エアライン本舗

飛行機・旅客機・空港・航空関連
HEAD LINE
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • entry_img_2934.jpg



    1:ニライカナイφ ★:2016/07/30(土) 00:26:52.27 ID:CAP_USER9.net
    ◆アポロ飛行士に高い循環器系疾患死亡率、放射線が原因か 研究

    米航空宇宙局(NASA)の有人月探査ミッション「アポロ計画」で、地球の磁気圏の保護領域を越えて宇宙を旅した宇宙飛行士らは、心臓および血管の病気での死亡率が過度に高いとの研究結果が28日、発表された。放射線がその原因と考えられるという。宇宙機関や民間企業が人類の活動範囲を地球外に拡大することを目指して競い合う中、この研究結果は、月や火星やその向こうに旅立つことを夢見るすべての人にとって、健康上の懸念材料となる。

    米フロリダ州立大学のマイケル・デルプ氏は、「宇宙空間の放射線が人間の健康、特に循環器系に及ぼす影響をめぐっては、ほとんど分かっていない」「今回の研究によって、宇宙空間の放射線が人間に及ぼす悪影響について初めて知ることができる」と話す。これまでに死去しているアポロ計画の宇宙飛行士7人のうち、3人の死因は循環器系の疾患で、その割合は43%となっている循環器系疾患には、心臓発作、脳動脈瘤(りゅう)、脳卒中などが含まれる。

    この割合は、訓練を受けたものの地球を離れなかった宇宙飛行士や、国際宇宙ステーション(ISS)の乗組員のように低周回軌道内の、地球のより近くにとどまった宇宙飛行士に比べて「4倍から5倍高い」という。循環器系疾患での死去の割合は、地球を離れなかった宇宙飛行士では9%、ISS乗組員などでは11%となっている。

    研究成果は、英科学誌ネイチャー系オンライン科学誌「サイエンティフィック・リポーツ」に発表された。今回の結果をめぐり研究チームは、「宇宙空間への有人飛行が、循環器系の健康にとって、これまで推測されていた以上に有害である恐れがあることを、これらのデータは示唆している」と論文に記している。NASAのアポロ計画では、1968年~1972年の期間に11回の有人宇宙飛行が実施され、宇宙飛行士24人が地球低軌道を越えて宇宙空間への飛行を経験した。

    ◇「無重力」の影響を排除

    地球とそこに住む人々を保護する磁気圏を越えた宇宙空間で、アポロ飛行士らは前例のないレベルの粒子放射線にさらされたと論文は指摘している。NASAによると、銀河放射線(宇宙線)の高エネルギー粒子は、皮膚を貫通して細胞やDNAを損傷する可能性があるため、人間に危険を及ぼす恐れがあるという。これに対して、ISSは磁気圏内を通る地球周回軌道上にある。

    宇宙飛行士の長期的な健康状態に関する調査で、実際の宇宙旅行を経験していない飛行士を比較の対象としてとして含めたのは、今回の研究が初めて。宇宙飛行士と一般人とを比較することは、混乱を招く結果となり得る。全般的に高い教育水準と健康志向、さらには生涯にわたって利用できる医療ケアが、宇宙飛行士らにとって健康向上のための要因となるためだ。

    今回の研究では、「地球を出ていない」「低周回軌道」「磁気圏外の宇宙」の異なる3タイプの飛行士を比較することで、無重力が循環器疾患に及ぼす可能性のあるあらゆる影響を排除できた。これら3グループではすべて、無重力状態を経験していたからだ。また、死因としてのがんや事故に関しては、これら3グループの間に差はみられないことも、今回の研究で判明した。

    ◇マウス実験では有害性示す

    アポロ飛行士らの循環器疾患による死亡率が他と比べて高かったことを受け、その原因の検証を目的に、研究チームは同程度のレベルの放射線をマウスに浴びせる実験を行った。実験結果についてフロリダ州立大は声明を発表し、「人の20年に相当する6か月が経過した後、マウスは動脈の機能障害を示した。これは、人ではアテローム性動脈硬化症の発症につながることが知られている」と説明。デルプ氏は、「宇宙空間の放射線は、血管の健康に有害であることを、マウスの実験データは示している」と付け加えた。

    写真:アポロ14号月着陸船パイロットのエドガー・ミッチェル氏(2016年2月5日提供)


    AFPBB News 2016年7月29日(金)10時42分
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160729-00000010-jij_afp-sctch&p=1
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160729-00000010-jij_afp-sctch&p=2


    3:名無しさん@1周年:2016/07/30(土) 00:28:10.36 ID:rh8ji4wZ0.net
    >>1
    けっこう長生きしてたような?

