エアライン本舗

飛行機・旅客機・空港・航空関連
HEAD LINE
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • entry_img_2494.jpg



    1: 海江田三郎 ★ 2016/03/15(火) 09:08:36.07 ID:CAP_USER.net
    http://forbesjapan.com/articles/detail/11557

    スロバキアのブラチスラバからハンガリーのブダペストまでのんびりドナウ川クルーズを楽しむのもいいが、超音速列車がこの2首都をつなぐ日が来るかもしれない。その列車とは「ハイパーループ」。イーロン・マスクが発案した次世代の交通システムで、真空に近いチューブ内を列車が超高速で移動する。

    ハイパーループの実現を目指すHTT(ハイパーループ・トランスポテーション・テクノロジーズ)は3月10日、スロバキア政府と合意書に署名したと発表した。フォーブスの取材に対し、政府のイノベーション担当責任者Zuzana Nehajovaも署名について認めている。

    HTTのCEOであるDirk Ahlbornは声明を発表し、「スロバキアは、ハイパーループシステムに不可欠な自動車や材料科学、エネルギーなどの産業における技術的なリーダーです。ヨーロッパにハイパーループを作り、スロバキアやヨーロッパ全体におけるコラボレーションやイノベーションを推進します」と述べた。

    さらに、「正確なルートとプロジェクトの予算を決定し、官民パートナーシップによる出資を進めていきます。それと並行してオーストリアやハンガリー政府とも協議を進めます」と語った。

    時速1,200キロの列車が欧州を縦断
    ハイパーループは最高時速1,220キロに達するといわれ、実現すればブラチスラバとウイーン間をわずか8分で結ぶ。ブラチスラバとブダペスト間も10分で結ぶことになる。これは距離の概念を大きく変え、交通に革命をもたらす技術だ。

    スロバキアのVazilHudak経済大臣によると、「ハイパーループはヨーロッパで国境を越えた協力体制を推進し、新たなイノベーション・ハブをスロバキアやヨーロッパ各地に作る効果をもたらす」という。

    今回の発表はHTTにとって更なる前進を意味する。同社のプロジェクトには、2015年にエンジニアリング・デザイン企業AECOMと真空技術のパイオニアであるエリコンライボルトという重要なパートナーが加わった。

    HTTはハイパーループ実現に向けて、5マイル(約8キロ)の試験走行トラックをカリフォルニア州で建設中だ。これはおよそ160億ドル(約1兆8,200億円)をかけて敷設される全長400マイル(約648キロ)のトラックの一部で、2018年までには開通する予定だ。
     
    同社のプロジェクトには現在500人以上が関わっている。彼らのほとんどは、この夢のようなプロジェクトに関わりたいと無償で、もしくはストックオプションと引き換えに協力している。

    ハイパーループの実用化に取り組んでいるのはHTTだけではない。ロサンゼルスに拠点を置くハイパーループ・テクノロジーズもラスベガス近郊にテスト・トラックを建設中だ。また、マサチューセッツ工科大学のチームも1月、SpaceXのハイパーループ・デザイン・コンペティションで優勝し、今夏には小規模なプロトタイプの製作を始める。


    h7485tujg.jpg

    bbvhjyr8.jpg

    jsd89t95t.jpg

    h84utir.jpg

    hvhtguh734.jpg

    gryf3478tgg.jpg






    3: 名刺は切らしておりまして 2016/03/15(火) 09:10:55.52 ID:xZnvLg3V.net
    メンテ維持考えたらアホみたいな発想だな

    4: 名刺は切らしておりまして 2016/03/15(火) 09:15:39.32 ID:W6THdMgf.net
    チューブ使うのは悪天候対策としては良いがな。

    5: 名刺は切らしておりまして 2016/03/15(火) 09:15:57.74 ID:6LvoMIMP.net
    列車にジェットエンジン付けた方が手軽じゃないかな?

    6: 名刺は切らしておりまして 2016/03/15(火) 09:19:28.23 ID:kcw3YhSl.net
    大人しく空飛んどけよ

    8: 名刺は切らしておりまして 2016/03/15(火) 09:22:55.10 ID:tua3eIuA.net
    空気が漏れると爆風が発生するか燃えてしまうんじゃないの?

