エアライン本舗

飛行機・旅客機・空港・航空関連
HEAD LINE
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • entry_img_4010.jpg



    1:まはる ★:2017/06/16(金) 21:58:31.53 ID:CAP_USER.net
    公共施設の管理、運営等を民間の資金や経営力、技術を活用して行うPFI(プライベート・ファイナンス・イニシアティブ)。空港については、2013年7月に民活空港運営法が施行され、滑走路も含めて民間で管理・運営することが可能になった。すでに仙台国際空港、関西国際・大阪国際空港でPFIによる運営が行われており、新たに高松空港、福岡空港、神戸空港、富士山静岡空港も民間運営に向けた手続きをスタートさせている。

    空港は従来、ターミナルビルは民間企業、滑走路などは設置権者である国や自治体が管理をしてきた。しかし、2013年7月に民活空港運営法が施行され、滑走路などを含めて空港を一体的に民間企業がPFI法にもとづき運営することが可能になった。

    国が管理する空港として初めてPFIを導入したのが、現在、仙台国際空港株式会社が運営している仙台国際空港。同社は東急グループ5社と豊田通商、前田建設工業により設立され2016年7月から空港運営を行っている。

    関西国際空港と大阪国際空港は、オリックス株式会社とフランスの空港運営会社、ヴァンシ・エアポートを中核とするコンソーシアムが設立した関西エアポート株式会社が2016年4月より運営をしている。

    そして、現在、新たに高松空港、福岡空港、神戸空港、富士山静岡空港も民間企業の公募を開始し高松空港と神戸空港は今年8月に優先交渉権者が選定される予定だ。

    4空港のうち高松、福岡空港は国が管理する空港だ。国土交通省では、高松空港については「比較的規模の小さなローカル空港における全国初の運営委託の取り組み」とし、福岡空港については「これまでで最大規模の空港(2015年度年間旅客数約2137万人)における運営委託の取り組み」としている。

    一方、神戸空港と富士山静岡空港は、それぞれ神戸市と静岡県が設置権者の地方空港地方自治体が運営する空港については、兵庫県の但馬空港が2015年1月よりターミナルビルを運営してきた但馬空港ターミナル株式会社に運営権を設定し空港一体の運営を行っている。

    しかし、但馬空港の場合は、空港を運営する但馬空港ターミナル株式会社の資本の3分の2を県や地元市町が保有し、県は人材を出向させているほか、補助金により経営を支援しており、完全に民営化された空港とは言えない。

    静岡県が設置権者の富士山静岡空港では、新たに企業を公募し、これまでターミナル運営をしてきた富士山静岡空港株式会社への県出資を止め、県が選定した企業が同社の株式の80%を保有する。

    富士山静岡空港株式会社の資本には地元自治体の出資が一部残るものの、基本的には民間資本となり、同株式会社により空港運営が行われることになる。静岡県空港政策課では事業者の選定について「地域と連携し静岡の発展に寄与していただける企業であれば、国内外を問わず対象になる」と話している。

    今年7月で民営化1年を迎える仙台国際空港では、格安航空会社(LCC)のピーチ・アビエーションが拠点化するほか、新路線の開設や増便が相次いでおり、空港と周辺との交通アクセスも充実してきているという。国土交通省航空ネットワーク企画課では「LCCを中心に民間独自の目線での取り組みが活発化している」と分析している。

    同省によると、熊本空港、広島空港でも民営化の検討が行われており、また、北海道では国、道、市が管理する7空港について一括して民営化することが検討されている航空会社が乗り入れている空港は全国に97あるとのことなので、空港民営化の取り組みはまだ始まったばかりといえる。

    PFIは政府全体で進めている施策。国土交通省は今後、積極的に空港民営化を推進していく方針だが、まずは地元で十分な協議を重ねて民営化に対する理解を得ることが重要だとしている。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170616-00000008-wordleaf-bus_all


    2:名刺は切らしておりまして:2017/06/16(金) 22:07:46.48 ID:EZYaZG/B.net
    オリックスと仏・ヴァンシ・エアポートが中心になって設立した関空+伊丹の運営会社
    「関西エアポート株式会社」は・・・・・・・ : 神戸「市営」空港・・・・要らない。

