エアライン本舗

飛行機・旅客機・空港・航空関連
HEAD LINE
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • entry_img_3883.jpg



    1:ののの ★:2017/05/08(月) 00:55:58.46 ID:CAP_USER.net
    GEの「製造革命」はどのように実現したのか

    航空機エンジンは大きくて複雑だが、驚くほど小さな部品がその性能に大きな違いを生み出すこともある。今からさかのぼること10年、GEアビエーションとフランスのサフラン・エアクラフト・エンジンの合弁企業であるCFMインターナショナルは、燃費効率の良い新型エンジンの開発に着手した。

    LEAPエンジン開発のはじまり
    これが昨年夏から商業運転を開始したエアバスA320neoに搭載されているLEAPエンジン開発のはじまり。CFMインターナショナルが手掛けるエンジンは単通路型のナローボディー機用エンジンが主流で、このマーケットは規模が大きいため収益が期待できる一方、燃料消費と排気ガスを劇的に低減させる必要性に直面していた。

    そんな中、カギとなったのは燃料ノズルだった。GEアビエーションは、試行錯誤の末、効率的にエンジンの燃焼器に燃料を噴射できる燃料ノズルの設計に成功した。…
    (略)

    https://newswitch.jp/p/8923



    3:名刺は切らしておりまして:2017/05/08(月) 00:58:20.36 ID:BINyQH9e.net
    日本は未だに職人芸頼りのへら絞りや削り出しだっけか
    未来は無いな

    7:名刺は切らしておりまして:2017/05/08(月) 01:35:04.53 ID:9lajvZ+Y.net
    ちゃんと世に浸透してるんだな。安心した。

    >>3
    つーか鍛造品の強度は3Dプリンタでは無理だろ。
    鋳物強度までが限界。

    21:名刺は切らしておりまして:2017/05/08(月) 02:20:36.13 ID:qkYP9yYQ.net
    >>7
    この部品は鍛造できないから無意味な比較では?
    とりあえず焼結はして密度あげてる。

    6:名刺は切らしておりまして:2017/05/08(月) 01:08:38.75 ID:dev376eZ.net
    3Dプリンタの話を聞くとスタートレックのレプリケーターを思い出す

    あんなのがあれば製造工程や技術は不要でメニューと必要量の分子さえあれば量産できるんだよな
    生きている間に見てみたいもんだねえ

    9:名刺は切らしておりまして:2017/05/08(月) 01:42:52.85 ID:53VnGL7F.net
    冷却材の流路を自由自在に設計できる点が魅力的だよな

    10:名刺は切らしておりまして:2017/05/08(月) 01:45:38.80 ID:Tlp7VUIB.net
    http://www.gereports.com/post/116402870270/the-faa-cleared-the-first-3d-printed-part-to-fly/
    これがLEAPエンジンの3Dプリントインジェクター

    14:名刺は切らしておりまして:2017/05/08(月) 02:02:07.57 ID:6W7ZCJfM.net
    >>10
    こう言う感じのパーツなんだ
    複雑だけど、それほど強度必要なさそうだし、3Dプリンタ向けだね

    11:名刺は切らしておりまして:2017/05/08(月) 01:50:47.38 ID:v2g064oq.net
    巨大3Dプリンターで航空機エンジンのタービンブレードを作ってる時代だものなあ。
    一気に成型できるから部品も単純化できてコストも安くなるし。

    設計段階で試行錯誤するとき直ぐに実物作って確かめられるってだけでもめっさ便利。

    12:名刺は切らしておりまして:2017/05/08(月) 01:56:04.56 ID:30r3P8b2.net
    3Dプリンターにも限界はありそうだけど
    どこまで進化するんだろうな

    35:名刺は切らしておりまして:2017/05/08(月) 03:30:01.28 ID:3AlHRJIT.net
    >>12
    100年以内には生物は印刷できるぐらいまでは進化しそうな気がする
    インクジェットプリンタとかレーザープリンタと違って理屈上の制限が全くなく、3Dで再現できるものが全て3Dプリンタの範疇だからいずれ理論上の限界まで行くと思う
    プリンタ自体の限界は遥か遠い将来は時空や多次元まで含めてプリントしてると思う

