エアライン本舗

飛行機・旅客機・空港・航空関連
HEAD LINE
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • entry_img_2555.jpg



    1: ◆qQDmM1OH5Q46 2016/03/29(火)23:04:56 ID:???
     昨今、「日本に学べ」と題した中国メディアの記事を多く見かけるが、中国メディア・環球時報は28日、軍需工業も「日本に学べ」とする記事を香港・南華早報が27日掲載したことを報じた。

     記事は、南華早報が27日に「2010年以降1500億元を費やして国産戦闘機エンジンの開発を進めているのに、どうしていまだに空母艦載機である殲-15などの戦闘機に国産エンジンを供給できないのか」としたうえで、中国初の国産空母「遼寧」の母体となった「ワリヤーグ」をウクライナから購入したことで知られる徐増平が「最適解は、日本に軍需産業を学ぶこと」と語ったことを伝えている。

     徐氏によると、中国の軍需産業の現状は「一部で閉鎖的で、企業が全能、産と研がバラバラ」であり、これでは強い軍隊づくりはままならないとのこと。そこで、今年の全国政治協商会議で中央政府に対して、民間企業が自衛隊の軍需製品研究開発にかんする特許技術を有する「日本の軍需工業スタイル」を研究するよう提唱したという。

    続き サーチナ
    http://news.searchina.net/id/1605907?page=1

    2: 名無しさん@おーぷん 2016/03/29(火)23:07:44 ID:aWO
    こっち見んな!!

    3: 名無しさん@おーぷん 2016/03/29(火)23:10:52 ID:wFn
    中国はすべて金儲けに走っとるのに無理やろ

    4: 名無しさん@おーぷん 2016/03/29(火)23:11:15 ID:Eiv
    真似するならアメリカじゃね?

    6: 名無しさん@おーぷん 2016/03/29(火)23:45:41 ID:Wz6
    ロシアにちゃんとかね払えよ

    7: 名無しさん@おーぷん 2016/03/30(水)00:06:20 ID:q74
    いや、それはおかしいだろ
    日本は確かに魔改造とかあるかもしれんけど(本当にそんなレベルのがあるか知らんが)
    軍需産業ならアメリカやロシア、フランスに学ぶべきたろ

    8: 名無しさん@おーぷん 2016/03/30(水)01:26:01 ID:kkp
    日本の軍事企業買うのか?
    法で守らなくても大丈夫かな?

    10: 名無しさん@おーぷん 2016/03/30(水)09:09:16 ID:d8v
    ガワだけパクって終わりじゃあんた

    11: 名無しさん@おーぷん 2016/03/31(木)09:22:51 ID:rIK
    J3ターボジェットエンジン
    http://www.saitama-subaru.co.jp/plane/11_j3.html
    F3ターボジェットエンジン
    https://ja.wikipedia.org/wiki/F3_(%E3%A8%E3%B3%E3%B8%E3%B3)

    日本はこういった50年以上に渡る練習機用エンジンの研究開発の歴史があるから
    実証機X-2のエンジンも開発できてる

    中韓は蓄積無しにリバースエンジニアリングによるパクリや技術移転で
    いきなり主力戦闘機用エンジンを独自に組み立てようとしてる

    13: 名無しさん@おーぷん 2016/03/31(木)09:52:17 ID:p95
    奴らのデッドコピー技術を舐めてはいけない
    それでB-29のそっくりさんやらICBMまで作ったんだから

    16: ななしの国からこんにちわ◆7tWTn9CPrc 2016/03/31(木)10:37:19 ID:XHt
    >>13
    B29のデッドコピーしたのは、ソ連です。

    24: 名無しさん@おーぷん 2016/03/31(木)14:23:05 ID:6Pg
    >>16
    なんで空いてるかわからない穴まで、
    取り敢えず律儀に空けたんですよね。

    15: ななしの国からこんにちわ◆7tWTn9CPrc 2016/03/31(木)10:36:43 ID:XHt
    コピーは一生懸命してるんだけど、どうしても稼働時間が延びないのねw

