エアライン本舗

飛行機・旅客機・空港・航空関連
HEAD LINE
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • entry_img_1557.jpg



    米DARPAが副操縦士の代わりになるロボット開発に着手

    米DARPA(国防高等研究計画局)が、航空機のコックピットに機長と並んで座り、副操縦士の役割を担うロボットの開発を今年夏に開始するという。

    "Planes Without Pilots" The New York Times, APRIL 6, 2015
    ジャンボ旅客機をはじめ現代航空機の操縦が、どんどん自動化の方向に進んでいることは今更言うまでもない。上のNYT記事によれば、たとえばボーイング777のパイロットが手動で操縦する時間は、1回のフライトにつき平均で僅か7分間、エアバス機の場合はその半分に過ぎないという。

    それ以外の長い時間はいわゆるオート・パイロット、つまり飛行機が管制塔と連絡をとりながら自分で操縦しているのだ。要するに現時点でも航空機のAI(人工知能)化、ロボット化はかなりの程度まで進んでいる。


    ■ロボットが操縦桿を握る

    これに対し、今からDARPAが作ろうとしているのは、本当に人間の副操縦士のようなロボットらしい。外見は、いわゆる「ヒューマノイド(人型ロボット)」になるかどうかは分からないが、少なくとも外界を認識するための視覚能力や人間(この場合、一緒に搭乗する機長)の言葉を聞き取るための音声認識能力、そして当然だが会話能力、さらには操縦桿を握って動かしたり、コックピット内にある複雑なボタン類を操作する運動能力なども備えているという。となると、恐らくヒューマノイドになりそうだ。
    (以下、全文はソース元へ)

    woru595jgd3.jpg

    ソース:
    http://gendai.ismedia.jp/articles/-/42828




    【voices】
    航空機の安全性を確保するには、ロボット副操縦士を置くべきか?或いは正副両操縦士共に人間よりもロボットの方がリスク少ないのか?Planes Without Pilots - NYTimes.com nytimes.com/2015/04/07/sci…

    次はロボットが自殺する世界が来るんですね。わかります。

    米DARPAが副操縦士の代わりになるロボット開発に着手 smar.ws/6r9vb #スマートニュース

    単純に考えて、機長が人間で副操縦士をロボットにすると、今はいいけどそのうち機長になる人間がいなくなると思う。> 米DARPAが副操縦士の代わりになるロボット開発に着手 smar.ws/8agxd

    最近飛行機事故多いから、こういうの良いですね。
    htn.to/7RZJ6r#

    ただしDARPAってところで目的が気になるところですが。良いことのために使われるならウェルカム... / ロボット/Robot htn.to/bqnBpU

    "手動で操縦する時間は、1回のフライトにつき平均で僅か7分間" これは知らなかった。自動化が進んでいくのは理解できるけど、ヒューマノイドである必要はないよね

    米DARPAが副操縦士の代わりになるロボット開発に着手 gunosy.com/g/gFK1p



    関連記事

     スポンサードリンク

    topics
    コメント欄

    米国、副操縦士の代わりになるロボット開発に着手

    1. 名無しさん@ニュース2ch:2015/04/10(金) 18:23:55
    2. R2でええやん

    3. 774@本舗:2015/04/10(金) 20:22:57
    4. パイロット不足を解消する為にも必要だけど、次はロボットに悪ささせようとする人が出てくるだろうな。

    コメントの投稿






    管理者にだけ表示を許可する
    Google検索
    スポンサードリンク
    月別アーカイブ
    ブログ内検索
    タグ


    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

     



    topへ戻る