    3:名刺は切らしておりまして:2017/06/16(金) 22:14:19.47 ID:SggjeCgZ.net
    静岡とか但馬とか民営化してやってけるわけねーだろw

    4:名刺は切らしておりまして:2017/06/16(金) 22:25:37.37 ID:2HuJ1EoN.net
    そして破綻…イオンモールへ。

    5:名刺は切らしておりまして:2017/06/16(金) 22:40:15.16 ID:8qAjIDbc.net
    静岡空港は推進に噛んだ鈴与に責任取らせろよ。航空会社もあるんだし。
    小田原と豊橋から静岡空港に来るって青写真見た時は馬鹿じゃねと思った。東部なら羽田行くわ。

    9:名刺は切らしておりまして:2017/06/17(土) 03:05:49.38 ID:Lnb7I/TY.net
    静岡に空港があったんだ

    10:名刺は切らしておりまして:2017/06/17(土) 09:33:54.54 ID:/KrZuP8M.net
    静岡は廃止してお茶畑に

    11:名刺は切らしておりまして:2017/06/17(土) 10:01:20.95 ID:JSlGlGbd.net
    静岡市の人口減少対策として静岡⇔成田便を言い出したりする
    もはや頭がおかしくなったとかおもえない静岡県

    14:名刺は切らしておりまして:2017/06/17(土) 15:44:56.39 ID:vgvK3jiw.net
    関空伊丹だから成功したのであって、
    他は無理だ。

    18:名刺は切らしておりまして:2017/06/17(土) 21:50:36.14 ID:JK+ujGWb.net
    >>14
    関空・伊丹は民営化(経営統合)前は典型的な役所主導のダメダメ運営だったぞ。


    15:名刺は切らしておりまして:2017/06/17(土) 16:31:33.16 ID:hagre6sT.net
    福岡は余裕だろ。
    他はアレだが。

    (source:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1497617911)

    関連記事

     スポンサードリンク

    topics
    コメント欄

    【航空】進む空港の民営化 高松、福岡、神戸、静岡空港が民間運営へ

    1. 774@本舗:2017/06/18(日) 21:51:03
    2. 福岡は地権者が松本ドラゴンなんだっけ?すぐ近くの海に移転したらいいのに
      高松は高松駅まで地下鉄繋げばいいのに

    3. 774@本舗:2017/06/18(日) 21:52:48
    4. 静岡は要らないよね。
      静岡市民より

    5. 774@本舗:2017/06/18(日) 22:36:39
    6. マジで静岡はいらないな。
      御殿場市民より

    7. 名無しさん:2017/06/18(日) 22:42:33
    8. 静岡住まいの人で、仕事でちょくちょく海外に行く人でさえ静岡空港なんて使わないで新幹線で東京まで出て羽田使うって言ってたな

    9. 774@本舗:2017/06/18(日) 22:43:46
    10. 静岡と神戸はもうなくしてやれ

    11. 774@本舗:2017/06/18(日) 23:31:17
    12. 神戸は富裕層が直近に居るのに活かせばいいのにな

    13. 774@本舗:2017/06/19(月) 15:19:51
    14. ※6
      滑走路長が2500mしかなく、プライベート・ジェットでなければ、台湾、上海、北京、ソウルあたりが限界。
      それに、西向きに離陸すると、明石海峡大橋を避けないとならないし... 制限が多すぎます。

    15. 774@本舗:2017/06/21(水) 12:31:48
    16. 静岡あれは観光用だな、ただ中国便乗りたいときは羽田までの交通費や時間考えると大分楽。
      車降りて一分でカウンターだし。

    17. 774@本舗:2017/06/22(木) 11:21:40
    18. 高松が民営化されたら今まで国が管理してたから不必要だった空港使用届を提出しないといけなくなるのか…
      アレ書くの面倒なんだよな。訓練でよく高松行くからちょっと残念

    コメントの投稿






    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL

    Google検索
    スポンサードリンク
    月別アーカイブ
    ブログ内検索
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    タグ




    topへ戻る