エアライン本舗

飛行機・旅客機・空港・航空関連
HEAD LINE
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • entry_img_2835.jpg



    1:海江田三郎 ★:2016/06/30(木) 11:21:49.71 ID:CAP_USER.net
    http://news.mynavi.jp/articles/2016/06/30/rocketnight/

    北海道に拠点を置くインターステラテクノロジズが今夏、高度100kmを目指した新型ロケットの打ち上げを実施する。6月28日、DMM.make AKIBA(東京都千代田区)にてトークイベント「ロケットナイト」が開催され、同社ファウンダーの堀江貴文氏や代表取締役の稲川貴大氏が登壇。ロケット開発の最新状況などについて語った。

    同社が打ち上げるのは、全長8.5m、重量900kg(推進剤含む)の1段式観測ロケット「モモ」。燃料にエタノール、酸化剤に液体酸素を使う液体ロケットで、推力1トンの新型エンジンを搭載する。打ち上げ後100秒で燃焼を終了し、そこから約4分間、微小重力環境を提供することが可能だ。ペイロードは最大20kg。

    同社は2011年3月から、北海道にてロケットの打ち上げ実験を繰り返してきたが、宇宙空間と言われる高度100kmに到達する能力を持つロケットはこれが初めて。今までの最高は6号機「すずかぜ」の高度6.5kmなので、一挙に10倍以上に挑戦することになる。そのため、モモでは機体の全長、エンジンの推力が約2倍に大型化している。今回のイベントでは、モモと同サイズのモックアップが初披露。堀江氏も今回初めて見たそうで、「8.5mというのは数字としては頭に入っていたが、実際に見ると違う」と、実物の大きさに驚いた様子。客席の最後尾から最前列まで貫通するような長さだが、それでも搭載できる荷物はわずか20kgということで、稲川氏は「それが宇宙の遠さ」だとした。

    堀江氏は、宇宙開発を手がける理由を「みんなが当たり前のように宇宙に行ける世界を実現するため」だと説明する。今でも大金を払えば、民間人であっても宇宙に行くことは可能だ。障壁となっているのは技術ではなく、高いコストなのだ。堀江氏も「宇宙に行くボトルネックは値段だけ」だと言い切る。

    低コスト化のために、部品は可能な限り汎用品を使う。性能は多少落ちてもいいから、シンプルに作る。使い捨てでもたくさん打ち上げることで、量産効果を狙う。そのためには、「最低性能があればいい。そう考えて作っているので安くできる。よくバカにされるけど、飛びさえすればそれでいい」(堀江氏)量産で安くするためには、まずは需要が必要だ。ロケットが安くなったとして、どのくらいの人が使おうと思うか。堀江氏はその点について、「僕は楽観的」だと述べる。「僕が考えるだけでもいろいろある。鳥人間コンテストみたいに、地球と月の間でレースをしてもいい。ロケットはまだバカバカしいことに使われていない。それがすごく残念」

    高度100kmへの到達は、本当に最初の一歩だ。今回のロケットは弾道飛行専用であり、まだ人工衛星の打ち上げには使えない。地球を周回するためには、さらなる大型化が必要になる。多段化など、技術的な課題もある。だが、本当に「宇宙に行けた」となれば、ぐっと現実味が出てくる。本気で考える人が増えれば、今まで思いもよらなかったような使い方が出てくるかもしれない。そういう意味で、今回の打ち上げは大きなマイルストーンになるだろう。初号機の打ち上げは技術実証試験として実施する。ペイロードは未定で、何か実験装置を搭載したい人がいれば声をかけて欲しいという。打ち上げの時期は8月下旬以降になる見込み。最初の数回は技術実証試験として行い、その後、商業打ち上げに繋げる考えだ。

    なお、同社は打ち上げ費用として、2700万円を目標額としたクラウドファンディングを実施中。出資は3000円から。リターンは、オリジナルTシャツ、打ち上げ中継の限定公開URL、打ち上げ報告会参加権、指令所スタッフ参加権など。最高額の1000万円コースでは、なんと打ち上げボタンを押す権利まで用意されている。

    https://camp-fire.jp/projects/view/7166

    2:名刺は切らしておりまして:2016/06/30(木) 11:27:39.86 ID:nVKbpLOm.net
    100kmにロケットが到達してから偉そうな事いえ

    8:名刺は切らしておりまして:2016/06/30(木) 11:56:35.39 ID:pc35AtXU.net
    宇宙ゴミ増やすなボケ

    11:名刺は切らしておりまして:2016/06/30(木) 12:03:51.33 ID:YFVNj/qE.net
    安全性についても最低性能なの?

