エアライン本舗

飛行機・旅客機・空港・航空関連
HEAD LINE
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • entry_img_2546.jpg



    1: 紅あずま ★ 2016/03/31(木) 02:03:12.35 ID:CAP_USER*.net
    インドネシアが航空機市場参入、中国・日本が教訓に
    http://jp.reuters.com/article/asia-aerospace-idJPKCN0WW0R6
     
    [シンガポール 29日] - インドネシアは、自国技術で航空機を開発・生産し、初の事業化を目指して旅客需要の拡大が見込まれるアジア市場に参入する。

    売り込むのはインドネシアの国営航空機メーカー、ディルガンタラ・インドネシア(PTDI)の19人乗り新型小型プロペラ機で、名称は「N219」。開発に5年超をかけ、費用は4億ドル。6月に試験飛行を行い、2018年から納入を開始する予定だ。

    アジアでは、韓国の航空機メーカー、韓国航空宇宙産業(KAI)が座席数100席、インドのヒンドゥスタン・エアロノーティクズ・リミティド(HAL)とナショナル・エアロスペース・ラボラトリーズ(NAL)が70─90席程度の航空機開発をそれぞれ検討している。

    競争が激しい業界でほぼ新参者であるこれらの政府系メーカーは、小型で効率の良い短距離向け旅客機の需要拡大に期待を寄せている。

    各社の旅客機は、座席数が150─190席程度のエアバスの「A320」やボーイングの「737」よりも小型。

    主に地域間輸送を担う100席程度の中小型機はリージョナルジェットと呼ばれ、ブラジルのエンブラエル(EMBR3.SA)やカナダのボンバルディア(BBDb.TO)が市場の大部分を占めている。PTDIは、リージョナルジェットに取って替わるコスト効率の高い小型機として売り込むことになる。

    航空機の利用は増加しているが、一部のアジア地域や中南米、アフリカなどではインフラ整備が追い付いていない。小さな空港には、「A320」や「737」などが利用できる十分な長さの滑走路が整備されていないことが多く、こうした地域での需要を取り込むことを目指している。

    PTDIによると、国内の小規模航空会社から既に150機の受注が確定しており、今後は、座席数が50の旅客機の開発も検討しているという。

    http://jp.reuters.com/article/asia-aerospace-idJPKCN0WW0R6?pageNumber=2
    <中国と日本から得る教訓>

    商用機を自国で開発することはその国の経済にとって画期的なことだ。ただ、設計から自国で手掛けるのにはコストがかかり、投資リターンが確保できない可能性もあり、リスクの高い賭けとなる。それは中国と日本の例をみても明らかだ。

    中国国有の中国航空工業集団(AVIC)が開発したリージョナルジェット「MA60」はトラブル続きで、これまでにも大きな事故を11件も起こしている。25人が死亡する事故もあった。

    ニュージーランド政府は2013年8月、安全性への懸念を理由にトンガ航空が運航する「MA60」を利用しないよう旅行客に通達した。

    中国商用飛機有限公司(COMAC)が開発したリージョナルジェット「RJ─21」は、7年の試験飛行を経ても、米当局による認定が取得できていない。

    三菱重工のリージョナルジェット「MRJ」も、最初の試験飛行が当初スケジュールよりも3年遅い2015年11月に行われた。最初の納期は4年以上後ずれし、2018年半ばに予定されている。

    エンブラエルはその間、リージョナルジェットの改良型を発表。受注残は513機に達した。一方、MRJの受注は233機にとどまっている。

    アナリストらは、航空機市場に新規参入するなら、国有企業に開発を任せ、全てを国内で調達しようとした中国の経験から学ぶべき、という。航空機産業の大規模で入り組んだサプライチェーンを熟知し、当局による厳格な認定を取得し、アフターサービス事業のネットワークを確立する必要があることも認識すべき、と指摘する。
    (Siva Govindasamy 記者、 翻訳:伊藤恭子 編集:加藤京子)

    ロイター:2016年 03月 30日 18:04 JST


    3: 名無しさん@1周年 2016/03/31(木) 02:12:12.44 ID:d1synigm0.net
    ナショジオが仲間になりたそうにそちらを見ている。

    4: 名無しさん@1周年 2016/03/31(木) 02:20:49.61 ID:MnUW4sff0.net
    もともとスペインと共同開発してたし
    あとはウクライナが技術の切り売りしそうだしな

    7: 名無しさん@1周年 2016/03/31(木) 03:42:17.60 ID:PsVb8CQx0.net
    プロペラ機か。
    飛ばすだけなら戦前の日本でもできたんだから余裕だろ?