    37:名刺は切らしておりまして:2017/05/08(月) 05:24:41.16 ID:U0RTDOP9.net
    この技術は粉を積んでいく機構が機械工学の制約に縛られているから
    >>35みたいな超科学みたいなのは無理だろうね。結局、精度なんかは職人()が作った
    3Dプリンタ(のアクチュエータ部分)の能力で決まってしまう

    現在、どの程度の精度でモノが作れてるのかは知らないが、目に見えるサイズの物を
    たとえば0.1um以下の精度で作るのは無理かもしれない(これは今の人間が想像しうる範囲内にとどまる)

    逆にナノメートルオーダーのごく小さいモノを作るのに応用できるかもしれない
    こっちは昔流行ったナノテクノロジがリバイバルする起爆剤になったりして

    当時のナノテクノロジは半導体技術の応用だったからどうしても平面的なモノばかりだった
    あるいは原子サイズのものはSTMベースの量産できないようなモノであり
    その間を埋めるかも知れない

    13:名刺は切らしておりまして:2017/05/08(月) 01:59:42.90 ID:l23HR/Nf.net
    3DプリンターはここまできたーーGEの“本気の”積層造形ラボ 『アディティブ・テクノロジー・アドバンスメント・センター(CATA)』内部を大公開!
    http://gereports.jp/post/150156478384/3d-printers-at-cata

    17:名刺は切らしておりまして:2017/05/08(月) 02:12:36.46 ID:Tlp7VUIB.net
    中国も進んでいるな。日本はこの分野では完全に後追いか?

    華曙高科のターボジェットエンジン用の3Dプリントタービンローター
    100,000 rpm台上試験に合格、従来製造法のタービンローターを超える。
    160,000 rpmテストも視野。
    http://www.3ders.org/articles/20170221-farsoons-3d-printed-turbojet-engine-passes-100000-rpm-test.html
    http://www.3dimperial.com/imperial/front/news/informationView/
    smallCategoryId/1/id/19299.html

    23:名刺は切らしておりまして:2017/05/08(月) 02:24:06.98 ID:l23HR/Nf.net
    GEが誇る3Dプリンター技術 | 航空機エンジン部品はどう作られるか


    25:名刺は切らしておりまして:2017/05/08(月) 02:32:33.18 ID:/4GxteET.net
    ボトルシップの船を取り出すには瓶を割るしかしょうがないみたいなことがあるんじゃないかな。
    不具合を検査しようにも修理しようにも解体できないから全取っ替えみたいなことになりそう。

    26:名刺は切らしておりまして:2017/05/08(月) 02:33:23.99 ID:U0RTDOP9.net
    むしろ航空機だから使える手法かもなぁ・・・
    高額なエンジンだからプリントアウトに時間が掛かってもコスト的に割に合う

    積層しながらレーザーだか電子線ビームだかで加熱していくというのは面白いなぁ

    29:名刺は切らしておりまして:2017/05/08(月) 02:42:39.47 ID:1hVVeaH9.net
    なまじ職人の技術があると新技術への移行は遅くなるよな
    ただ過度の機械化、自動化は人類の敵やなw

    30:名刺は切らしておりまして:2017/05/08(月) 02:45:29.40 ID:aScqKXqI.net
    耐久性が劣るとか言ってたやつが嫌儲のスレでもさんざん叩かれてたなw

    32:名刺は切らしておりまして:2017/05/08(月) 02:47:46.06 ID:7akCrg4A.net
    317 名前:番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です (ワッチョイ 9f18-Ogwz)[] 投稿日:2017/05/07(日) 14:56:56.63 ID:nGsbVyu+0 [2/2]
    >>274
    そんなレベルの話ではなくて

    安くて強度も向上させる設計をしたら
    もう鋳造では実現不可能なレベルに行っちゃって
    3Dプリンターで造形したら構想の5倍の耐久性が実現したって話だよ



    こんなの切削じゃ出来っこない

    39:名刺は切らしておりまして:2017/05/08(月) 05:43:39.07 ID:6dmuqpVu.net
    金属整形の3D Printerが100万単位で買えるようになったから、どんどん普及するでしょ。
    昔は億単位だったのに、特許が切れてどんどん安くなってる。