    321:名無しさん@1周年:2016/07/30(土) 15:49:36.51 ID:/5e+12c+0.net
    >>3
    70代80代結構いたよね

    7:名無しさん@1周年:2016/07/30(土) 00:30:05.72 ID:BPquDk6w0.net
    母数が少なすぎるよ。誤差と言われてもしかたがない。

    11:名無しさん@1周年:2016/07/30(土) 00:32:58.37 ID:7ZgagdyB0.net
    >>7
    確かに人間のデータは少ないけど
    マウスは相当数実験してるでしょ

    118:名無しさん@1周年:2016/07/30(土) 04:09:10.16 ID:L0wwU49A0.net
    >>11
    そのわりには開示されてるデータが少なすぎ
    マウス実験の母数と全疾病数を比較対象群とともに載せればいいだけなのに
    だいたい6ヶ月の放射線照射って妥当なの?
    アポロ計画の宇宙飛行期間ってもっと短いでしょ
    マウスの平均寿命が1.5年として寿命の1/3に相当するわけだし

    10:名無しさん@1周年:2016/07/30(土) 00:32:13.56 ID:CEoAbkCu0.net
    アポロ乗組員はやたら長生きの印象があるが。

    12:名無しさん@1周年:2016/07/30(土) 00:33:02.60 ID:TbW5tySp0.net
    放射線のおかげでガンにならなくて結果として循環器障害で死んだんだな!

    14:名無しさん@1周年:2016/07/30(土) 00:35:24.95 ID:lvhbbgBm0.net
    もしかして疾患に見せかけたあn・・・

    おっとこんな時間にチャイムが

    15:名無しさん@1周年:2016/07/30(土) 00:36:31.77 ID:iZgqlmUS0.net
    パイロットだとか
    長距離のバスやトラックの運転手とかでも
    循環器系を病む人が多いんじゃなかったっけ?

    131:名無しさん@1周年:2016/07/30(土) 04:23:44.26 ID:P57WJB1M0.net
    >>15
    パイロットは平均寿命短いとか

    60:名無しさん@1周年:2016/07/30(土) 01:44:49.36 ID:VyDAQWdb0.net
    >>15
    空自のイーグルドライバーだった知り合いがいるけれど、
    心臓や腎臓にも良くないだけじゃなく毛細血管ボロボロで目にも良くないらしい。
    強烈なGがかかるから背骨おされて身長低くなるし、顔はたるむし、後遺症として足に静脈瘤が出来てる。
    紫外線と宇宙線にさらされるせいか、シミも出来ていて年齢より老けて見えた。

    63:名無しさん@1周年:2016/07/30(土) 01:51:55.85 ID:qfMTh38X0.net
    >>60
    どう考えても、原因になりそうなのは無重力じゃなくて高Gだよなあ。

    18:名無しさん@1周年:2016/07/30(土) 00:37:47.11 ID:CEoAbkCu0.net
    24人中17人が存命って凄いな。同年齢の日本の一般人だと
    半数以上が死んでると思う。

    119:名無しさん@1周年:2016/07/30(土) 04:10:00.76 ID:1QXdjXgB0.net
    >>18
    「家族や家系に疾病リスクがなく健康で強靭な肉体を持ちメンタルなどに不安のない完璧人間」
    というスペシャル様だからな

    331:名無しさん@1周年:2016/07/30(土) 16:39:54.88 ID:J3r1pPMl0.net
    >>119祖父母や親戚の寿命もチェックしていたのか?
    スペックは高くても短命の家系だと、宇宙飛行士の仕事のせいで
    早死にしたと噂されたら困るしね

    339:名無しさん@1周年:2016/07/30(土) 19:18:12.95 ID:o9ceM8tP0.net
    >>331
    寿命は知らんが
    1発1兆円で、出発後はやり直し不可の乗り物のパイロットに
    「本人は健康だが、父親と祖父に心臓の持病がある」人は選ばないだろう