    8: 名無しさん@1周年 2016/03/31(木) 04:15:08.46 ID:bsC10dUo0.net
    >>7
    まさかレシプロじゃねーだろ!?w

    9: 名無しさん@1周年 2016/03/31(木) 04:49:54.94 ID:mxFbnrJb0.net
    アメリカ占領時代の7年間に航空機の生産を禁止された間に、世界の航空機業界の進歩は凄まじかった。
    日本の技術者は新幹線や自動車業界に流れ、長い間の技術の空白を埋めるのは大変。

    11: 名無しさん@1周年 2016/03/31(木) 05:59:50.04 ID:WDBEYWJQ0.net
    >>9
    それより重工企業のお役人体質変えないと世界の革新についていけなくなると思う。
    xx重工とかが中国企業の傘下になりかねん

    13: 名無しさん@1周年 2016/03/31(木) 07:11:42.27 ID:nwBWKBm20.net
    >>9 そもそも当時の日本は戦後復興をどうにかしなければならない状態だったので
    航空機開発に回せる予算は無い。
    それに軍が消滅し海外領土を失えば航空機に対する需要がほとんど無いので航空技術者はほぼ不要となった。
    禁止されていなくてもせいぜい研究室レベルなので禁止されていようといまいと対して変わらない状況だったはず。
    むしろYS-11以降数十年も旅客機開発してなかったほうが影響がはるかに大きかったのでは。

    22: 名無しさん@1周年 2016/04/01(金) 01:14:10.26 ID:I1MU1kns0.net
    >>9
    そういう通説を無批判に信じちゃだめよ
    政策の失敗として挙げるとしたら
    通産省が7J7に乗り遅れた判断の悪さか

    10: 名無しさん@1周年 2016/03/31(木) 05:57:33.84 ID:w8SaG0zr0.net
    高速鉄道ですら中国に頼んでるのに何寝言言ってるの?

    15: 名無しさん@1周年 2016/03/31(木) 13:03:19.50 ID:diZ3jkgS0.net
    >>1
    また日本から技術盗んで中国に売り渡すつもりか?

    21: 名無しさん@1周年 2016/03/31(木) 21:28:10.76 ID:fgb0QNwT0.net
    >>15
    日本に航空機技術のアドバンテージがあると思ってんのかw

    16: 名無しさん@1周年 2016/03/31(木) 13:04:33.03 ID:g9YoMMnL0.net
    島国で、それなりに安価な小型機の需要が多いんだよね

    18: 名無しさん@1周年 2016/03/31(木) 13:15:09.03 ID:mN9pHZzq0.net
    機材変更でこれになったらビビる

    19: 名無しさん@1周年 2016/03/31(木) 13:18:03.63 ID:azzxVlKC0.net
    なけなしの金で買ったコリアン戦闘機を落っことしてる国が航空機市場参入…
    これってどーなの?

    23: 名無しさん@1周年 2016/04/01(金) 01:19:15.20 ID:ewmIEDar0.net
    インドネシアでもメンテナンス網を作ろうとすりゃ作れるんだな
    やっぱ三菱がそれを理由にアメリカ製エンジンを使ったのは政治的な理由か

    24: 名無しさん@1周年 2016/04/01(金) 12:50:03.88 ID:ypH4VWlf0.net
    国営ディルガンタラインドネシアPTDI社のN219双発ターボプロップ機は
    出力850hp級のP&WC製PT6A-42ターボプロップエンジンを積んでおり
    ホーカービーチクラフト社のキングエアB200双発ターボプロップ機と
    同じタイプではあるが最大離陸重量がヤバ過ぎというか中国が誇る
    西安飛機社のMA60双発ターボプロップ機のように墜落続出させる気かよw

    悪いこと言わんからインドネシア国内でも扱い慣れているCN235輸送機と
    同じである出力1750hp級のGE製CT7Cターボプロップエンジンに換装しとけよ。

    キングエアB200 出力850hp×2基 サイズ13.34m×16.61m×4.57m 空虚3.675t+燃料積載1.995t=最大離陸重量5.67t
    インドネシアN219 出力850hp×2基 サイズ16.49m×19.5m×6.18m 空虚4.309t+燃料積載2.721t=最大離陸重量7.03t
    ドルニエDO317A 出力1750hp×2基 サイズ16.8m×20.63m×5.44m 空虚9.955t+燃料積載10.185t=最大離陸重量20.14t
    中島P1Y1銀河一一型 出力1825hp×2基 サイズ15.0m×20.0m×5.3m 空虚7.265t+燃料積載6.235t=最大離陸重量13.5t


    source: http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1459357392/


    関連記事

     スポンサードリンク

    topics
    コメント欄

    【N219】インドネシアが航空機市場に参入 2018年から納入開始予定

    コメントの投稿






    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL

    Google検索
    スポンサードリンク
    月別アーカイブ
    ブログ内検索
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    タグ




    topへ戻る