エアライン本舗

飛行機・旅客機・空港・航空関連
HEAD LINE
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • entry_img_3964.jpg



    1:紅あずま ★:2017/06/01(木) 15:29:59.21 ID:CAP_USER9.net
    ロシアの新型ジェット旅客機、業界に大変革をもたらすか
    ロイター通信:2017年 06月 1日 11:29 JST
    http://jp.reuters.com/article/russian-jet-idJPKBN18S3OF

    [パリ 29日 ロイター] - 今月初飛行に成功したロシアの新型ジェット旅客機は、米ボーイングと欧州のエアバスによる2大支配に挑むには苦戦を強いられるかもしれないが、未来のジェット旅客機に大変革をもたらす可能性がある。

    ロシアの統一航空機製造会社(UAC)が開発した単通路型旅客機「MS21」は、高コストのオートクレーブと呼ばれる複合材硬化炉を使わず、軽量の炭素繊維複合材で造られた主翼で飛行する初の旅客機だ。

    同機は、複合材を用いた航空機建造において、より安価で早い方法を探し求める欧米ライバルたちがすでに検討しているテクノロジーの試金石となると、航空業界の幹部やサプライヤーらは指摘する。

    ボーイングは次期大型旅客機「777X」向けの主翼を製造するのに世界最大のオートクレーブを建設したが、最もよく売れている737型小型機と大型機の中間に位置づけされる新型中型機(NMA)の選択肢を模索している。

    「NMAの一部がオートクレーブを使用せずに製造される可能性は十分ある」と、同プロジェクトに詳しい人物はこう話した。

    ボーイングの広報担当者は中型機の市場機会を研究中だとし、詳しくは語らなかった。

    関係筋によると、NMAに使用するテクノロジーとしてボーイングが何を選択するかは、2030年以降に登場が見込まれ、今世紀後半になっても残るであろう次世代の737型機の基礎を築くものになるという。

    ボーイングはまだ明らかにしていないが、業界筋によると、戦略のなかには座席数160─210席のジェット旅客機3機が含まれ、NMA開発で使われるのとほぼ同じ製造システムで建造されるという。

    どちらも30年にわたり建造され、さらに20─30年間就航する可能性が高い。したがって、現在のテクノロジーの選択が今後75年間という壮大な年月の旅客機建造の鍵を握ることになる。

    ボーイングの中型ジェット旅客機への対抗策を検討するエアバスも、このテクノロジーについて注視していると、CNNが先月報じた。エアバスは同報道についてコメントしなかった。

    <極めて重大な決断>

    航空業界では1970年代から複合材が使用されているが、過去10年で特に大きな進歩を遂げた。ボーイング787型機(ドリームライナー)とエアバスA350型機が就航を開始し、大部分の金属部品が軽量の炭素繊維に代わり、燃料費を軽減できるようになった。

    長距離ジェット旅客機では、燃料費が安く済めば、たとえ航空機の建造費が高くついても、それは価値あることだ。他方、NMAや未来の737型機のような、燃料が少なくて済む短距離航空機の場合、建造費を安く抑える方法を見いだすことがより重要になる。また、オートクレーブの使用を回避することもその一助となり得る。

    オートクレーブを必要としないテクノロジーに賭けるのは、航空宇宙産業への比重を高めつつある米ヘクセル(HXL.N)やベルギーのソルベイ(SOLB.BR)、日本の東レ(3402.T)など、複合材を提供するサプライヤーにとっても大きなギャンブルだ。

    最近パリで開催された見本市では、ヘクセルとソルベイはオートクレーブを使用しない部品の試作品を展示。量産供給に向け準備をしているという。

    「オートクレーブを使用せずに、いかに早く部品を量産できるかは、航空産業における大きな課題の1つだ」とヘクセルのビジネス開発マネジャー、ヘンリ・ジラルディ氏は語る。ただし、旅客機メーカーは性能の低下は受け入れないだろうと付け加えた。

    ※以下省略、続きは掲載元でご覧下さい


    6:名無しさん@1周年:2017/06/01(木) 15:32:51.38 ID:BmPvHZ2t0.net
    ここに三菱重工をどう絡めるか

    197:名無しさん@1周年:2017/06/02(金) 00:54:46.60 ID:LEzswZeN0.net
    >>6
    三菱は三菱でも、三菱レイヨンが

    13:名無しさん@1周年:2017/06/01(木) 15:48:10.94 ID:s5Pr+72jO.net
    “ジオン幻の決戦兵器”て感じのナンバリングだな

    37:名無しさん@1周年:2017/06/01(木) 16:07:11.82 ID:lbm45mAQO.net
    >>13
    調べたらMS-21はドラッツェだった

    15:名無しさん@1周年:2017/06/01(木) 15:49:49.44 ID:J0NFwkin0.net
    なんかボーイングのコピーみたいだなー。
    昔のロシアのかっこよさは何処へ

    17:名無しさん@1周年:2017/06/01(木) 15:50:22.34 ID:vLi/J9hQ0.net
    炭素繊維素材の主翼って三菱ジェットがやりたかったことけ

