エアライン本舗

飛行機・旅客機・空港・航空関連
HEAD LINE
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • entry_img_3352.jpg



    1:海江田三郎 ★:2016/11/27(日) 15:55:42.85 ID:CAP_USER.net
    http://wedge.ismedia.jp/articles/-/8319

    オートショーで公共交通が記者会見。前代未聞の出来事だが、今回のロサンゼルス・オートショーは「車が中心の話題とならなかった史上初のオートショー」と言われる。それを象徴するのが、ハイパーループ・ワンの存在だ。

    ハイパーループ・ワンはテスラCEO、イーロン・マスク氏が提唱する未来の乗り物、ハイパーループを実現させるべく動いている企業だ。マスク氏が技術をオープンソース化しているため、テスラやスペースXとは無関係に、独自に資本を集め現在ネバダ州ラスベガスにテストトラックを建設、走行実験を行なっている。

    そのハイパーループ・ワンのCEO、ロブ・ロイド氏が同社の現状についてのプレゼンテーションを行なった。アブダビとドバイ空港とを結ぶライン

    時速800-1000キロ、という超高速の乗り物は「世界の経済圏を変える可能性がある」とロイド氏は指摘する。例えば北欧の小さな町をつなぎ、ロシアや中欧との経済圏を打ち立てる。あるいは中国東北部、シベリア、カナダなどを結ぶ。これまで資源や技術があっても交通上の問題から発展から取り残されてきた地域が、ハイパーループ網により、大きな「地域」となる図式が描ける。

    ハイパーループ・ワンでは現在、中東UAEとの提携が進められている。まずは中心都市アブダビとドバイ空港とを結ぶラインの建設予定がある。

    ハイパーループとはほぼ真空状態のチューブの中を「ポッド」と呼ばれる流線型の乗り物が移動する仕組みだ。リニアのような電磁システムによりポッドは空中に浮かび、それを圧縮空気によってエアシューターのような原理で動かす。

    現在のハイパーループ・ワンの仕組みは、まず矩形のコンテナを用意し、中に人が乗れる、あるいは貨物を積めるカーゴとして設定する。各コンテナは自動運転装置により自力走行が可能で、このコンテナが人や貨物をピックアップ。その後4つのコンテナが結合して1つのポッドに収まりチューブ内を移動する。

    つまり、ハイパーループ・ワンは人と貨物を同時に高速で移動させることを目的とした装置作りを目指す。ロイド氏はこれこそが「アーバン・モビリティ・ソリューション」だと語る。つまりこのシステムには様々なフレキシビリティがある。高速鉄道は一定以上の人々が利用しなければ利益を生み出せないが、ポッドは少数の人の利用でも貨物輸送を兼ねるため、無駄が少ない。さらにコンテナを2つ繋げて大型貨物の輸送なども可能だ。

    UAEでの計画は全長159.4キロ、高速道路を使った車での移動では1時間以上かかる。しかしハイパーループ・ワンは「12分」で2つの都市をつなぐ、と確約する。すでに同社はドバイの道路交通局(RTA)との提携を結んでおり、昨年10月にはドバイのDPワールドグループから5000万ドルの出資を受けたことを明らかにした。

    現在ハイパーループ・ワンは来年初めのラスベガス・テストトラックでフルスケールのプロトタイプ走行を目指しているという。

    記者会見では、ハイパーループ・ワンが実際どのように運営されるのかを紹介するビデオも紹介された。スマホで簡単に予約、自動運転のコンテナが最寄り駅に到着、それに乗り込み、あとは自動でチューブを移動、目的地へ、という内容だ。

    ハイパーループシステムの実用化には疑問の声がある。もっとも多いものは「超高速で移動する乗り物に人間が乗った場合の影響」だ。ロケットやジェット戦闘機並みのGがかかるのでは、と言われ「乗客の吐瀉物で車内は悲惨なことになる」という意見まである。

    しかしロイド氏は「圧縮空気は低プレッシャーで、車内は静か、揺れもほとんどない」と主張する。当初のハイパーループのスケッチを見ると乗客はシートベルトで固定されるものだったが、今回発表されたスケッチではソファも用意され、ゆったりと移動できる内容になっている。

