エアライン本舗

飛行機・旅客機・空港・航空関連
HEAD LINE
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • entry_img_3246.jpg
    (※イメージ)



    1:海江田三郎 ★:2016/10/26(水) 21:25:21.06 ID:CAP_USER.net
    http://japanese.joins.com/article/959/221959.html?servcode=300§code=320

    ソウルから直線距離で325キロ離れた釜山(プサン)まで16分で走破する超高速列車の開発が本格的に推進されている。世界最大電気自動車会社テスラの創業者イーロン・マスク氏が2013年に飛行機より2倍速い超高速列車ハイパーループ(Hyaper loop)を製作するというビジョンを提示してから3年後、韓国でも独自の開発に入っている。韓国鉄道技術研究院と韓国建設技術研究院、UNIST(蔚山科学技術院)は21日、済州(チェジュ)で開かれた韓国鉄道学会でハイパーループ研究会を結成した。来年上半期に真空チューブ内を走る韓国版ハイパーループの青写真を出す計画だ。

    ◆ボーイング737より速い秘訣は真空
    鉄道技術研究院とUNISTがそれぞれ開発中の韓国型ハイパーループ(亜音速カプセル列車)は最高時速が1220キロ。ハイパーループと同じだ。国内線に投入されるボーイング737旅客機と比べ1.5倍速い。

    亜音速カプセル列車は直径2、3メートルのチューブトンネルを走る40人乗りカプセル1両で構成される。直径2.23メートルのトンネルを走る米国の28人乗りハイパーループより大きくて長い。速度の秘訣は真空に近いチューブトンネルにある。一般の大気を走る列車はいくら速くても時速700キロを超えない。この速度を超えれば車体が空気抵抗を受けて揚力が生じて転覆したり、さらに速度を上げることができない。こうした空気抵抗をなくすためにチューブ内を1000分の1気圧状態に維持する。

    カプセル列車は車輪がなく、チューブ内で浮いた状態で走る。ハイパーループは当初、車両の前面に巨大なファンを設置して車両の前方の空気を吸い込んだ後、下側から出して浮力を得る案が提示された。しかし最近は国内方式のように磁石の反発力を利用する磁気浮上の方向に向かっている。チョン・ヨンウUNIST教授は「車両に空気圧縮機を付ければ熱が発生するが、この熱を冷ますには3トン以上の水を載せて走らなければいけないなど車両の重さが増える」とし「超伝導磁石や電磁石、永久磁石など磁石の反発力を利用して車体を浮かす磁気浮上方式がさらに好まれる」と述べた。

    ◆磁石が押して引く力で加速
    列車の下側には磁石が設置され、床には磁石と同じ性質を持つ磁場が生じるコイルがある。カプセル列車が走る原理は電気モーターが回るのと同じだ。電気モーターは磁石が同じ極を押して別の極を引きつける原理を利用する。ただ、電気モーターはくるくると回る形態であり、カプセル列車は長く広げた形態にすぎないということだ。カプセルが長い線路を通過する間、磁場を変えれば、磁石が押して引く方式で加速度を得ることができる。李寛燮(イ・グァンソプ)鉄道技術研究院磁気浮上鉄道研究チーム長は「真空に近い環境で20キロほど加速すれば1000キロ以上の速度を出すことができる」と説明した。鉄道技術研究院が推進中のカプセル列車には車体の側面に小さな翼が付き、速度が上がれば揚力が発生する。線路の中間に太陽光電池と風力発電機、エネルギー貯蔵システム(ESS)を設置して電気を供給する。

    (以下略)


    3:名刺は切らしておりまして:2016/10/26(水) 21:28:14.56 ID:e2wlfQxr.net
    対馬まで破片の一部が飛んでくる

    4:名刺は切らしておりまして:2016/10/26(水) 21:28:49.42 ID:8MnSO0+g.net
    爆発する確率は1/2

    62:名刺は切らしておりまして:2016/10/26(水) 22:28:43.19 ID:CiZnOkbB.net
    >>4
    あほか
    99%