    23:名無しさん@1周年:2016/07/30(土) 00:40:27.81 ID:GcEMMiSV0.net
    宇宙飛行士はもともと健康で頑強な人が多いから
    比較は難しいね

    31:名無しさん@1周年:2016/07/30(土) 00:51:05.75 ID:JxFIutkq0.net
    ガンが多くなると思ってた。

    39:名無しさん@1周年:2016/07/30(土) 01:02:54.19 ID:A1kQYbq80.net
    表現変えれば、放射線がガンを減らすって事になるんだが

    40:名無しさん@1周年:2016/07/30(土) 01:06:09.18 ID:pZgIAhUk0.net
    チェルノブイリでも循環器の疾患がかなり増えてるみたいだし
    放射線被曝の影響はまだわからないことだらけだね

    42:名無しさん@1周年:2016/07/30(土) 01:19:30.70 ID:p9NP1tUk0.net
    アポロ陰謀論者が何か言いたそうにこちらを見ている

    97:名無しさん@1周年:2016/07/30(土) 03:19:39.69 ID:NI9JQPcq0.net
    >>42
    仲間にしますか?

    43:名無しさん@1周年:2016/07/30(土) 01:20:34.38 ID:jCCBVzip0.net
    まあ・・・
    宇宙飛行士さんたちは
    放射線に晒されるリスクを覚悟の上で
    名誉的職業に就いたわけだしね

    「鳶職さんたちが高い所から落ちてお亡くなりになる確率が
    他の職業よりも高い!」

    って言ってるようなもんで

    そんなの当たり前だろ? って言われるわ

    47:名無しさん@1周年:2016/07/30(土) 01:24:20.36 ID:OA5Vgojn0.net
    早死にしてもいいから地球の外から地球を見る体験をしてみたい

    53:名無しさん@1周年:2016/07/30(土) 01:29:37.63 ID:e9xMjddd0.net
    直ちに影響はなかった

    70:名無しさん@1周年:2016/07/30(土) 02:03:02.50 ID:Bp1TxGdZO.net
    早期ガンならともかく循環器ってこじつけにしか思えんが

    76:名無しさん@1周年:2016/07/30(土) 02:09:56.75 ID:9MaqS9yn0.net
    宇宙飛行士が受けた高線量だけど純粋な外部被曝と、
    地上で低線量の放射性物質の粉塵にまみれて暮らすのと、
    どっちが危険なんだか・・・

    114:名無しさん@1周年:2016/07/30(土) 03:58:12.08 ID:Sx1SDHMp0.net
    NASAに抹殺されたのが一番多いんじゃなかった?

    128:名無しさん@1周年:2016/07/30(土) 04:22:37.63 ID:1MsPugQa0.net
    過酷訓練の影響でしょ? (´・ω・`) 宇宙のせいにしないで

    129:名無しさん@1周年:2016/07/30(土) 04:22:46.52 ID:nE8uBXy+0.net
    ただ単に大酒飲みだったってオチでは?


    関連記事

     スポンサードリンク

    topics
    コメント欄

    【研究】アポロ飛行士に高い循環器系疾患死亡率、放射線が原因?

    1. 774@本舗:2016/08/01(月) 21:00:40
    2. 宇宙では目を閉じていても視神経に粒子が当って光って感じるんだって

    3. 774@本舗:2016/08/01(月) 21:16:56
    4. アポロの宇宙飛行士なんて今と違ってバリバリのトップクラスの元戦闘機乗りだぞ
      当時の1級線の戦闘機乗りの人たちと比較してそうなのか?

    5. 774@本舗:2016/08/02(火) 00:13:12
    6. アポロチョコって今も売ってるん?

    7. 774@本舗:2016/08/02(火) 06:54:04
    8. 今後、NASAの計画が承認されれば火星か小惑星に行く人が出てくるから、100年後には正解が分かるよw

    9. 774@本舗:2016/08/05(金) 11:52:56
    10. ※2
      じゃあ耐Gの訓練とかしてるんだよな?
      若いうちに無茶してると血管もろくなるんじゃね?
      歳取っても続く運動習慣も陸海ほどなさそうだし
      マジ地上での戦闘機乗りとの比較データ欲しいけど、
      そっちはさすがに軍事機密か?

    コメントの投稿






    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL

    Google検索
    スポンサードリンク
    月別アーカイブ
    ブログ内検索
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    タグ




    topへ戻る