    来年のフルスケール走行実験が成功すれば、ハイパーループが未来の公共交通機関として大きな前進を果たすことになるだろう。中東でのシステム導入が果たされれば、世界中の交通網に大きな影響を与える存在となる世界中をハイパーループ網が結ぶ日は来るのか。将来が楽しみな技術であることは間違いない。


    3:名刺は切らしておりまして:2016/11/27(日) 16:02:34.42 ID:t0vLqz4e.net
    新幹線の代わりに導入されたら熱海から東京まで10分か。日帰り温泉アツイな。

    4:名刺は切らしておりまして:2016/11/27(日) 16:04:04.09 ID:ItUcOZlu.net
    もし、コンテナの外殻にヒビが入ったらと思うと怖くて乗れん。

    9:名刺は切らしておりまして:2016/11/27(日) 16:12:24.24 ID:N1OZdJwf.net
    リニアのような電磁システムで浮かぶ…
    この時点で空気による推進はいらんと思うがねw

    12:名刺は切らしておりまして:2016/11/27(日) 16:21:46.70 ID:WVD7qj4I.net
    さすがにこんだけ加速すりゃ、健康状態とかで一部の人に乗車制限かかるだろうと予想

    13:名刺は切らしておりまして:2016/11/27(日) 16:21:59.06 ID:4MJ1c4hf.net
    物流はこれでいいかも

    44:名刺は切らしておりまして:2016/11/27(日) 17:17:11.57 ID:ZH4dveD3.net
    輸送になら使えない事もないだろうが
    輸送に高速鉄道となると今度は必要性を感じない矛盾が

    18:名刺は切らしておりまして:2016/11/27(日) 16:29:31.07 ID:VAX0ycHS.net
    ま、飛ばし記事でカネを集めないといかん段階だなw

    20:名刺は切らしておりまして:2016/11/27(日) 16:33:25.99 ID:hDa2JEKp.net
    >>1
    これって保守管理にフツーの鉄道の人員とノウハウがまずは必要じゃねえのか?
    今やってる奴らをそのままスライドさせりゃ教育コストが低くなるはずだ
    どういう風に保線作業するかは知らないけどな

    前段階のちょっとラクなやつ=高速鉄道のノウハウが無いと結構ヤバいんでねえの?

    25:名刺は切らしておりまして:2016/11/27(日) 16:41:14.78 ID:5fKrY0Vf.net
    数百~数千キロメートルの区間をずっと"ほぼ真空状態"まで減圧しなきゃならんのは、すごく大変なことだと思うがなあ。

    87:名刺は切らしておりまして:2016/11/27(日) 18:56:02.73 ID:8sxcJu1+.net
    >>25
    普通のコンクリで内壁・外壁作ったら、どれだけ強力なポンプでも0.1気圧も減らせんわな。

    金属のパイプを全く継ぎ目なく溶接、大気圧で潰されないよう厚さは最低10cm。熱膨張で歪んだら空気ダダ漏れ。

    熱膨張が少ないカーボンじゃないと無理か。
    厚さ10cm幅6m(直径2mの円周)のカーボンを数千kmか。
    いくらかかるんだ?

    26:名刺は切らしておりまして:2016/11/27(日) 16:46:49.42 ID:VuOtdy2Z.net
    楽しみな技術ではあるけど、本当に実現できるのか不安が大きい
    早くフルスケールでの試験走行して欲しいな

    32:名刺は切らしておりまして:2016/11/27(日) 16:53:55.45 ID:7dh4vgx0.net
    せっかく真空引いてるのに圧縮空気で推進とか筋悪いわ
    その長い軌道の真空引きにどれだけかかると思ってんだ
    テスラの社長って文系脳?