    19:名無しさん@1周年:2017/06/01(木) 15:54:37.73 ID:emm5m9ni0.net
    またパクられたか

    60:名無しさん@1周年:2017/06/01(木) 16:35:58.14 ID:DcKn1tVg0.net
    >>19
    お前、バカだろ。パクるどころかロシアが最先端を走ってる分野だぞ。

    35:名無しさん@1周年:2017/06/01(木) 16:06:17.36 ID:DcKn1tVg0.net
    >>1
    ボーイング、エアバスが頼みにするロシア企業
    チタン部品の5割前後を依存、経済制裁にびくともせず
    http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/46637

    ボーイング787より進んだロシアのカーボン製主翼
    西側専門家を驚愕させた新型旅客機「MS-21」の技術的優位性
    http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/46034

    32:名無しさん@1周年:2017/06/01(木) 16:02:34.34 ID:A1hZESgO0.net
    セールスにはFAAの型式証明がどうなるかだな

    40:名無しさん@1周年:2017/06/01(木) 16:12:06.80 ID:2sjDz5NU0.net
    ずいぶんと古風なスタイルだな。 実績安全性を重要視したのかな?

    42:名無しさん@1周年:2017/06/01(木) 16:14:53.54 ID:55XyIy8v0.net
    MS-21初飛行


    53:名無しさん@1周年:2017/06/01(木) 16:31:18.37 ID:QLgTLI+j0.net
    東レやばいな
    高級品じゃないと飛行機には使えませんよと言っていたのに
    これでは台湾に仕事とられてしまう

    77:名無しさん@1周年:2017/06/01(木) 16:51:59.05 ID:F3EmEvHO0.net
    普通すぎてつまらん、ロシアはへんな曲線とかふくらみないと

    120:名無しさん@1周年:2017/06/01(木) 19:21:47.76 ID:kQRwVdOf0.net
    MRJがグズグズしてる間に競合機種がどんどん増えていく

    131:名無しさん@1周年:2017/06/01(木) 20:17:14.56 ID:QMitegXO0.net
    >>120
    残念ながら競合機種じゃない。
    MS-21はワンクラス上のカテゴリー。

    138:名無しさん@1周年:2017/06/01(木) 21:48:56.93 ID:irx7YEXf0.net
    オートクレーブ無しでも最初っから多少ガタがあっても動く設計にしておけばいい。
    ウォッカドランカーに精密加工を要求する方が間違ってる。
    というか性能を追求し過ぎて生産性を考えてない日本の方が問題。
    工員はみんなプロフェッショナルの前提で設計しやがる。

    139:名無しさん@1周年:2017/06/01(木) 21:55:41.26 ID:DcKn1tVg0.net
    >>138
    部品の精度が低くて噛み合わせが悪くても、それなりに動作するAK47の発想だね。

    146:名無しさん@1周年:2017/06/01(木) 22:08:24.73 ID:Jmt8TH0M0.net
    航空材料で日本の独占であった炭素繊維素材を用いないでコストも安くなる工法なので、ロシアのこの新型機はイノベーション革命でもある つかどうするだ素材産業にっぽん?

    168:巫山戯為奴 ◆TYUDOUPoWE :2017/06/02(金) 00:25:14.03 ID:8ZJcdTcq0.net
    ドライカーボンでないて言うと、巷とか自動車業界で言えばなんちゃってとかウェットカーボンとか言われる成型技術で
    樹脂の含有率が増える重さに対して強度下がるタイプ、まあ余り強度の要らない所はドライで有る必要は無かったりする所には
    ウェットで薄くて良かったりもする。

    171:巫山戯為奴 ◆TYUDOUPoWE :2017/06/02(金) 00:29:12.33 ID:8ZJcdTcq0.net
    まあロシアはチタンで作ってるのかと思えば航空機外板をステンレスで作るとかする。

    一方ソ連は鉛筆を使ってたって技術だな。

    (source:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1496298599)

    関連記事

     スポンサードリンク

    topics
    コメント欄

    ロシア、新型ジェット旅客機「MS21」の初飛行に成功 安価で軽量な炭素繊維複合材の主翼

    1. 774@本舗:2017/06/04(日) 21:25:28
    2. ロシア製ならメートル法準拠だから、エアバスの商圏か?

    3. 774@本舗:2017/06/04(日) 21:47:23
    4. うーん、見た目はアメリカ製と言われても信じてしまうな・・・

    5. 774@本舗:2017/06/04(日) 22:50:58
    6. というか今後はどの企業でも見た目で差が出なくなるだろ
      みんないかに効率的に飛べるかを競っているんだから最終的には同じような形で落ち着く

    7. 774@本舗:2017/06/05(月) 01:17:23
    8. ロシアのお家芸だな。
      安くてシンプルで設計上の許容範囲が大きい。多少の誤差は想定ない。
      冶金学は今でもロシアは世界トップだしな。

    9. 774@本舗:2017/06/05(月) 20:16:48
    10. なんか勘違いしてるやつがいるようだけど、航空機じゃ日本よりずっと上だぞ?
      日本は飛行機を作れる国の中では下のほう
      はっきり言って国力・経済力の割にはかなり遅れてる

    コメントの投稿






    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL

    Google検索
    スポンサードリンク
    月別アーカイブ
    ブログ内検索
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    タグ




    topへ戻る