エアライン本舗

飛行機・旅客機・空港・航空関連
HEAD LINE
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • entry_img_3923.jpg



    1:きつねうどん ★:2017/05/21(日) 22:59:12.31 ID:CAP_USER.net
    いまから90年前のきょう、1927年5月21日、単葉機「スピリット・オブ・セントルイス号」で大西洋無着陸横断飛行に挑んだアメリカの郵便飛行士チャールズ・リンドバーグ(25歳)は、この日夜10時24分(フランス時間)、パリのル・ブルジェ飛行場に降り立った。前日にニューヨーク郊外のルーズベルト飛行場を飛び立ってから33時間30分をかけての快挙であった。

     ただし、リンドバーグは、飛行機による大西洋無着陸横断の最初の成功者ではない。すでに1919年には、オールコックとブラウンという2人の飛行家が、カナダのニューファンドランド島からアイルランドへ無着陸で飛んでいた。「リンドバーグの飛行の目新しさはただ、ニューファウンドランドから飛び立つかわりに、ニューヨークからパリへという経路をたどったこと、正確に目的地に達したこと、そして彼がたった一人だったということだけである」(F.L.アレン『オンリー・イエスタデイ―一九二〇年代・アメリカ―』藤久ミネ訳、筑摩書房)。

     しかし「たった一人」での挑戦だったからこそリンドバーグは英雄となった。離陸が伝えられると、ニューヨークのヤンキースタジアムに特設されたボクシングの試合場では、場内アナウンサーの呼びかけで4万人の観衆がリンドバーグのため祈りを捧げた。パリでも、待ちかまえていた群集が、着陸直後のスピリット・オブ・セントルイス号に殺到する。機内をのぞきこむ人々にリンドバーグはまず「ここに整備士はいませんか?」と訊ねたという(A.スコット・バーグ『リンドバーグ――空から来た男(上)』広瀬順弘訳、角川文庫)。

     リンドバーグの成功を伝えるアメリカの新聞各紙は軒並み売り上げを伸ばした。彼の帰国にあたっては、当時の米大統領クーリッジが海軍の巡洋艦を差し向けている。帰国後にはワシントンやニューヨークなど全米各地でパレードが行なわれ、数百万人もの人々が若き英雄を迎えた。ニューヨークのパレードで舞った紙吹雪は1800トンにおよんだと伝えられる。なお、ニューヨークではその後も、アメリカ最初の地球周回飛行(1962年)や人類初の月面着陸(1969年)に成功した宇宙飛行士らによるパレードが行なわれたが、紙吹雪の量だけでいえば、いまだにリンドバーグを超えた例はない。



    http://bunshun.jp/articles/-/2520


    2:Ψ:2017/05/21(日) 23:00:12.12 ID:CaDi8KGd.net
    >ただし、リンドバーグは、飛行機による大西洋無着陸横断の最初の成功者ではない。
     

      _ノ乙(、ン、)_チッ…

    3:Ψ:2017/05/21(日) 23:00:51.73 ID:7YqFYcs6.net
    夢見る重さに負けちゃいけない

    傷つく勇気を忘れちゃダメさ

    5:Ψ:2017/05/21(日) 23:06:59.62 ID:NS+mM2Ul.net
    今すぐKISS ME

    7:たま (*'-'*) ちゃん ◆c4mDvi.Hm6 :2017/05/21(日) 23:09:58.74 ID:oDNSf4jA.net
         ~
        ノJJJし    昔リンドバーグ自伝、読んだな
        ( *'-'*)    大学を卒業だったか中退だったかしたあと
       ,ノ゙゙゙゙゙ハヽ、   母親に飛行機乗りになりたいと言った時
      `~し-Jー′   当時まだ危険だった飛行機乗りになることを
                母親は反対したけど、結局最後は
                「お前の好きなように生きなさい」と言ってくれたそうだ
                このくだりが一番すきだったな
                「翼よ、あれがパリの灯だ」、か

    8:たま (*'-'*) ちゃん ◆c4mDvi.Hm6 :2017/05/21(日) 23:26:12.89 ID:oDNSf4jA.net
         ~
        ノJJJし    ライト兄弟は確かにすごいな
        ( *'-'*)    地元の工業高校中退でありながら
       ,ノ゙゙゙゙゙ハヽ、   アメリカ合衆国から多額の資金援助を得て
      `~し-Jー′   飛行機械の研究をしていた、エール大学の応用物理学者
                サミュエル・ラングレーよりも先に、飛行機械完成させたんだからな
                当時絶対的だった、オットー・リリエンタールの飛行記録に誤りがあることを
                発見したのも、本当に感心するよ
                論理性、創造性、そして従来の権威を何とも思わない独立性
                今考えても、教わることが多いよ

    10:Ψ:2017/05/22(月) 00:05:05.00 ID:Ne7F9xKv.net
    ここまで"オルティーグ賞"なし(賞金$25,000)
    勿論資金を拠出したセントルイス市民、無理に応じたライアン社(ホール)、より長い滑走路を譲ったバード、数多の人々の協力あってのものだけどね

    12:Ψ:2017/05/22(月) 01:19:20.02 ID:GKr0/pNv.net
    青森ーシアトル、太平洋無着陸横断がリンドバーグほど騒がれないのは
    パイロットのパンクボーンが、とんでもないチンピラだったから

    14:Ψ:2017/05/22(月) 03:33:55.03 ID:Ne7F9xKv.net
    >>12
    ニューヨークーパリ無着陸横断と、日本のどこか(北緯45度以南)ー米国のどこか(北緯50度以南)、結果的に三沢市ーウェナッチ市、じゃパーソナリティ以前に端から価値が違いすぎる

    13:Ψ:2017/05/22(月) 01:27:06.89 ID:R7ABnINm.net
    リンドバーグは昔、世界一周の途上
    北海道の根室市にも飛んで来てたんですよ^ ^

    (source:http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/liveplus/1495375152)

    関連記事

     スポンサードリンク

    topics
    コメント欄

    5月21日はリンドバーグが大西洋無着陸横断飛行に「たった一人」で成功した日です

    コメントの投稿






    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL

    Google検索
    スポンサードリンク
    月別アーカイブ
    ブログ内検索
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    タグ




    topへ戻る