    41:名刺は切らしておりまして:2017/05/08(月) 06:17:11.78 ID:7c0SLgZE.net
    機械が設計して機械が作る時代が来るのか・・。
    人間いらないよね・・。

    44:名刺は切らしておりまして:2017/05/08(月) 07:22:55.81 ID:RVSp7KHE.net
    工業製品は量産性を重視するからそもそも複雑な形状にしない
    一点モノなら手作りが勝から模型や造形しか普及しないんじゃないんだろうか?

    59:名刺は切らしておりまして:2017/05/08(月) 13:55:31.39 ID:3tC/NYbQ.net
    >>44
    量産性を考慮して複雑な形状に出来なかったのが
    その制約がなくなるやろ
    何個もの部品を1個の部品に置き換えられれば組み立てコストを含めればペイするかもしれない
    一品モノだって図面だして砂の鋳型から削りだし表面加工と職人技と3Dプリンタ
    どっちが優位にあるか明らか

    55:名刺は切らしておりまして:2017/05/08(月) 10:53:09.08 ID:nVLUJR0F.net
    >>44
    航空機の年間台数は、ボーイング、エアバスがそれぞれ年700機ぐらい。
    双発だからエンジンの数は倍だが、全てにGEのエンジンが載るわけではない。
    調べれば細かい数字は出てくると思うが、まあざっくりと年1000個と仮定しよう。
    1日あたり、4個か5個作るぐらいの計算になるのかな?

    一品物と呼ぶには明らかに多過ぎるが、この程度でも量産と十分呼べる規模なんだろうか?

    56:名刺は切らしておりまして:2017/05/08(月) 11:30:19.02 ID:wFupBf1H.net
    >>55
    既に出てる飛行機のエンジンの補用部品もあるし、相当な数になるだろ。
    3dプリンタ使うには丁度いいレベル

    45:名刺は切らしておりまして:2017/05/08(月) 07:31:28.71 ID:tVBY9WC9.net
    時代も変わったな。だいぶ昔機械系のエンジニアやってて
    複雑な形状の部品も色々設計したがまず機械加工出来るかどうかを
    念頭において設計しないといけなかった。3Dプリンターだったら
    不可能な形状はほぼ無さそうだな。中が空洞とか何でもありだから。

    65:名刺は切らしておりまして:2017/05/08(月) 17:14:31.02 ID:N8hLSSwa.net
    よく知らない夢見がちな人と、現実を知ってる人とで見解が異なりすぎて話になってない

    とりあえず産業構造は変化するにせよ3Dプリンタで機械加工が無くなることはまずない

    まず、現時点で大きさが最大サイズで300角までという小ささよ
    それに精度は必要だけど構造は旋盤のみでOKなものはいくらでもあるし、その場合は旋盤でやった方が圧倒的に速い

    他にも色々あるけど、どちらかというとAIに脅威を感じてる業界の人です

    69:名刺は切らしておりまして:2017/05/08(月) 19:05:54.62 ID:0Pqy3RJB.net
    残念なのは、産業が発達しているにも関わらず、フィードバックが教育現場に反映されないこと。
    今のままでは、太刀打ち出来ない。

    (source:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1494172558)

    関連記事

     スポンサードリンク

    topics
    コメント欄

    【製造革命】航空機エンジンの部品は、もはや3Dプリンターなしでは作れない!

    1. 774@本舗:2017/05/09(火) 16:48:04
    2. 違う話をするけど、ガソリンエンジンって結構効率悪いんだよな
      3Dプリンターじゃなきゃ作れないようなもので何とか出来んのだろうか

    3. 774@本舗:2017/05/10(水) 16:58:28
    4. ガソリンエンジンが熱効率3割を超えられないのは振動、熱、音にエネルギーが逃げていくのが原因だからどうだろうね。

    コメントの投稿






    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL

    Google検索
    スポンサードリンク
    月別アーカイブ
    ブログ内検索
    タグ


    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

     



    topへ戻る