    12:名刺は切らしておりまして:2016/06/30(木) 12:06:03.89 ID:oHLj8trt.net
    お金持ちの趣味(成金の憧れ)

    海(クルーザー) → 空(プライベートジェット) → 宇宙(ロケット)

    ホリエモンは典型的な成金だからw

    14:名刺は切らしておりまして:2016/06/30(木) 12:07:27.12 ID:y+nqUlZf.net
    なんか無理に目標作ってる感じがするなぁ

    16:名刺は切らしておりまして:2016/06/30(木) 12:19:13.82 ID:58kFIq43.net
    >>14
    目標を立てて金を集めて使うのが彼の商売だからね。
    無理にでも立てなきゃならんでしょ。

    15:名刺は切らしておりまして:2016/06/30(木) 12:14:35.00 ID:hT3DR7Hq.net
    オラにちょっとづつ現金を分けてくれ

    19:名刺は切らしておりまして:2016/06/30(木) 12:24:36.93 ID:xRYcST0R.net
    全体像が見えないな
    アメリカのベンチャーだと既に宇宙に行って戻ってきてロケットが垂直に着地して再利用出来るとこまで行ってるのに

    20:名刺は切らしておりまして:2016/06/30(木) 12:25:04.11 ID:OKaw32KZ.net
    あれ?アメリカの会社に詐欺られてなかった?

    40:名刺は切らしておりまして:2016/06/30(木) 12:53:07.16 ID:YFVNj/qE.net
    打ち上げるのはいいけど
    部品の落下事故とか
    宇宙空間での衝突事故(残骸の散乱)とか
    起こった時
    後始末できる資金力あるのか?

    44:名刺は切らしておりまして:2016/06/30(木) 13:17:43.04 ID:Q635lccQ.net
    2700万でできるのか、これ企業広告とか乗っかってくるんじゃね?

    49:名刺は切らしておりまして:2016/06/30(木) 14:07:01.92 ID:HE/8sa8V.net
    ロケットに荒縄でホリエを縛り付けて発射させるスイッチ権なら売れると思うけれど。

    58:名刺は切らしておりまして:2016/06/30(木) 18:32:40.55 ID:sJt26GYe.net
    スペースXのあれ見て、やる気なくさねーのかよ

    65:名刺は切らしておりまして:2016/07/01(金) 01:43:29.19 ID:SkfHvk/i.net
    クラウドファンディングでカネ集める!って言ってから

    だいぶたつけどまだ集まらないのか?終わってんな

    72:名刺は切らしておりまして:2016/07/02(土) 00:28:19.86 ID:JoVFTEdS.net
    普通に汎用品を使ってどこまで挑戦できるか興味ある。熱対策とかそういうのを高級な材料使うんじゃなくて、お手製の材料組付けでどこまで行けるか。


    関連記事

     スポンサードリンク

    topics
    コメント欄

    ホリエモンロケットが今夏ついに宇宙へ コンセプトは「世界最低性能」

    1. 774@本舗:2016/07/04(月) 19:05:31
    2. 世界最低って、ペンシルロケットより性能低いの?

    3. 名無しさん:2016/07/04(月) 19:21:42
    4. 制御なしでとりあえず100キロまで打ち上げるだけか

    5. 774@本舗:2016/07/04(月) 20:16:22
    6. こち亀でやってたやつ真似すればいいと思う

    7. 774@本舗:2016/07/05(火) 11:55:21
    8. 無誘導でとりあえず打ち上げるだけなら、是非ペイロードにはゼンカモンを詰め込んでくれ

    9. 774@本舗:2016/07/05(火) 18:22:59
    10. >>58
      あれとは土俵が違うから。
      それよりJAXAや中国の小型ロケットの方がライバルかもしれない。

      ※1
      ペンシルは現役じゃないし。

    コメントの投稿






    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL

    Google検索
    スポンサードリンク
    月別アーカイブ
    ブログ内検索
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    タグ




    topへ戻る