    10: 名刺は切らしておりまして 2016/03/15(火) 09:31:52.67 ID:s8dB6MKv.net
    地下を破壊するリニアよりは良さそう

    11: 名刺は切らしておりまして 2016/03/15(火) 09:33:15.02 ID:DjasqNa4.net
    いや日本に作ろうと思ったらこれだって結局トンネルだらけだろ

    16: 名刺は切らしておりまして 2016/03/15(火) 10:03:37.43 ID:HEkNzlJ0.net
    気道エレベータよりは実現性たかいのかな?

    実験に30年、そのあと30年、60年後くらいにはできそう?

    18: 名刺は切らしておりまして 2016/03/15(火) 10:10:08.16 ID:y8KzeHMW.net
    摩擦鉄道の限界は500km/h
    空気抜こうがリニア使わずにそれ以上は無理
    フランスが記録達成の為に無理矢理走らせたら一回で路盤も車輪もボロボロになった

    19: 名刺は切らしておりまして 2016/03/15(火) 10:21:05.67 ID:QRHM957D.net
    線路を難民に歩かれることもないからな。

    23: 名刺は切らしておりまして 2016/03/15(火) 10:25:52.62 ID:jzA348Vo.net
    >>1
    イーロンマスクが発案???
    日本にずっと前からあるアイデアなのになに言ってんの?

    つうか160億ドルってえらい安いな
    こんな金額でできるとは思えんが

    42: 名刺は切らしておりまして 2016/03/15(火) 16:09:15.16 ID:kjP2MDwi.net
    >>23
    イーロンマスクてクルマの件と言い、こいつ日本に住んでいるか2chネラーじゃなかろうかw

    25: 名刺は切らしておりまして 2016/03/15(火) 10:42:25.52 ID:AF5b5gNR.net
    なんでスロバキアと思ったが、スロバキア政府くらいしか相手にしなかったんだろうな。

    ベンチャーはイノベーションを起こすのも多いが、胡散臭いのも多いからな~。

    26: 名刺は切らしておりまして 2016/03/15(火) 10:46:36.40 ID:TVRBVLmc.net
    これ事故起こしたら人間入りレールガンだろ、中の人も周囲も壊滅的被害

    27: 名刺は切らしておりまして 2016/03/15(火) 10:50:47.06 ID:NP6e0srV.net
    穴開ける奴現れそう

    29: 名刺は切らしておりまして 2016/03/15(火) 10:59:58.91 ID:y8KzeHMW.net
    高速鉄道で日独仏に数十年遅れてるアメリカ勢の巻き返し策
    まだ絵に描いた餅の段階では先行してる日独仏が乗るわけ無い

    30: 名刺は切らしておりまして 2016/03/15(火) 11:40:57.10 ID:E5PVVt3d.net
    安いな
    水素ジェットエンジンを搭載した極超音速旅客機より先に完成しそうだ

    31: 名刺は切らしておりまして 2016/03/15(火) 11:45:12.67 ID:+fpfUL60.net
    普通に考えて維持コストが大変なことになると思うが、それをどうにかするアイディアがあるのかね

    39: 名刺は切らしておりまして 2016/03/15(火) 15:04:26.11 ID:jzA348Vo.net
    >>31
    日本がこのアイデアを先送りしたのはランニングコストの問題だからね

    32: 名刺は切らしておりまして 2016/03/15(火) 12:05:59.05 ID:j3VQs8BV.net
    もっと広い国土の国ならいいけど欧州みたいに小さい国が密集した所だと
    各々の首都を停車駅にしても距離が短すぎてメリットあんのかな

    33: 名刺は切らしておりまして 2016/03/15(火) 12:09:45.86 ID:sqpzx80b.net
    墜落の心配が無いのはいいね
    台風でも関係ないし

    35: 名刺は切らしておりまして 2016/03/15(火) 12:33:43.71 ID:8zKYapbb.net
    先に中国で実験してみてくんないかな。安く上がりそうだし。


    source: http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1458000516/


    関連記事

     スポンサードリンク

    topics
    コメント欄

    【次世代交通システム】超音速列車「ハイパーループ」プロジェクト、欧州でも始動 

    1. 774@本舗:2016/03/16(水) 21:56:01
    2. スロバキア政府お墨付きの出資詐欺?

