05:16:54.80 ID:SaYEuqkN0.net
    >>18
    みつかったヤツの負けや

    15:名無しさん@1周年:2017/10/19(木) 02:51:08.06 ID:kxn50zOU0.net
    中国なら当たり前。だが日本も当たり前だった。世の中とはそういうものなのだ。

    16:名無しさん@1周年:2017/10/19(木) 02:52:57.44 ID:XhTNG07z0.net
    中国なら「想定の範囲内」
    で済ませてもらえるから良いよな

    ってか世界中、紛い物が横行してるんだろうな

    17:名無しさん@1周年:2017/10/19(木) 03:41:20.09 ID:3aDc0Rxs0.net
    こいつらサンプル品はしっかり作ってだんだん手を抜くからな。

    19:名無しさん@1周年:2017/10/19(木) 03:52:24.68 ID:GIXMIBNb0.net
    中国より日本の方がバレるのに時間が掛かった
    (結論)日本スゴい

    21:名無しさん@1周年:2017/10/19(木) 04:23:29.14 ID:FMAF3OWb0.net
    なんだ
    中国の話かよ
    と思ったらやっぱり出てきた神鋼w

    26:名無しさん@1周年:2017/10/19(木) 14:45:23.94 ID:GZ6gvOnn0.net
    神戸製鋼のせいでこのニュースは消えてしまったw

    もうひとつの消えたニュース
    米国およびドイツ向けに航空機のエンジン部品の製造やメンテナンスを行ってい
    るMotto Investment Limited社を、中国航空工業集団の香港上場企業である
    中航工業国際が買収しようとしている
    買収には米国およびドイツの関連法規への遵守や審査が必要なほか、
    香港証券監督委員会からの認可を受ける必要もあるようだ。
    ただ、米トランプ政権は9月13日に安全保障上の脅威を理由に中国政府が
    関連する投資ファンドによる米半導体大手ラティス・セミコンダクターの
    買収計画阻止を発表するなど、中国企業による米国企業の買収に対し厳しい対応を行っている
    http://www.excite.co.jp/News/it_g/20170929/Slashdot_17_09_28_0645245.html

    一方東芝は・・・みずほ銀行が主管銀行の企業は早期に主管銀行変えるべき

    27:名無しさん@1周年:2017/10/19(木) 15:02:50.43 ID:RlTPsTKV0.net
    中国の部品なんて不良品が含まれてるのを覚悟のうえで使ってるんだろうからたいして影響ない
    信用してたのに不正が発覚した神戸製鋼とは事情が全然違う

    34:名無しさん@1周年:2017/10/20(金) 04:31:11.49 ID:0yDVkVnR0.net
    結局中国が不正してるから他も不正しないと戦えないって事なんだよな
    もう中国を排除しないと世界はまともにまわらないな

    (source:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1508344196)

    関連記事

     スポンサードリンク

    topics
    コメント欄

    【製造】急成長の中国航空産業に不正部品疑惑、米国にも波紋

    コメントの投稿






    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL

    Google検索
    スポンサードリンク
    月別アーカイブ
    ブログ内検索
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    タグ




    topへ戻る