エアライン本舗

飛行機・旅客機・空港・航空関連
HEAD LINE
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • entry_img_3531.jpg



    1:海江田三郎 ★:2017/01/19(木) 12:15:54.01 ID:CAP_USER.net
    http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/report/15/110879/011800541/

    川崎重工業が防衛省向けに開発した新型輸送機「C2」の民間転用(スピンオフ)を事実上断念したことが「日経ビジネス」の取材で分かった。民間貨物機市場の開拓による量産効果を狙っていたが、商用化に必要な「型式証明」などを新たに取得するには莫大なコストが発生する恐れがあると判断した。型式証明の取得をめぐっては、三菱航空機の国産ジェット旅客機「MRJ」でも苦戦しており、事業化が大幅に遅れている。

    C2輸送機は航空自衛隊の「C1」輸送機の後継機として、防衛省と川崎重工が2001年から開発を進めてきた。機体を大型化することで搭載量をC1の4倍弱の約30トンに増大、速度や航続距離も向上したのが特長だ。装甲車やトラック、建設機械、ヘリコプターなどを運搬でき、島しょ部での有事や国連平和維持活動(PKO)の際、部隊の迅速展開に用いる。

    開発には2600億円強をかけ、2016年6月に量産初号機を空自に納入。C1以来、43年ぶりの国産輸送機として注目を集めた。ただ、開発途上で機体の強度不足などに対応した結果、当初予定より約5年遅れての納入となった。調達価格も1機当たり約200億円と、2009年度の想定であった約150億円を大幅に上回っている。

    最終的には防衛省が30機程度を調達する見通し。ただ、これだけの開発費を投入した以上、なるべく販路を広げて生産機数を増やそうとするのは当然の発想で、民間転用という視点は早くから浮上していた。
    (続きはサイトで)


    8:名刺は切らしておりまして:2017/01/19(木) 12:40:34.87 ID:wJjz16G8.net
    それより民生用オスプレイだろ。
    結構離島便にニーズはあるはず。

    とくに小笠原。孀婦岩経由とか絶対見に行く。

    10:名刺は切らしておりまして:2017/01/19(木) 12:48:26.77 ID:aMCRXKTs.net
    まあ日本の航空産業の難点って
    「ほぼ新規参入状態」「最新型航空機への基礎技術力の欠如」
    それと「対カスタマーノウハウが皆無」ってことだよね

    特に日本企業の対カスタマーノウハウが無いのが深刻で
    政治的取引として鉄板扱いだったインドへのUS-2売却も
    インド側がそこに不安を示していまや停滞してる現状だし
    (まあインド側の揺さぶりでもあるんだろうけど、その材料にされて当然な現状でもある)

    11:名刺は切らしておりまして:2017/01/19(木) 12:59:16.19 ID:+a3dk4y7.net
    元記事には軍用としての海外輸出もそう簡単ではないと書いてあった。う~ん。

    12:名刺は切らしておりまして:2017/01/19(木) 12:59:35.80 ID:birRnGvB.net
    型式証明の取得で腰が引けるようじゃなぁ。
    まぁ、今は単独で商用の航空機を作り時代じゃないけどさ。。

    14:名刺は切らしておりまして:2017/01/19(木) 13:18:30.66 ID:B7+QOMtM.net
    >>12
    腰が引けてるというより、取れないのではないか?

    日本の安全証明なら国土交通省だからともかく、世界で売るならFAAの証明はガチ。

    しっかり調べられて、安全に疑問符がついたら、自衛隊納入も飛ぶと判断したのではないかな。

    欠陥を隠してというか知らない体で空自がいれたのはF1という前例がある。

    39:名刺は切らしておりまして:2017/01/19(木) 21:44:58.87 ID:W9pUCiMJ.net
    >>14
    安全性は担保されるべきだが、もしかしたら非関税障壁かもしれないね

    15:名刺は切らしておりまして:2017/01/19(木) 13:20:33.75 ID:ZLvtTK+P.net
    適当な妄想記事だな
    そもそも、C2を本気で民間転用する気なんてなかったろうに、
    そんな動きもなかったし

    27:名刺は切らしておりまして:2017/01/19(木) 15:08:11.79 ID:B7+QOMtM.net
    >>15
    そもそも最初から、民間転用目指します。P1と共用して安くしますっていう話だった。

