エアライン本舗

飛行機・旅客機・空港・航空関連
HEAD LINE
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • entry_img_2250.jpg



    1: ◆CHURa/Os2M@ちゅら猫φ ★ 2015/12/13(日) 22:30:06.15 ID:???
    ★【月刊正論】それでもオスプレイを拒みますか~報道されぬ被災地支援の驚異的機能 R・エルドリッヂ

    MV-22Bオスプレイの最初の数機が沖縄の海兵隊普天間基地へ到着してから3年、2つの中隊の配備が完了してから2年余りが経った。海兵隊を離れるまでの間、私はこの夢の航空機と共に苦労をし、充実した日々を過ごしてきた。様々な立場の方々と数多くの協議を行うことはもちろん、外部に対しての資料提供、見学者の案内、体験搭乗などの業務を毎日のようにこなしていたことを懐かしく思い出す。

    決断力を欠いた政治と無責任な報道に包囲された中で、12機編成の2個飛行中隊、合計24機の受け入れを無事に完遂するまでの道のりは決して平坦でなかった。沖縄の地元メディアは扇動的な報道を繰り返していたし、多数のオスプレイ反対派で構成されていたとおぼしき当時の政権と地元行政、特に後者は、内外からの批判を恐れるあまり正しい広報に協力しなかった。

    例えば日本側の依頼で、2012年5月22日、海兵隊が環境問題、訓練、操縦などに詳しい米国側の専門家を招いて沖縄県内のキャンプ・フォスター(キャンプ瑞慶覧)で丸一日かけて実施した説明会は日米同盟、日米両国の現場のスタッフの連携、オスプレイの素晴らしさなどを広報する重要な機会だったはずだが、日本側はメディアを呼ばなかっただけではなく、海兵隊側の広報官の取材さえも許さなかった。沖縄防衛局が後の会見で、この説明会に触れなかったことも鮮明に覚えている。

    http://www.sankei.com/politics/news/151213/plt1512130017-n1.html

    同年7月末、岩国海兵隊航空基地の埠頭に貨物船で到着した最初のオスプレイは、点検・整備の後、テスト飛行を行った。その後9月27日に政府や地方自治体関係者、メディア、評論家、学者ら約100人を対象にした展示説明会と体験搭乗を終え、10月1日、順次沖縄へと飛んだ。

    優れた性能を持つオスプレイは、アメリカの国益に貢献するだけでなく、6500以上の島からなる日本にとっても大変有益な装備だ。私がよく言う「日米同盟の財産(Alliance Asset)」そのものである。尖閣諸島を含めた日本の施政権下にある領土の防衛に飛躍的に役立つのはもちろん(拙論「オスプレイと尖閣諸島」本誌『正論』2012年12月号参照)、国内外の災害時にも貢献できる、垂直離着陸できる航空機でもある。自衛隊も導入を検討しているが、日米の相互運用性が高まれば、装備のみならず、人的な交流も深まり、より強固な同盟関係につながるだろう。当時、沖縄・普天間基地にいた私は、そう考えると興奮で体が震えるほど嬉しかった。

    http://www.sankei.com/politics/news/151213/plt1512130017-n2.html

    ■ステッカーに見るオスプレイ反対運動の矛盾

    オスプレイが普天間基地に初めてやってきた頃、反対派の間で流行っていたステッカーがある。「No!」という文字にオスプレイのシルエットが印刷されたものだった。色は偶然にも中国の国旗同様の赤と黄色で、普天間のメインゲート(大山ゲート)、通勤用の北側の第三ゲート(野嵩ゲート)の周辺で米兵とその家族、軍属に対してヘイトスピーチをしている活動家がよく使用するものだ。ほとんどの活動家は車で「通勤」しているいわゆる「プロ市民」なのだが、違法駐車している彼らの車の後ろに、そのステッカーが張ってある。その車から降りてきた活動家の手には、ステッカーと同じデザインのプラカード、というわけだ。

    沖縄科学技術大学大学院でのオープンキャンパスに参加した時にも、このステッカーを見た。駐車場で、小学生らしい子どもとその友達を連れたお母さんが車から降りてきた。車の後ろを見たら「No!オスプレイ」のステッカーを貼っていた。

    私は「オスプレイは優れている飛行機ですので、懸念すべきものでなければ、反対する理由もない。いつでも見学の機会を設けます」とのコメントと私自身の連絡先をメモ用紙に書き、車の窓ガラスに残した。無礼な試みであったかもしれない。その後、そのお母さんからはご連絡を頂けなかった。いわゆる「活動家」ではないと思うが、雰囲気的におそらく教職員ではないかという印象を受けた。

    http://www.sankei.com/politics/news/151213/plt1512130017-n3.html

    (以下略)

    3: 名無しさん@13周年 2015/12/14(月) 10:49:46.02 ID:U+wD8q+Cq
    健全な中間層の育成に失敗したのは戦後沖縄行政の反省点と思う

    4: 名無しさん@13周年 2015/12/14(月) 22:20:35.00 ID:qCgsC+ikl
    老朽化した輸送ヘリのほうが100倍危険ということが分からない低脳がサヨクなんだよ。

    5: 名無しさん@13周年 2015/12/14(月) 22:39:19.58 ID:ourfadN8u
    オスプレイよりも、左翼反対派の凧揚げ、レザー光線、風船を使っての
    一般市民を巻き込みかねない事故を誘発する行為が危険だよ。

    7: 名無しさん@13周年 2015/12/14(月) 23:07:10.78 ID:o3w/abph9
    能力が高いからこそ反対です

    ぱよぱよちーん

    9: 名無しさん@13周年 2015/12/15(火) 00:33:50.20 ID:1t77zo+vh
    未亡人製造機の代わりなんて他にあるだろう?

    10: 名無しさん@13周年 2015/12/15(火) 01:33:39.72 ID:3dl+JPRMa
    >>9
    脳内の情報更新ぐらいしろよ。

    12: 名無しさん@13周年 2015/12/15(火) 09:12:51.53 ID:Gdo2G4WiE
    ヘリ空母とオスプレイで、世界最速の被災地支援が可能
    ついでにいうと、長大な日本の海岸線を防衛する部隊を展開した場合
    付け入る隙が無くなるのでチョンシナチクと手先サヨクに反対されてる


    source: http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1450013406/


    関連記事

     スポンサードリンク

    topics
    コメント欄

    【月刊正論】それでもオスプレイを拒みますか~報道されぬ被災地支援の驚異的機能

    1. 774@本舗:2015/12/22(火) 18:15:25
    2. 中国が困るからあいつらは反対してるんだから、有能であればあるほど反対運動は大きくなる

    3. 774@本舗:2015/12/22(火) 18:58:51
    4. オスプレーの顔にパンダの顔描いたら収まるんじゃね?

    コメントの投稿






    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL

    Google検索
    スポンサードリンク
    月別アーカイブ
    ブログ内検索
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    タグ




    topへ戻る