エアライン本舗

飛行機・旅客機・空港・航空・旅行関連
HEAD LINE
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • entry_img_11148.jpg



    1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2023/12/15(金) 22:58:50.768 ID:cDxCpaDj0
    なんなの?

    2: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2023/12/15(金) 22:59:07.784 ID:cDxCpaDj0
    人殴り●せるくらいのサイズ感のアクリル棒だよな

    6: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2023/12/15(金) 23:00:01.205 ID:PlEsXGV10
    >>2
    それは鍵そのものではないな

    3: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2023/12/15(金) 22:59:11.400 ID:Z2XfxaIe0
    今はカードキーじゃない?

    4: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2023/12/15(金) 22:59:28.228 ID:cmazKviU0

    8: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2023/12/15(金) 23:00:12.409 ID:cDxCpaDj0
    >>4
    ギザギザがついてなくてワロタ

    12: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2023/12/15(金) 23:03:46.369 ID:9AkWFpdJ0
    >>4
    スクエニかよ

    5: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2023/12/15(金) 22:59:54.978 ID:yTX8TjCQ0
    お前は馬鹿だからすぐ失くすじゃん?
    それをほんっっっの少しでも確率を低くするため

    9: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2023/12/15(金) 23:00:48.546 ID:cDxCpaDj0
    >>5
    無くすバカなんてそうそういないだろ😅

    7: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2023/12/15(金) 23:00:12.187 ID:przHu+tZr
    車買ったら記念撮影するでっかい鍵もあるよね

    10: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2023/12/15(金) 23:01:04.236 ID:cDxCpaDj0
    鍵を大きくしたところで意味ないと思うし

    11: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2023/12/15(金) 23:02:16.763 ID:YP5Y7eJj0
    大きい方がなんか高級感出るじゃん

    14: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2023/12/15(金) 23:07:08.370 ID:LDmgmons0
    昔ながらの鍵は紛失したら部屋の鍵付け替えでコストかかるから無くしづらいようにデカくする

    カードキーなら無くしても電子的に鍵交換・再発行できて大してコストかからんからデカくしなくてもいい

    16: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2023/12/15(金) 23:12:57.104 ID:PlEsXGV10
    カードキーは外出時フロントに預けなくてもいいところが多いが物理キーは預けないといけないところが多い
    なので邪魔さ加減が影響する


    関連記事

     スポンサードリンク

    topics
    コメント欄

    ホテルの鍵がバカでかい理由って

    1. 774@本舗:2023/12/16(土) 17:55:11
    2. 畳一畳ほどのカードキーの話題じゃないのか

    3. 774@本舗:2023/12/16(土) 20:37:43
    4. 使い捨てのカードキーじゃないのか

    5. 774@本舗:2023/12/17(日) 08:01:50
    6. 昔は返し忘れたらポストに入れると、郵送で返却してくれるという習慣があったからなんじゃよ

    7. 774@本舗:2023/12/17(日) 18:03:04
    8. 今どき中々ないだろ
      懐かしいわ、そういう旅館行きたい

    コメントの投稿






    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL

    スポンサードリンク
    月別アーカイブ
    ブログ内検索
    タグ


    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

     


    topへ戻る