エアライン本舗

飛行機・旅客機・空港・航空関連
HEAD LINE
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • entry_img_3341.jpg
    (※イメージ)



    1:ねこ名無し ★@\(^o^)/:2016/11/24(木) 01:36:56.16 ID:CAP_USER.net
    2016年11月21日、中国広東省梅州市にある梅県空港で、旅客機に搭乗した乗客が「好奇心」から非常口ドアの装置を勝手に外し、出発が遅れるトラブルがあった。人民網が伝えた。

    この好奇心旺盛な乗客は公安当局に身柄を移されたという。(翻訳・編集/柳川)

    http://www.recordchina.co.jp/a155813.html









    2:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/:2016/11/24(木) 01:38:58.62 ID:b+T2BNet.net
    これ定期的に出てくるけど、
    シナって人材豊富すぎね?

    5:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/:2016/11/24(木) 02:50:48.04 ID:y5CaXADg.net
    脳に障害あるんだろ

    6:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/:2016/11/24(木) 03:05:25.40 ID:UwKkBhJJ.net
    日本人なら子供でもやらないが

    9:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/:2016/11/24(木) 04:50:35.06 ID:yJdI/HhU.net
    ●日本では、“好奇心旺盛”とは言わない おい

    10:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/:2016/11/24(木) 05:28:51.57 ID:D++YVpMI.net
    とりあえず外せる物は外してみるそして金目の物は持って帰る
    これは大陸で生き抜く為の習性だから彼を悪く言うな

    15:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/:2016/11/24(木) 07:38:28.72 ID:5J2pDgry.net
    これで猿と罵られるて怒るんだから

    17:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/:2016/11/24(木) 07:54:18.33 ID:759IbHdP.net
    飛行中に好奇心が湧かなくてよかったな

    19:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/:2016/11/24(木) 08:12:11.63 ID:pxQS0vaU.net
    扉を外して持って帰ろうとしたんだろ。
    中国人の修正だからもうどうしようもない。

    どうにかしたければ香港みたく100年単位で欧米人に統治して教育しなおしてもらえ。
    日本は知らん。

    21:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/:2016/11/24(木) 18:48:01.37 ID:wNEY7GzY.net
    中華人民共和国の日常

    (source:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1479919016)

    関連記事

     スポンサードリンク

    topics
    コメント欄

    「好奇心旺盛」な乗客、旅客機の非常口ドア装置を勝手に外し、出発遅らすwww

    1. 774@本舗:2016/11/25(金) 16:28:35
    2. 好奇心が我慢ならなかった
      血動く人w

    3. 774@本舗:2016/11/25(金) 17:12:38
    4. ただの馬鹿でしょ、一人っ子政策の弊害
      何をやっても注意されない

    5. 774@本舗:2016/11/25(金) 17:29:16
    6. そう言えば日本からパクった新幹線も、開業1ヶ月やそこらで備品が持ち去られて悲惨な状況だったらしいな

    7. 774@本舗:2016/11/25(金) 18:44:37
    8. 中国は現存する北京原人が多くていいなぁ

    コメントの投稿






    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL

    Google検索
    スポンサードリンク
    月別アーカイブ
    ブログ内検索
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    タグ




    topへ戻る