エアライン本舗

飛行機・旅客機・空港・航空関連
HEAD LINE
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • entry_img_4073.jpg



    1:ののの ★:2017/07/05(水) 20:26:41.02 ID:CAP_USER9.net
    http://techon.nikkeibp.co.jp/atcl/news/16/070508236/
    大場 淳一=日経BP総研 クリーンテック研究所 2017/07/05 16:02 1/1ページ

    アイルランドの調査会社であるリサーチ・アンド・マーケッツ(Research and Markets)社は7月3日、空港に設置する太陽光発電システムのグローバル市場は2017年から2021年まで年率(GAGR)6.46%で成長するとの見通しを発表した。

    同社が刊行した調査レポート「Global Solar Power Market 2017-2021」で公表された。同レポートは業界の専門家からの情報による詳細な市場分析に基づいており、市場の概況や今後数年間の成長見通し、主要なベンダー事例などをカバーしているという。

    同レポートによると、空港内では滑走路やターミナルなど極めて大きな敷地面積を必要とし、太陽光発電を設置する余地がまだ多く残されている。

    例えば、米国コロラド州のデンバー国際空港は1万3570ha、同バージニア州のワシントン・ダレス国際空港は4856ha、アラブ首長国連邦(UAE)のドバイ国際空港は2914haと、いずれも広大な土地を占有している。

    しかも、航空機の安全な離着陸のため、視界の妨げとなるようなものを建築できないことから多くの空き地が残されている。さらに、ターミナルの屋上や駐車場など、太陽光発電を設置できる場所が多いと指摘する。

    航空業界での再生可能エネルギー導入が今後も積極的に進められそうな、制度面の変化もある。

    国連の専門機関の一つである国際民間航空機関(ICAO)は2016年10月、年々増加する乗客数に対して、航空分野における温室効果ガスを2020年以降は増加させないとする「CORSIAメカニズム」を気候変動対策として決定したからだ。

    こういった流れを先取りし既に太陽光発電を導入している主な空港として、フィンランドのヘルシンキ空港(関連記事1)、インドのコーチン国際空港やデリー国際空港(関連記事2)(関連記事3)、南アフリカのジョージ空港(関連記事4)などの事例がある。



    12MWのメガソーラーが併設されている、インド・ケララ州のコーチン国際空港
    (出所:Cochin International Airport)


    5:名無しさん@1周年:2017/07/05(水) 20:27:51.06 ID:GCCQj5LR0.net
    真っ先にテロリストに狙われそう。

    11:名無しさん@1周年:2017/07/05(水) 20:45:09.10 ID:c9OXtfzJ0.net
    >>5
    とりあえず原発よりはマシだな。

    7:名無しさん@1周年:2017/07/05(水) 20:34:16.59 ID:/dCXWV9F0.net
    反射光が航空機の安全に影響しないのだろうか

    13:名無しさん@1周年:2017/07/05(水) 21:54:10.29 ID:Hzjg5C9/0.net
    >>7
    着陸寸前で焼かれたりしてな。

    14:名無しさん@1周年:2017/07/05(水) 21:55:16.99 ID:d2SOLDK40.net
    通常運用時は良いけど,
    事故とか有ったときに,消火活動や避難の妨げにならないか?

    20:名無しさん@1周年:2017/07/06(木) 05:54:24.97 ID:e2+pbQ+80.net
    とりあえずは導入実績があるところに実験してもらえばええ

    25:名無しさん@1周年:2017/07/06(木) 09:39:31.15 ID:LAdg/ejc0.net
    で、結局太陽光は良いのか悪いのかどっちなんだよ

    27:名無しさん@1周年:2017/07/06(木) 11:11:27.38 ID:5Qi4l00L0.net
    >>25
    良いに決まってるじゃん
    既存の発電と比べれば将来性もリスクも格段に上

    26:名無しさん@1周年:2017/07/06(木) 10:17:12.85 ID:Wty3/3CF0.net
    メガソーラーって耐用年数過ぎたら巨大な産廃になるんじゃないの?
    リサイクルとかできるの?

    30:名無しさん@1周年:2017/07/06(木) 19:50:40.25 ID:35Rcm7Gh0.net
    >>26
    太陽光発電は可動部が全くなくて、部品点数も少なく、背も低いから、
    機械的・構造的には、最高の耐久性がある
    パワコン周りは壊れやすいけど、それは交換すればいいだけだし、
    パネルの効率低下は今までの実績だと25年で多くて20%弱だったりする
    https://www.green-energynavi.com/library/articles/pid.html

    32:名無しさん@1周年:2017/07/07(金) 22:59:55.03 ID:oiV4iCrb0.net
    まだソーラレイとか夢見てしまう

    36:名無しさん@1周年:2017/07/07(金) 23:42:20.34 ID:gAAzIgY90.net
    重要な施設を重ね合わせるのってどうなのかね

    (source:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1499254001)

    関連記事

     スポンサードリンク

    topics
    コメント欄

    「空港メガソーラー」、世界的に急拡大の見込み

    1. :2017/07/09(日) 15:09:40
    2. 土地が広くて天気のいい国ならどんどんやってくれよ
      日本は狭くて雨が多くて最悪だから
      太陽光詐欺の業者はやってこないでね

    3. 774@本舗:2017/07/09(日) 15:21:21
    4. 台風や雪で壊れそう

    5. 名無しさん:2017/07/09(日) 15:21:30
    6. 下手したらきらきらしまくって着陸時にパイロット嫌がるだろ

    7. 774@本舗:2017/07/09(日) 16:45:06
    8. ※3
      そのことについては一応有効な解決策が存在する。
      太陽電池にも色々有って、昔から有るシリコン結晶系の太陽電池は光を反射しやすい。
      一番上の参考画像の奴は恐らくシリコン多結晶系。青っぽく見える。

      空港のメガソーラープロジェクトで使われる太陽電池はCIS系等の
      半導体薄膜系の太陽電池がよく使われていて、これは光を殆ど反射しない。
      外見もシリコン結晶系と明らかに違っていて肉眼では黒一色に見える。
      効率が若干劣るのが難点だけどコストも安いし製造に必要なエネルギーも少ないんだ。
      実際に関空のメガソーラーはCIS太陽電池が採用されたと聞いている。

    9. 774@本舗:2017/07/09(日) 16:59:04
    10. 太陽電池自体も光を反射しにくい物が採用されるし
      光が反射する方向を計算して航空機の進入方向へ向けない工夫がされている

    コメントの投稿






    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL

    Google検索
    スポンサードリンク
    月別アーカイブ
    ブログ内検索
    タグ


    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

     



    topへ戻る