エアライン本舗

飛行機・旅客機・空港・航空関連
HEAD LINE
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • entry_img_1125.jpg



    超音速機の開発進む、NYからLAまで2時間半

    ニューヨーク(CNNMoney) 航空機メーカー各社が次世代の超音速機の開発に力を入れている。速度は現在の商用機の2倍以上。まず自家用機や社用機として登場する見通しだ。

    エアリオン(米ネバダ州)社が開発しているマッハ1.6(時速約2000キロ)のビジネスジェット機は12人乗りで値段は1億1000万ドル(約131億円)。速度はガルフストリーム社の「G650」(6500万ドル=約77億円)のほぼ2倍で、現在7時間かかっている米ニューヨークから英ロンドンまでの飛行時間は約4時間に短縮される。

    既に数十社から引き合いがあり、かつての超音速機「コンコルド」を開発したエアバスから技術協力を受ける契約も結んだ。2022年の初納入を目指す。

    スパイク・エアロスペース(米ボストン)でもマッハ1.6のビジネスジェット機の開発が進む。同機に乗れば、「ほかのジェット機がプロペラ機のように思えるはず」と宣伝する。

    ただし現在のところ、こうした超音速機のルートはほとんど海上にしか設定できない。

    超音速飛行はソニックブームと呼ばれる雷のような騒音を発生させることから、米国など多くの国は超音速飛行を禁止している。

    ロッキード・マーティンやボーイングは米航空宇宙局(NASA)と組んでソニックブームを抑える技術を開発中だ。NASAによれば、この技術は機体の設計などを通じて相当進歩しているといい、2022年ごろまでには地上での超音速飛行も認められる可能性がある。そうなれば超音速の旅客サービスにも道が開ける。

    ロッキードが設計しているマッハ1.6の超音速機「N+2」は民間航空会社向け。ニューヨークからロサンゼルスまでの飛行時間は5時間から2時間半に短縮される。
    (全文はソース元へ)

    ソース:CNN
    http://www.cnn.co.jp/business/35057362.html


    【N+2】
    7we8545s8.jpg

    xlsok6h71.jpg

    slopf74j7.png

    noer892tgm.jpg

    vxkosodf95.jpg


    【voices】

    超音速機の開発進む、NYからLAまで2時間半 cnn.co.jp/business/35057… @cnn_co_jpさんから  コンコルドの二番煎じ?先代は燃費の悪さと騒音の酷さであえなく退役

    日本からアメリカ西海岸ならほぼ海の上なので飛行ルートとしては問題ないんですけどね……。 超音速機の開発進む、NYからLAまで2時間半 cnn.co.jp/business/35057… @cnn_co_jpさんから

    三菱、本田あたりで挑戦してくれないかな?

    超音速機の開発進む、NYからLAまで2時間半 flip.it/tjdcX



    関連記事

     スポンサードリンク

    topics
    コメント欄

    超音速機の開発進む NYからLAまで2時間半 時間は半分、お値段2倍

    1. hoge:2014/12/04(木) 14:51:03
    2. ヨーロッパ行きは、北極航路に戻るわけですよ。

    3. 774@本舗:2014/12/06(土) 00:36:06
    4. 日本も構想はあったんだけどねー。

    コメントの投稿






    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL

    Google検索
    スポンサードリンク
    月別アーカイブ
    ブログ内検索
    タグ


    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

     



    topへ戻る