エアライン本舗

飛行機・旅客機・空港・航空関連
HEAD LINE
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • entry_img_4103.jpg
    (※イメージ)



    1:ねこ名無し ★@\(^o^)/:2017/07/14(金) 21:01:47.98 ID:CAP_USER.net
    防衛省統合幕僚監部は14日、日本領空に接近した外国軍機などに航空自衛隊機が緊急発進(スクランブル)した回数が今年度第1四半期(4~6月)で229回だったと発表した。前年同期と比較すると52回減少した。

    中国軍機に対するスクランブルが大幅に減ったことが原因で、前年同期比でほぼ半減した。

    第1四半期の中国軍機に対するスクランブルは101回。昨年度の各四半期は199回、208回、237回、207回だった。太平洋への展開を目的とした沖縄県・宮古海峡を通過する飛行も、昨年度は18回に上ったが、今年4~6月は1件も確認されなかった。

    防衛省は中国側の意図に関し慎重に分析を進めているが「わが国の安全保障上重要な東シナ海における飛行など活動が停滞しているとは認識していない」としている。

    5月18日には中国海警局の船の上空を小型無人機ドローンが飛行し、航空自衛隊機がスクランブルした。

    ロシア軍機に対するスクランブルは中国軍機を上回る125回。四半期ごとのスクランブル数発表を始めた平成17年度以降では、26年度第1四半期の235回に次ぐ多さとなった。残り3機は国籍不明だった。

    http://www.sankei.com/world/news/170714/wor1707140047-n1.html


    4月14日、領空侵犯を防ぐためのスクランブル訓練で戦闘機に乗り込む航空自衛隊員=空自千歳基地(杉浦美香撮影)


    3:(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/:2017/07/14(金) 21:06:58.48 ID:doAyisZ2.net
    いよいよシナも軍事費にお金掛けれなくなってきたということ?
    しかしロシアはお金が続くねぇ

    4:(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/:2017/07/14(金) 21:07:33.04 ID:/0JqtQ8b.net
    輪番操業かよ

    20:(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/:2017/07/14(金) 21:38:23.02 ID:gH8IgAUQ.net
    「そろそろ交代の時期アルネ! 宜しく頼むアル!」
    「オウ! 第二クォーターは任せとけマトリョーシカ!」

    5:(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/:2017/07/14(金) 21:07:40.21 ID:ivQmOisw.net
    後ろから殴ってくるのがロシア

    9:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/:2017/07/14(金) 21:11:27.55 ID:uy9Fzxei.net
    ロスケは面白半分にやってるようだな。
    空自をからかってるんだろ

    11: ◆65537PNPSA @\(^o^)/:2017/07/14(金) 21:13:25.75 ID:4ciINRU9.net
    >>9
    もう半分馴れ合いだかんなぁ

    13:(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/:2017/07/14(金) 21:19:55.86 ID:MqittMiz.net
    もしかしたらロスケはそろそろF-35が上がってくるかもしれないって期待して来てるのかもしれん
    対応時間のデータ取りだし

    14:(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/:2017/07/14(金) 21:26:00.63 ID:yVvxgFz3.net
    >>13
    日本「まだ見せないよ~ん」

    18:(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/:2017/07/14(金) 21:30:10.18 ID:/SIGpQTn.net
    金持ってって抵抗しない、そして良い女がいる
    そりゃ世界中から狙われるよ

    31:(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/:2017/07/14(金) 23:55:45.85 ID:8AkF1gcb.net
    中国機はそろそろエンジンの耐用限界だったのかな?

    33:(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/:2017/07/14(金) 23:59:42.62 ID:rZEnBTDu.net
    >>31
    ロシアのジェットエンジンは、元々の設計思想で耐用年数を下げてる
    使い捨てる発想。

    何十年も使うための耐久性のためにコストや重量を増やすぐらいだったら、
    使い捨てにすれば良いじゃんて設計
    空母運用には向かないけどね

    36:(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/:2017/07/15(土) 00:04:43.23 ID:2f6O2KBt.net
    人もモノも使い捨てそれがロシアクオリィw

    37:(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/:2017/07/15(土) 00:19:14.52 ID:cOAPqn4k.net
    日本は核武装、弾道ミサイル、追撃システム、
    ミサイル防衛、もっと予算増やすと世界に発信、
    日本はさすがだと褒められると思う、

    41:(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/:2017/07/15(土) 10:06:04.18 ID:O8f09lm9.net
    もしかして最近の中国機はステルス機で自衛隊には見えないだけなのかも

    48:(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/:2017/07/16(日) 10:57:03.44 ID:aAnxLnOF.net
    北朝鮮から注意を逸らそうと南シナ海やらインド方面で暴れてたからな
    そりゃあ東シナ海の方は自制するでしょう

    46:(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/:2017/07/16(日) 10:15:31.92 ID:eDdwJ6l7.net
    自衛隊も出撃する口実がないと実戦経験が不足してしまうので
    ちょうどいいだろうw

    50:(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/:2017/07/16(日) 18:51:55.79 ID:YEUsR5Ph.net
    >>46
    不謹慎だけどそういう部分もあるよね

    49:(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/:2017/07/16(日) 18:50:29.80 ID:YEUsR5Ph.net
    ロシアの場合は日本に対しては立場上から捻くれた共同訓練感覚なのもある(向こうが勝手に)
    日本は技術が高く国際問題に発展しにくいので

    52:(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/:2017/07/16(日) 21:08:10.23 ID:RR60e+mD.net
    今のロシアに侵略の意図はないよ
    ただ日本の軍事力がどのぐらいかは常にチェックしてるんだよな
    普通なら反撃受けても仕方ない行動だが、来ないのも見透かされてる
    実際の力がどんなものかテストして丸裸に

    (source:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1500033707)

    関連記事

     スポンサードリンク

    topics
    コメント欄

    【スクランブル】迫り来るロシアの脅威?航空自衛隊機の緊急発進、過半が対露軍機に 中国は半減

    1. 774@本舗:2017/07/20(木) 16:23:21
    2. 何十年と続いてる何時ものロシアの定時訓練を、まるでここ数年で急に見たいな書き方で記事にするマスゴミ

    3. 774@本舗:2017/07/20(木) 16:45:31
    4. 良い女がいる…?

    5. 774@本舗:2017/07/20(木) 17:46:16
    6. 防衛白書を定期的に衆目に晒す環境が欲しいわな
      自国のことなのに、自分から読みに行くような人しか知らんからな

    7. 774@本舗:2017/07/20(木) 18:43:37
    8. ※3
      まとめブログですらスレタイしか読まない人もいるので・・・

    9. ゲルマニュウム:2017/07/21(金) 03:06:52
    10. 国民の国防意識は絶望的だ
      日本は犠牲がないと目が覚めない
      良いのを一つ東京辺りに頼むよ

    11. 774@本舗:2017/07/21(金) 04:59:12
    12. 中露が軍事的に緊密に連携しているなら二方向から同時に仕掛けて日本の対処能力を削ぐこともできるはず。
      それをやってこないということは向こうも向こうで色々あるのだろう。

    コメントの投稿






    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL

    Google検索
    スポンサードリンク
    月別アーカイブ
    ブログ内検索
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    タグ




    topへ戻る