    それができないなら、納税者としては、本来的には開発費を返せと言う話ではある。

    44:名刺は切らしておりまして:2017/01/20(金) 13:59:45.15 ID:vT9njKj0.net
    >>15
    それはさすがにお前が知らなかっただけ。恥ずかしすぎるwww

    18:名刺は切らしておりまして:2017/01/19(木) 13:30:22.34 ID:aMCRXKTs.net
    まあ軍用機の中型輸送機シェア争いはもっとキツイからね
    てか海外への長距離戦略輸送が必要ならカネのある国はC-17を買うし
    普通の国ならは最新鋭ハークかKC-390なんかを買えばいいし
    (中国でもY-20を完成させたりしててこれが結構評価が高いそうだ)

    日本がC-2のNZへの売却狙ったのは
    NZが「OGと安全保障上対立しない存在で(こういう理由でインドネシアへの売却は日本的には難しい)
    そこそこのベイロードと海洋横断能力がある輸送機を必要な国」ってことだろうけど
    正直あれも対カスタマーノウハウが豊富なエアバスのA400M有利だろうからね
    まあこうなったらどっかの国に無償供与して無理くりにでも「実績」作るしかなんじゃね?(大暴論)
    >>15
    実現性の是非はともかくK重がYCXでマジだったのは事実だよ
    数年前から民間機案をファンボローやシンガポールのエアショーなどにまで持ち込んでたりしてたし
    てむしろYCXを活路にしたいって意気込みだった感

    16:名刺は切らしておりまして:2017/01/19(木) 13:25:32.35 ID:lQHWyE9L.net
    国内だけで運用すればいいじゃないか。

    25:名刺は切らしておりまして:2017/01/19(木) 14:17:38.49 ID:mg+I8L4A.net
    型式証明が不要な国で飛べばいいじゃん

    28:名刺は切らしておりまして:2017/01/19(木) 15:10:35.67 ID:B7+QOMtM.net
    >>25
    基本はそんな国ないから。

    例外はこの機の場合は日本の自衛隊で飛ばす場合。
    航空法の例外で飛べるから。

    29:名刺は切らしておりまして:2017/01/19(木) 16:13:50.75 ID:yjm23ytg.net
    白人以外で世界の飛行機を飛ばすのは無理です。
    たとえ中国でも無理だろうと思うよ。
    中国とロシアと日本が共同で申請すれば可能かもね。
    自動車の様に甘くない荷駄。

    41:名刺は切らしておりまして:2017/01/20(金) 12:13:47.48 ID:x4m+7eXd.net
    日本は、飛行機作るの下手くそ

    43:名刺は切らしておりまして:2017/01/20(金) 12:38:05.95 ID:GIKSbu0s.net
    アメリカの気分次第で取れない認証

    (source:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1484795754)

    関連記事

     スポンサードリンク

    topics
    コメント欄

    【スピンオフ】川崎重工、新型輸送機「C2」の民間転用を断念

    1. 774@本舗:2017/01/21(土) 12:03:34
    2. 自衛隊に空輸部隊作って、それに非営利といいながら高い金で危険地帯への輸送業務をさせる、尼当たりからは空中投下での配送を受け持つ、それにC2を何十機か買わせる。

    3. 774@本舗:2017/01/21(土) 18:42:32
    4. 新明和工業が計画中のUS-2民間転用型の「旅客輸送型」・「多目的型」・「消防型」の3タイプのうち、「旅客輸送型」について、「型式取得が困難なので、検討から除外する意向である」と言われているらしいそうだけれど、C2の民間転用型も同様の事で断念するとは・・・・・・・・・・・・・・・・いずれにしても、型式取得って、結構、難しいもんなのでしょうね。

    5. 774@本舗:2017/01/23(月) 21:37:53
    6. 属国の分際で好き勝手させてもらえる訳がなかろう

    7. 774@本舗:2017/01/29(日) 22:04:46
    8. ウォーターボマーにして売るとしてもダメかもわからんな。こりゃ。

    コメントの投稿






    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL

    Google検索
    スポンサードリンク
    月別アーカイブ
    ブログ内検索
    タグ


    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

     



    topへ戻る