    37:名刺は切らしておりまして:2016/11/27(日) 16:57:41.75 ID:VuOtdy2Z.net
    >>32
    当初はエアホッケーの巨大版のイメージだったらしいが詳しく計算してみたら
    無理があったってことで今では真空チューブの中を走るリニアって構想に変わってる

    34:名刺は切らしておりまして:2016/11/27(日) 16:56:24.98 ID:+fLLVJu2.net
    チューブが圧壊するんじゃね(´・ω・`)

    42:名刺は切らしておりまして:2016/11/27(日) 17:08:36.84 ID:VuOtdy2Z.net
    日本のリニアは少しでも空気抵抗減らすために先頭車両が不格好なくらい流線形になってるし
    騒音や衝撃の問題があってトンネルの中ばかり走ってるんだよな
    それで外への影響は減らせたけど車内は騒音が大きくて乗り心地が悪い
    だったら最初っからハイパーループのように真空チューブの中を走らせればよかったんじゃないか?
    という話になりそうなんだよな
    これが上手くいってしまった日には日本のリニアは立つ瀬が無くなってしまう

    51:名刺は切らしておりまして:2016/11/27(日) 17:23:04.55 ID:eExSIzec.net
    >>42
    線路込みで真空を保つなんて相当なコストをかけないとできない。
    今のリニアのスピードだって事故が起こったら大変なのにこれよりもスピード上げたら走る棺桶。

    47:名刺は切らしておりまして:2016/11/27(日) 17:19:31.92 ID:yEz58zW8.net
    >時速800-1000キロ、という超高速の乗り物は「世界の経済圏を変える可能性がある」とロイド氏は指摘する。
    ジェット旅客機/貨物機という物があってだな・・・。

    >つまり、ハイパーループ・ワンは人と貨物を同時に高速で移動させることを目的とした装置作りを目指す。
    えーと、ジェ以下略

    >それを圧縮空気によってエアシューターのような原理で動かす。
    あれ?
    リニアモーター推進は諦めたんけ?
    やっぱり車載バッテリーじゃ不十分だったのか?


    結局これって、目的地までの距離が短いとコストに見合わない旅客機と、距離が長いと線路の敷設費・維持費が嵩む鉄道の、それぞれの悪い点が思いっきりネックだと思うんだが。
    大量輸送に向かない点も、それに拍車をかけてるしなぁ。

    50:名刺は切らしておりまして:2016/11/27(日) 17:22:46.87 ID:MGjWv8au.net
    ネットがあるのにわざわざ行く必要がある仕事も限られてくるような

    64:名刺は切らしておりまして:2016/11/27(日) 17:49:50.18 ID:h5kiJS3c.net
    飛行機でダメな理由が分からん。

    76:名刺は切らしておりまして:2016/11/27(日) 18:14:43.12 ID:yEz58zW8.net
    >>64
    イーロン・マスク「飛行機だと俺が儲からんだろうが!」

    68:名刺は切らしておりまして:2016/11/27(日) 17:54:58.76 ID:WVD7qj4I.net
    戦車とか軍用車両が延々と超高速で輸送されるの想像するとなんか楽しい

    99:名刺は切らしておりまして:2016/11/27(日) 19:27:00.73 ID:j34W1610.net
    昔、船内の伝達のために伝令管と言うのがあったな。ラッパ見たいな口から声を
    配管通じて送るやつ。日本海軍でも古い戦艦などでも使われていた。また手紙を
    筒に入れて圧縮空気で送るヤツもあった。今回のシステムはこの手紙の筒と同じ
    だろ。システム構成上、圧縮空気だけで送っていた様だ。
    チューブを「専有」してしまったら実用にならないだろうから、インターネット
    の様にパケット通信的に使えないとダメだろう。また長距離では途中で中継設備
    が必要だろうから結構コストアップになるだろう。更に心理的にチューブ内と言う
    のも問題かも。飛行機の窓が何故あるのか考えれば判る。飛行機の強度等からすれば
    窓など無い方がいいんだが、荷物や家畜の場合は無くてもいいが、人間の乗るものは窓が
    付いている。まあ、話としては面白いが実用性はどうもね。

    106:名刺は切らしておりまして:2016/11/27(日) 19:46:46.87 ID:W9EB97x0.net
    米国は、エアシューターの先進国


    111:名刺は切らしておりまして:2016/11/27(日) 20:10:44.77 ID:hDa2JEKp.net
    ブラジルも負けてはいない


    113:名刺は切らしておりまして:2016/11/27(日) 20:25:17.60 ID:2YakqjAz.net
    時速1000キロとか真空とかヤバそうだけど、
    よく考えたら事故ったらミンチってのは新幹線や飛行機も同じだよな

