エアライン本舗

飛行機・旅客機・空港・航空関連
HEAD LINE
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • entry_img_4396.jpg



    1:第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb:2017/10/20(金)10:19:55 ???
    日本の太平洋側から米国西海岸まで、約8,300kmをドローンで横断するレース「Pacific Drone Challenge」があらためて話題になっている。休憩なし、無補給、無人での飛行が条件だ。

    日本のiROBOTICS、米国のSabrewing Aircraftという2社が9月末に発表し、海外を中心にちょっとした注目を浴びたが、10月下旬になってまた国内の一部で関心が集まっている。

    開催の目的は歴史を作るため。飛行家のチャールズ・リンドバーグが1927年にニューヨークからパリまで大西洋を休憩なしで横断したように、天候、距離に対するドローンの性能を証明するのが狙いだ。

    開催期間などは特に決まっていない。仙台にあるドローン試験場を出発し、米国サニーベルにあるモフェット飛行場に着陸した最初の機体が優勝となる。どんなチームでも申し込みができるが、独立した第三者組織による審査を通ったうえで、さらに日本の国土交通省航空局(JCAB)や米連邦航空局(FAA)などの認証を得る必要があるため、ハードルは低くない。

    またドローンの飛行方法として、ロケットや風船などを使うのは禁止となっている。第二次世界大戦中に、日本が飛ばした風船爆弾が気流に乗って米国に到達した例があるが、残念ながら同じ手は使えないもよう。

    (以下略)

    exciteニュース/インターネットコム10月19日
    http://www.excite.co.jp/News/it_g/20171019/Jic_203600.html





    4:名無しさん@おーぷん:2017/10/20(金)10:35:46 CGe
    偏西風に乗れれば電池節約できるかねー

    5:名無しさん@おーぷん:2017/10/20(金)10:35:56 sHO
    参加者は、それぞれ自分で船をチャーターして、ドローンと一緒に太平洋を渡るんだよな。
    飛ばしっぱなしとかないよな

    6:名無しさん@おーぷん:2017/10/20(金)10:36:34 X8g
    ドローンに吊り下げられて太平洋を横断するわけじゃないのか

    9:名無しさん@おーぷん:2017/10/20(金)10:52:03 Cgp
    風船ではなく、飛行船はどうなんだろ。
    飛行船タイプなら可能性は高いと思うなあ。

    11:名無しさん@おーぷん:2017/10/20(金)11:08:01 icE
    でも大時化で全滅しちゃうんでしょ?(´・ω・`)

    12:名無しさん@おーぷん:2017/10/20(金)11:09:52 EKc
    規定で海に浮かぶようにすれば墜落してもGPSを追って回収出来るだろ

    16:名無しさん@おーぷん:2017/10/20(金)12:02:46 xk0
    飛行タイプしかダメなのかな?
    状況に応じて陸海空の最適なルートを選択するドローンとか面白そうなのに

    21:名無しさん@おーぷん:2017/10/20(金)12:37:11 huk
    ロケットと風船はなしだと、あとはNASAが作ったようなソーラープレーン一択じゃないか?

    24:名無しさん@おーぷん:2017/10/20(金)13:31:41 SKD
    グローバルホークやプレデターじゃダメなの?

    29:名無しさん@おーぷん:2017/10/20(金)15:56:11 pgA
    これは如何にルールを曲解した脱法的形態を考えるかの勝負のような

    32:名無しさん@おーぷん:2017/10/20(金)17:43:21 5S8
    >>29
    俺もそう思った
    リンドバーグが乗ってたから実際に大西洋を渡った証明になったが、
    日本を出発したドローンとアメリカに到着したドローンが同一個体だとどう証明するのか
    その証明手段を如何に掻い潜って不正するかの勝負になる

    31:名無しさん@おーぷん:2017/10/20(金)16:20:29 lPl
    ダンボールにドローンって書いて着込んで
    ジャンボジェット機に乗る

    34:名無しさん@おーぷん:2017/10/20(金)18:17:30 edB
    バッテリーや太陽電池じゃとてもムリだよなあ
    太平洋横断となるとやっぱり小型ヘリぐらいの大きさが必要で、そうなると無人では飛ばせないと思うが