    84:名刺は切らしておりまして:2016/10/26(水) 23:16:54.07 ID:CB1Yo/1B.net
    >>62
    50%位が妥当じゃね?
    残り50%は”動かない”だろうし

    164:名刺は切らしておりまして:2016/10/27(木) 09:20:15.62 ID:eH3umu/P.net
    >>84
    50%が爆発、50%が炎上だな

    205:名刺は切らしておりまして:2016/10/27(木) 21:59:01.36 ID:MbevArXC.net
    >>164

    そこは50%爆発50%火病だろw

    9:名刺は切らしておりまして:2016/10/26(水) 21:32:27.12 ID:X/YonXuy.net
    韓国の技術には世界中がひれ伏す

    13:名刺は切らしておりまして:2016/10/26(水) 21:35:02.88 ID:9PVRK9M8.net
    今から初めて先行する2社を抜くってこと?すげーな
    どこから出て来るんだその自信は

    15:名刺は切らしておりまして:2016/10/26(水) 21:37:34.08 ID:I6buy6KQ.net
    こないだの中国の
    車ごと跨いじゃうバスとかあの手の話?

    18:名刺は切らしておりまして:2016/10/26(水) 21:37:53.30 ID:+U3jKgMU.net
    秘技ガムテープ

    25:名刺は切らしておりまして:2016/10/26(水) 21:48:35.99 ID:JzJ4PUih.net
    日本もやってるがな。もっと高いレベルで。

    92:名刺は切らしておりまして:2016/10/27(木) 00:09:49.66 ID:WWzm3L0P.net
    >>25
    すでにカメで動物実験まで済ませてる

    28:名刺は切らしておりまして:2016/10/26(水) 21:54:26.45 ID:4o8+Ktrs.net
    そんな短時間に長距離を走れるなんて
    西村知美を思い出した。

    30:名刺は切らしておりまして:2016/10/26(水) 21:57:17.59 ID:vnapWRwQ.net
    韓国だけでそんなもの開発出来る技術も金もなく
    またいつもの隣国頼みというやつか

    34:名刺は切らしておりまして:2016/10/26(水) 22:02:09.51 ID:kh/lqPHV.net
    モノレールすらつくれないくせにw

    40:名刺は切らしておりまして:2016/10/26(水) 22:07:53.20 ID:aMuZh3w9.net
    本気で開発できると思ってるのチョ○にもいないだろ

    41:名刺は切らしておりまして:2016/10/26(水) 22:10:28.07 ID:mdtEIkNJ.net
    これGはどうなん?

    71:名刺は切らしておりまして:2016/10/26(水) 22:39:53.21 ID:aB98izjc.net
    >>41
    中に40匹くらい乗ってますが

    46:名刺は切らしておりまして:2016/10/26(水) 22:13:05.39 ID:Ox1gMlW6.net
    乗ってからみんな窒息死だろう

    49:名刺は切らしておりまして:2016/10/26(水) 22:15:03.43 ID:EN62ti5e.net
    >>46
    窒息で済めばかわいいほう。
    車内も減圧して人体爆発まである。

    47:名刺は切らしておりまして:2016/10/26(水) 22:14:46.90 ID:hAQMYyHm.net
    ジェット機の巡航高度が0.2とか0.3気圧 だろ、
    それくらいで充分なんじゃないの

    高真空の維持なんて相当コスト高そうなんだけど

    55:名刺は切らしておりまして:2016/10/26(水) 22:23:18.02 ID:KPKP9u0j.net
    >>47
    だな

    ランニング費用も保守費用も莫大になる

    50:名刺は切らしておりまして:2016/10/26(水) 22:16:24.36 ID:y7PcJIKO.net
    爆発予告?