    3. 774@本舗:2016/03/16(水) 22:15:45
    4. コストがすべて、鉄道と道路と飛行機に勝るものがない。
      できないんじゃなくて意味がない。

    5. 774@本舗:2016/03/16(水) 23:09:39
    6. 普通に高速鉄道の方が安そう。

    7. 名無し++:2016/03/16(水) 23:51:22
    8. いち早く目的地へ行くという概念をやめて
      ゆとりのある移動計画で回る世界経済にしたらいいんじゃないの?
      それに、安全面とコスト面で問題がありそうだよね。

    9. 774@本舗:2016/03/17(木) 00:01:15
    10. コストパフォーマンスが悪そうだな。
      線路の維持が従来の線路よりも相当かかりそうだし、テロリストが一部に穴を開けただけでも列車を止めないといけないならまともに運行できるか疑問だね。
      普通に航空機を充実させた方が良くない?

    11. 774@本舗:2016/03/17(木) 00:35:06
    12. 停電トラブルとかで途中で立ち往生したらどうするんだろう

    13. 774@本舗:2016/03/17(木) 01:27:02
    14. まず、このシステムって色々欠陥がありすぎて、使い物にならないんだよな。
      この欠陥をしってるから、日本はまったく開発に手をつけてないんだよ。

    15. 774@本舗:2016/03/17(木) 10:36:48
    16. 「真空に近いチューブ内を列車が超高速で移動する」
      って書いてるのに 空気が漏れたら って書いてる奴は何なんだ・・・?

    17. 774@本舗:2016/03/17(木) 12:17:35
    18. >8
      減圧したチューブの中に空気が入るんだろ
      小学生でもわかるわ

      読んで意味を理解できないなら先ずは勉強してこい
      人の批判をする前に己の無知を嘆くんだな

    19. 774@本舗:2016/03/17(木) 21:41:09
    20. お手並み拝見。

    21. 774@本舗:2016/03/18(金) 00:34:34
    22. 透明な真空チューブか…SF的だけどコストや技術的なハードルが高そうだね。

      それならスリップストリームの原理を応用して、小型軽量な先行風切り車両?を本体?の前に走らせ、より高速走行できないかな?
      (重い客車より加速の良い"動く風よけ"に加速を導いて貰えたら…。)

    23.  :2016/03/18(金) 02:55:18
    24.  どういう風に作るんだろうね?

      減圧してる何百キロメートルもの長い管の中に、大気圧と同じ気圧で満たした羽(翼)が無い旅客飛行機を封じ込んでいるのでしょ?
      駅のところだけは減圧菅に穴開けるとか出来るのかな?

    25.  :2016/03/18(金) 03:23:35
    26. 車両の外側に穴が開いたら、
      車体内の空気は減圧した菅の中に急激に漏れ出して、車体内が減圧されるから
      乗客の呼吸は、できなくなりますよね?

      と言うか、風船や鞠に針で穴を開けたように 急激にしぼむ様に破壊されますよね
      まるで、飛行機が飛行中に
       出入り口の扉を開ける
      とか
       圧力隔壁を壊す
      のと同じ様に

    27. 11:2016/03/18(金) 23:22:04
    28. 考えたんだが、チューブの中で前から列車の向きに空気を吸い込んで(逆に後ろからは列車の向きに空気を入れて)行けば、リニア等の動力に加えて、気圧差で加速するシステムが…って、やっぱり難しいか…?

      先行車両の方は障害物対策にも成るし、"シールド走行"って命名する!?

    29. 774@本舗:2016/03/19(土) 00:40:24
    30. この手の昔から発想としてあるが実現して無い夢の様な乗り物は
      コストが割に合わないか新素材の開発が待たれる物が大半だ。

    コメントの投稿






    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL

    Google検索
    スポンサードリンク
    月別アーカイブ
    ブログ内検索
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    タグ




    topへ戻る