    37:ワルキューレ◆iYi...i.lI:2017/10/20(金)18:24:16 IeB
    固定翼じゃないと無理な気が

    41:名無しさん@おーぷん:2017/10/20(金)18:41:29 HvN
    蓄電量と軽量化、あとは飛行効率の勝負やな。
    めっちゃ長い羽で上面にソーラーパネル隙間無く貼り付けた機体になると予想。

    まぁ最後は天候とか風なんかの運なんだろうけどw

    44:名無しさん@おーぷん:2017/10/20(金)20:09:20 Mjr
    >>41
    >めっちゃ長い羽で上面にソーラーパネル隙間無く貼り付けた機体になると予想。
    Googleとかエアバスのやつがまさにその形だね。Facebookのは全翼機だ。

    >まぁ最後は天候とか風なんかの運なんだろうけどw
    ソーラープレーンはほぼ成層圏飛ぶから、対流圏の現象は殆ど問題にならないんじゃない?



    つーか、ドローンって単に無人機(航空機という括りすら無い)って意味なのに、勝手に小型マルチコプターだと脳内変換してる奴が居るな。

    46:名無しさん@おーぷん:2017/10/20(金)20:21:37 Poz
    既存のジェット機を無人化すれば?

    48:名無しさん@おーぷん:2017/10/20(金)23:31:16 1BO
    >>46
    無人でありさえすればいいんだから、それが一番簡単だよなwwww
    人乗せないから、生命維持系の装置全部外せるし、燃料も沢山積めるようになるし。
    金さえあれば即実行可能だな。

    47:名無しさん@おーぷん:2017/10/20(金)21:29:32 MD2
    アイデアを開陳しておく。
    ドローンの上部に、強力な吸盤を設置する。
    アメリカ行きの航空機に貼り付く。
    太平洋横断。

    コバンザメ作戦だ。

    (source:http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1508462395)

    関連記事

     スポンサードリンク

    topics
    コメント欄

    『ドローンで太平洋を横断できたやつが優勝』というレースが話題

    1. 774@本舗:2017/10/21(土) 20:31:35
    2. 渡り鳥にドローンって名前つけたらええんやな

    3. 名無しさん@Pmagazine:2017/10/21(土) 21:03:06
    4. 不正で優勝するけどバレて人間ドローンをやらされるパターン

    5. 774@本舗:2017/10/21(土) 21:54:30
    6. 海流に乗せておけばいつか辿り着くんじゃね
      誰も横断成功できなければワンチャンある

    7. 774@本舗:2017/10/21(土) 21:57:38
    8. ※47
      旅客機にそんなもん付ける時点で犯罪だ。つけれたとしても気圧と氷点下で縮んで落ちるわ。

    9. 774@本舗:2017/10/21(土) 22:05:29
    10. こちかめにこんな話あった気がする

    11. 774@本舗:2017/10/21(土) 22:09:34
    12. 堀江謙一さんがアップを… って無人か

    13. 名無しのかめはめさん:2017/10/21(土) 23:25:49
    14. 北朝鮮が挑戦中。

    15. 774@本舗:2017/10/22(日) 09:18:20
    16. 和紙とコンニャク糊で作った気球に水素を詰めてジェット気流に乗せれば楽勝やで^^

    17. 774@本舗:2017/10/22(日) 11:10:52
    18. まあ真面目に考えれば、ソーラーパネル等の(逆に言えばソーラー程度の)電力で
      無着陸でいつまでも飛んでいられるドローンを作って、GPSで目的地に到着するようにしろってことか。
      スタート(離陸)だけでも風船使わせてもらえたら、超高高度まで上昇してからの
      滑空で目的地に近づき高度が下がったらVTOLでなんとか・・・ならんかなw

    19. 774@本舗:2017/10/22(日) 16:08:11
    20. ※8
      気球はダメやで

    コメントの投稿






    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL

    Google検索
    スポンサードリンク
    月別アーカイブ
    ブログ内検索
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    タグ




    topへ戻る