    64:名刺は切らしておりまして:2016/10/26(水) 22:29:47.37 ID:YSdbUWeD.net
    1G加速だと無理だな・・・

    83:名刺は切らしておりまして:2016/10/26(水) 23:16:33.03 ID:hAQMYyHm.net
    コスト考えたらこんなもんじゃね

    チューブ内0.5気圧
    最高速900km/h (等速で20分 300km)
    加速、減速とも0.17G、150秒で18.75km走行

    全長337.5kmを25分で移動

    とりあえずこの程度で実用化目指したらいいのに

    25分と16分とでは倍半分だが、 実は9分しか違わない

    客室の気圧維持もプロペラ機程度の技術で充分、
    気密性が失われても即死は避けられる

    第一、本気で高真空が必須なら
    >>1の通り、推進方法や放熱のハードルがめっちゃ高くなる

    91:名刺は切らしておりまして:2016/10/27(木) 00:05:40.06 ID:YtwmOghq.net
    狭い韓国 そんなに急いでどこに行く

    103:名刺は切らしておりまして:2016/10/27(木) 01:09:30.89 ID:pqGrVHws.net
    中間駅作る予定さらさら無いよね、多分
    エレベーターみたく、一本のチューブを
    一編成のカプセルが行ったり来たり

    最高速にこだわるというなら、
    長距離に敷設すれば時短効果は大きくなるけど
    全長に比例して維持費がかさみ、運転間隔も長くなる

    …採算合うのか、これ

    119:名刺は切らしておりまして:2016/10/27(木) 02:29:54.82 ID:qCGUm9Pb.net

    129:名刺は切らしておりまして:2016/10/27(木) 03:39:55.68 ID:2al0IlA9.net
    いつもの ファンタジー。夢を夢で終わらせる国

    173:名刺は切らしておりまして:2016/10/27(木) 11:06:13.42 ID:Dj+gMSEP.net
    開発ばっかりしてんとさっさと開通しろや。

    192:名刺は切らしておりまして:2016/10/27(木) 17:03:57.07 ID:5zFN1kjB.net
    この計画、一番の問題点は?

    ア.300kmにも及ぶトンネルを真空状態に保つこと
    イ.車両、チューブ制作の技術
    ウ.最高速度1200km/hの安全性
    エ.費用
    オ.韓国人


    関連記事

     スポンサードリンク

    topics
    コメント欄

    韓国でハイパーループの開発が本格化 ボーイング737より1.5倍速い

    1. 名無しさん@ニュース2ch:2016/10/28(金) 11:37:15
    2. またやるやる詐欺か。

    3. 名蕪し:2016/10/28(金) 11:51:29
    4. >192のプロブレムリストに一つ致命的なのが混じってるな

    5. 774@本舗:2016/10/28(金) 12:00:00
    6. 減圧チューブ内をマッハで運用ってのは40年も前から現在の技術で可能って遣ってんだよ
      でも建設費・維持費・事故やらなにやら考えてどの先進国も手をださねーんだよ

    7. 名無しのかめはめさん:2016/10/28(金) 12:15:55
    8. また妄想w

    9. 774@本舗:2016/10/28(金) 12:18:26
    10. 答え アイウエオ

    11. 774@本舗:2016/10/28(金) 12:56:06
    12. 早速アメリカのアイディアパクッテんだよな

    13. 774@本舗:2016/10/28(金) 13:45:32
    14. そんな計画立てる前に平昌なんとかしろよwwww

    15. 774@本舗:2016/10/28(金) 14:39:08
    16. いつもの病気が出たようだな

    17. 774@本舗:2016/10/28(金) 14:55:44
    18. 国なんてどこでもいいわ
      本当にやる必要があるのか、安全か
      どうかだろ

    19. 2222222222:2016/10/28(金) 14:59:18
    20. 線路を大気圏の外に出る高さで作れば真空問題は簡単に解決出来る!!

    21. 774@本舗:2016/10/28(金) 15:26:43
    22. 旅客機のトイレにも使われている技術だから、それを朴李できるようにしないと...

    23. 774@本舗:2016/10/28(金) 21:05:07
    24. 科学的にできるかうんぬんより
      経済的合理性を担保できる区間があんまりないんじゃないの
      それこそ東京-名古屋-大阪ぐらい

    25. クソキムチ:2016/10/29(土) 14:09:46
    26. どこまでキムチってアホなんだろう。

    27. 774@本舗:2016/10/31(月) 08:52:56
    28. レイパーループに見えた

    コメントの投稿






    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL

    Google検索
    スポンサードリンク
    月別アーカイブ
    ブログ内検索
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    タグ




    topへ戻る