    ここらへんの事情は、軍事研究とかの軍事ジャーナリズムでは常識。

    日本のマスゴミは、世界でも珍しくミリタリージャーナリズムを軽蔑・差別してるから、

    何時までも軍事音痴なのね。この記事は、本来、日経が書くべきなんだけどなw

    ともかく、大パチモンメーカーの中共に技術を与えちゃいけないね。

    17: 名無しさん@おーぷん 2016/03/31(木)10:51:26 ID:agB
    まずはボールペンのボールからだな

    19: 名無しさん@おーぷん 2016/03/31(木)11:25:10 ID:nL3
    >>17
    ほんとそれ。
    ベアリングを造るにしても低速・低荷重ならコピーで問題ないが、高速・高荷重になるときちんと作り方を知らないと、簡単に壊れる。

    25: 名無しさん@おーぷん 2016/04/01(金)19:14:32 ID:Yy6
    >>19
    "ベアリングを造るにしても低速・低荷重ならコピーで問題ないが、高速・高荷重になるときちんと作り方を知らないと、簡単に壊れる。"

    その通り。
    中国製の新幹線ですでに足回りに問題が出ているようだ。
    今のところ故障と言うことで済んでいるようだが、大事故につながりかねない。

    ルーツが日本の中国新幹線車両、ベアリングを日本から輸入してる分にはまだしも自給し始めたら本当に危険だ。

    26: 名無しさん@おーぷん 2016/04/01(金)19:17:19 ID:I9f
    人も物も過剰生産なんだから
    部品の劣化が早くてもスペアーが豊富だろw
    問題ないw

    29: 名無しさん@おーぷん 2016/04/02(土)00:59:42 ID:GXA
     中華本土より品質のいい台湾でさえカブのクランクベアリングを作らせたら普通に走って2万キロ持てば上出来という有り様。
     オール日本製の自分のバイクのエンジンは日常的に1速2速は1万5千回転がシフトポイントだけれど、それだけ頻繁に回して13万キロほど走ってもクランクまで中華製になったカブが数千キロ走って出るエンジン異音で済んでいる。
    その常態でこれだけ回した場合、日本製なら何だかんだでまだ何万キロも行けるけれど、中華エンジンは素材、部品製造・加工技術的に既に駄目だから初めからクランクベアリングが砕ける危険がある。
     そんな国が日本に学ぶと口をきくは、学びを軽く見すぎだと言わざるを得ない。

    30: 名無しさん@おーぷん 2016/04/02(土)01:17:03 ID:kEL
    ヤマハ(台湾製)のスクーターは中古でも2万で買い取ってくれるけど
    ホンダ(中国製)は0円だってバイク屋が言ってたな

    33: 名無しさん@おーぷん 2016/04/02(土)11:15:24 ID:4TP
    実は軍需産業は儲からない
    研究費が大量にいるけど人海戦術の人民軍トップはそんなことわかってないで値切ろうとする
    パクればいいだろうと思ってる

    35: 名無しさん@おーぷん 2016/04/02(土)11:19:37 ID:qcN
    × 日本に学べ
    ○ 日本から盗め


    source: http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1459260296/


    関連記事

     スポンサードリンク

    topics
    コメント欄

    中国メディア「軍需工業大国になりたいなら日本に学べ」

    1.  :2016/04/06(水) 11:27:12
    2. 散々アメリカにスパイ送り込んで学んできただろうに

    3. 774@本舗:2016/04/06(水) 12:29:51
    4. まずは中抜きをなくすとこからだろ

      あとはパナマ文書をよく読むことかな

    5. 名無し++:2016/04/06(水) 13:19:05
    6. 中国ってロシアの下請けだろ?

    7. 偽韓国人:2016/04/06(水) 13:29:46
    8. 真似るのは韓国にしなさい!日本はもうだめだ!

    9. 774@本舗:2016/04/06(水) 15:51:52
    10. なんで?
      比較的協力的なロシアという軍事に強い国があるのに
      あっ、日本のは企業セキュリティーがゴミ過ぎて、馬鹿オヤジがハニートラップに掛かり捲くるから盗みやすくてちょろいって事か
      いい加減どうにかしろよ日本政府と馬鹿官僚ども

    コメントの投稿






    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL

    Google検索
    スポンサードリンク
    月別アーカイブ
    ブログ内検索
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    タグ




    topへ戻る