    122:名刺は切らしておりまして:2016/11/27(日) 21:07:56.32 ID:kaR3SHui.net
    >>113
    真空なんてまゆつばだと思うよw
    大学に真空ポンプあるけどあれでも完全な真空は作れない
    ハイパーループはコスパも考えないといけないので
    せいぜい富士山の頂上くらいの空気の薄さになる程度じゃないかな
    それでも空気抵抗は格段に減るだろうから新幹線やリニアよりは効率いーかもね

    117:名刺は切らしておりまして:2016/11/27(日) 20:36:14.01 ID:DoodGCDa.net
    投資金集めるために必死だな。中国の空中バスと同じ臭いがする

    125:名刺は切らしておりまして:2016/11/27(日) 21:12:38.57 ID:ZiuI2qPW.net
    チューブトレインは否定しないのね
    空気の圧力を使うのも賛成

    チューブは常圧で閉塞区間を設けて
    前後の圧力差を作ればいい訳ね
    保持は車輪を使って給電は閉塞ゲートからマイクロウエーブを使えば良い

    これなら背後から押されて前から引っ張られるからエネルギー効率が良い
    システムダウンしても圧力勾配が逆になって自動的にブレーキがかかる

    135:奈良県人:2016/11/27(日) 22:16:13.63 ID:mbPBq0as.net
    125に賛成。
    閉塞を工夫して、カプセルの前後圧をコントロールすれば、
    案外上手くいきそうな気がする。
    問題は超電導浮上だが、この技術は日本が既にアメリカに
    リニア技術として貢ぐことになっている。
    イーロン・マスクをただのベンチャーだと思わないことだ。
    日本車の覇権をひっくり返す電気自動車技術に、再利用の
    可能なロケット・・・
    密かに次世代技術でのアメリカの世界覇権が仕込まれていると
    見るね。
    そしてライバルを蹴落とすことにかけて、アメリカはハンパない。

    146:名刺は切らしておりまして:2016/11/28(月) 00:19:37.12 ID:ih68aea1.net


    >>1
    動画貼れよ無能ウェッジ記者(JR東海)

    (source:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1480229742)

    関連記事

     スポンサードリンク

    topics
    コメント欄

    【交通】世界の経済圏を変える乗り物「ハイパーループ」 人体への影響は?

    1. 774@本舗:2016/11/28(月) 15:42:51
    2. インド人「屋根乗られへんやんけ」

    3.  :2016/11/28(月) 17:08:34
    4. 空気を抜くなら真空にしなくては、1/100も真空も変わりない、そうすれば速度に関係なく、船より安く運べるだろう。

      真空パイプなら、騒音は極僅かだから家の上空でも通せる、トンネルを掘って埋める必要はない、山の傾斜が緩ければ尾根に沿って走りトンネル無しで開通できる個所は多く、路線の建築費も維持費も少なくなる。

    5. 774@本舗:2016/11/28(月) 20:54:15
    6. ものになるまで大変だろうけど、頑張って欲しい。

    7. 774@本舗:2016/11/28(月) 21:07:54
    8. 原理的には、エアバスのトイレと同じか。
      減圧レベルの問題はありますが、人間を運ぶんじゃねぇ...

    9. 774@本舗:2016/11/28(月) 23:30:57
    10. ヒンデンブルク、スペースシャトル、コンコルド、中国新幹線…
      新しい乗り物に悲惨な大事故は付き物だからねぇ

    11. 774@本舗:2016/11/28(月) 23:32:43
    12. マイノリティ・リポートみたいに窓の外まで迎えに来いや

    13. 774@本舗:2016/11/29(火) 18:59:54
    14. これってハブアンドスポークでしか機能しないモデルだよな
      A380が超絶不人気機なのを考えれば成立しなさそうなことは嫌でもわかる
      こういった金集めの飛ばし記事って何か一つでも実現したか?
      せいぜい民間ロケットが形になるかで、あとは子どもでも冷ややかな目で見るような代物ばっか

    コメントの投稿






    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL

    Google検索
    スポンサードリンク
    月別アーカイブ
    ブログ内検索
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    タグ




    topへ戻る